ウェブマーケティングとは?えっ?そんなことだったの?

ウェブマーケティングよく耳にするけど、具体的にはどういうこと?何となくなら分かるけど、という人も多いと思います。そこで今回はウェブマーケティングという言葉を徹底的に解りやすく解説していきたいと思います。

そもそもマーケティングって何?

マーケティング=集客だと思っている人がいますが、実はマーケティングと集客は微妙にその意味が違います。マーケティングとは、ユーザーのニーズや潜在ニーズを探し出して、そのニーズを満たすための商品を開発、そしてその商品の価値をユーザーに伝えること。

これがマーケティングです。一方集客は、チラシやCM等で文字通りお客さんを集めることなので、集客とマーケティングの意味合いは違ってきます。

イメージとしては、上の図のように、集客はマーケティングの一部だといえます。

マーケティングを成功させるために必要なこと

マーケティングを成功させるために重要なことは、より多くの人に自社商品(サービス等も含む)の価値を感じてもらって、商品を購入してもらうことです。このために必要なことは。他社よりも優れていると感じてもらうこと。もしくは、他社にはない商品を提供して、ユーザーが求めている商品を開発することです。

ここでいう他社のことをマーケティングでは、競合と言います。そして他社にはない商品の開発はUSPになります。

自社商品を求めているユーザーを絞り込むことを、ターゲティングと言います。ではこれらの言葉を詳しく解説していこうと思います。

競合

競合とは、自社と同じような商品を扱っている他社のことです。狙っているユーザーも重なります。マーケティングを成功させるためには、この競合に勝つ必要があって、それはマーケティングの中でも、かなり重要な位置になっていきます。そしてかなり難易度の高いものの一つになります。

USP(ユニークセリングプロポジション)

USPとは独自性のことです。他社にはなくて、ユーザーが欲しいと感じているもの、もしくは潜在的にユーザーが欲しているものを探り当ててそれを提供すること。

ターゲティング

ターゲティングとはユーザーを絞り込むこと。どんな世代のどの性別、どんな職業についていてどんな趣味や嗜好をしているのか?を徹底的に抽出して、マーケティングで求めるべき人物像を作り出します。これをペルソナと言います。そのペルソナにとって、これでもかというくらいに魅力的な商品を開発して、その商品の価値をそのペルソナに向けて発信していきます。

これがターゲティングです。

リサーチ

この競合、USP、ターゲティングを具体的にしていくために重要なことは、リサーチです。市場を徹底的にリサーチすることによって。競合とUSPとターゲティングはより鮮明になっていきます。というよりもリサーチ無しで、競合、USP、ターゲティングを探し出したとしても的外れになってしまいます。

マーケティングをする場合このリサーチは切っても切り離せない関係にあって、マーケティングにとって最重要課題の一つと言えます。

ウェブマーケティングとは?

知りたいことは、マーケティングではなくウェブマーケティングだ!と怒られそうですが、マーケティングが解ればウェブマーケティングはより理解しやすくなります。というより、マーケティングを知らずしてウェブマーケティングを理解することはかなり難しくなるはずです。

ウェブマーケティングとはマーケティングを文字通りウェブ上で完結させることを言います。ウェブ上で自社商品の価値を伝えて、その魅力が購入するに充分だとユーザーが決断できる状態にしていくこと。これがウェブマーケティングです。

具体的なウェブマーケティング

ではこれから具体的なウェブマーケティングの方法を解説していきます。ここではブログを使ってウェブマーケティングを展開していく方法のみに絞って話を進めていきます。

例えば、あなたが総合音楽スクールを立ち上げて、その音楽スクールのマーケティングをウェブマーケティングでするとします。

ウェブマーケティングでの競合

まず最初にリサーチすべきは、競合他社です。これは簡単に調査することができますね?音楽スクールとかピアノ教室、ギター教室などあなたが取り扱っているスクールから思い当たるすべての言葉でググってみて、表示された、最低1ページ目に掲載された企業は目を通しておきましょう。

ウェブマーケティングでのUSP

そして、あなたのスクールと競合の音楽スクールを徹底的に比較していきます。料金や内容、効果の予測など思いつく限りのすべてを。劣っているところ。上回っているところをパソコンや紙に詳細に書き出していきます。

そして競合他社のほうが上かも?と感じたら、それを補う方法をマーケティングに加える必要があります。

画期的な強みを思いついて、それをあなたの音楽スクールで展開していこうとしていたとします。これも徹底的に調べていきましょう。

例えば、ウェブ上でもレッスンを受けることができる音楽スクールを始めて、それをウェブマーケティングで展開しようとしていたとします。その強みは他社で既にやっていないか?もしくは、それに似たサービスを展開していないのか?を徹底的に調査していきましょう。

そして他社が実践していないということが解ったら、その強みを前面に押し出して音楽スクールのマーケティングを展開していきます。

ターゲティング

ターゲティングはUSPの魅力が最大限に発揮されるように設定していきましょう。忙しくて音楽スクールに通うことができないけど、ピアノが弾けるようになりたい。とにかく人より歌が上手くなって、人前で歌いたい。できればプロになれればなあ~と考えているけど時間が取れない。

とにかく音楽スクールに通う時間がないけど、音楽がやりたいという人がターゲットになります。そしてそのターゲットをもっとピンポイントに絞っていきます。例えば社会人独身20代前半。いつか音楽をやってみたいけどまだ未経験。とかですね。

このターゲティングが設定出来たら、それをウェブ上で展開していく準備をします。

ブログは、独自ドメインを利用した、レンタルサーバーを借りてWordpressでの展開をお勧めします。

音楽スクールのブログを開設する

ちなみに音楽スクールを開設する場合、あなたが必ずしも音楽ができる必要性はありません。講師は契約すれば、見つかるはずです。もし音楽に興味があって音楽できないしな?と思っているなら、ぜひ挑戦してみてください。

音楽スクールを成功させるために重要なことは、その音楽スクールの価値を最大まで高めてそれをユーザーに提供していくこと。そうです。マーケティングです。これができることがビジネスでは重要になってきます。

まず何をすべきか?ブログでマーケティングをする場合、重要なことは、ブログにアクセスを集めることです。訪問者をブログに呼び込むことですね。そのために重要なことは、キーワード選定と、タイトルになります。

例えばキーワード、歌が上手くなる、音楽スクール、ピアノ教室を思いついた場合、そのキーワードの強豪をそれぞれリサーチしていきます。

上の図は、りしりこんぶというキーワード難易度ツールです。(画像をクリックすると、そのサイトに飛びます)キーワードの難易度とは、そのキーワードを使用した場合、より高い順位に掲載されるための指針です。より高い順位とは?、Googleでググった場合最初のページ一番上が一番高い順位で下の方に行くにしたがって順位は低くなっていきます。1ページ目一番上にある場合1位と言いそれ以降順番に2位3位になります。

この順番のことをSEOと言います。このSEOを高めることがウェブ上でのマーケティングのすべてと言っても過言ではありません。それほどこの順位は重要になってきます。そのために一流企業や専門家は常にしのぎを削っていて、人気のキーワードでは、上位表示することは相当困難になっています。

話を戻します。リシリコンブというツールで競合を調査sると、

歌が上手くなる39

音楽スクール 39

ピアノ教室 51

になっていますね。この場合ピアノ教室で上位表示されることは至難の業というより、ほとんど不可能だといえます。音楽スクールでウェブマーケティングを始めて展開する場合、ピアノ教室というキーワードで上位表示させるのはやめておきましょう。貴重な時間が減っていくだけ位になってしまいます。

この場合は、歌が上手くなるというキーワードか、歌ぐまくなるというキーワード意を選ぶべきでしょうが、実は初めてブログを開設する場合はこれでも歯が立ちません。ではどうすればいいのか?

それは、

Googleの画面で調べたいWordを入れると、勝手に違う言葉が出てくることを知っているでしょうか?この言葉を関連ワードとかサジェストと言います。このキーワードを狙うことで、競合はさらに低くなっていきます。

この記事で例にした、ウェブ上でレッスンが受けれることを押したい場合、音楽スクール比較というキーワードで狙ってみるといいかもしれません。このキーワードで検索してくる人は、他社との比較、どんなメリットがあるのかを探している人たちなので、ウェブ上でレッスンを受けることができるということが刺さる人たちも少なからずいるはずです。

このようにあなたが理想とするそして進めていきたい音楽スクールの形を表現するキーワードを連想して、ターゲットに訴求するために記事を作成してそのターゲットに刺さるようにブログを作り上げていきましょう。

そうすることで、徐々にこれはまさに自分が求めている音楽スクールの理想の形だという人が現れ始めます。そしてその人たちは広がっていくでしょう。そうすることで、ブログのパワーも上がっていって、開設当社は、とても上位表示できなかったキーワードも楽々上位表示させることができるようになっていきます。

例えばピアノ教室というキーワードでも。これがウェブマーケティングです。

まとめ

今回はウェブマーケティングという何となく解るようで、完全にはわかりにくい分野をできるだけわかりやすく、そして簡単にしてみました。この記事がウェブマーケティングを自分でもやってみようという人にとって、役に立つと思ってもらえたら幸いです。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事も読んでみてください。

コンテンツSEOとは?小学生でもわかる超簡単解説とそのメリット