映画の見方!監督目線演出!何で監督って必要なの?

パルプフィクションという映画はなぜか、評価が二分しているような気がします。ひとつ目は、プルプフィクションは最高の映画だ!という説。もう一つはパルプフィクションはどこがいいのかわからないという説です。なぜパルプフィクションは評価が真っ二つに分かれてしまうのでしょうか?今回の記事ではこれを軸に進めていきたいと思います。

パルプフィクションは革新的作品

私は映画が好きで、よく映画を観ています。でも残念ながら、この歴史的作品パルプフィクションの劇場公開は見逃してしまいました。これは今でもかなり残念思っています。

パルプフィクションの劇場公開を見逃して、初めて見たのはWOWOWでの放送でした。タランティーノの名前は知っていたのですが、どんな作風なのかは全く知らないまま見ていました。そしてパルプフィクションを見終わるころには、すっかりクエンティン・タランティーノ監督の大ファンになっていました。

それはなぜか?おそらく前人未到の演出をパルプフィクションでタランティーノが披露していて、それが見事すぎたからでした。こんな目線があったんだ!こんなことを発見して作品で披露できるなんて、なんて天才なんだ。という思いが出てきて。もう一気にタランティーノ監督の虜になってしまいました。というより、心が鷲掴みにされた思いでした。

パルプフィクションの評価が二分する原因

パルプフィクションの評価が二分するのは、ほとんどが、この革新的なタランティーノの表現が見えているか?見えていないのか?が原因だと思っています。

この革新的な表現方法を私が今この記事で、公表するのは、すごく場違いな気がします。そしておこがましいとも思います。でもあえて記事にしようと思いました。それはなぜか?この記事は一部の人にしか目に留まらないということが一番の理由です。

パルプフィクションが解らないというすべての人がこの記事を読むわけではないと思うと、こんな意見を書いていても、「こいつはバカだな」と思われる程度で済むはずです。

というわけでこの二分する原因を作り上げた、タランティーノの見事な表現方法を私の目線で解き明かしていきます。きっと、つっこみたくなる人もいるでしょうが、それを承知で進めていきます。

時系列の支配と空間認識の位置

タランティーノ監督のパルプフィクションの初めの方のシーンですが、

このシーンですね?恋人とレストランでの強盗をするということに至る会話をしているシーンですね。

このシーンは最初に出てきたきり、映画の展開とは、あまりかかわりがない感じがするのですが、作品終盤で、このシーンが再び登場します。その時に再度登場するシーンは、最初に登場した時の設定とは異なって、トラボルタのビンセントと、サミュエル・L・ジャクソンからの第3者としての目線になって、そこの空間の意味さえが違ったものになっています。

これがタランティーノが世に送り出した革新的な表現方法です。同じ時間の経過を、まったく違う目線と空間から表現すること。こんな作品に私はパルプフィクションを見るまで出会ったことがありませんでした。

作品の時系列とシーンの時系列を巧みに操って、別の目線から見ることによって同じ事実が全く違う事実に見えるというすごい表現を編み出した天才的な監督だと思い、それ以来私はタランティーノの大ファンです。

同じシーンを全く違う意味にすることで、作品に大きな広がりを作り出すことに成功していますね?こんなこと発見できるなんて。すごい監督です、クエンティンタランティーノという監督は。

知らない天井

この言葉を聞いただけであるシーンが浮かんだら相当アニメ好き!かエヴァンゲリオン好き!もしくは庵野秀明ファンですね?そうです知らない天井とは、アニメエヴァンゲリオンの中でのシーンのひとつでドラマの題名にもなっていますね。第一話で使途とシンジが操るエヴァの戦闘シーンから突如、病室で目が覚めるシンジ目線のシーンになります。このアニメを観ていると、???な感じになってしまいます。

これも庵野秀明による演出のひとつで、あれエヴァと使途との戦闘はいったいどうなったの?と視聴者は、やきもきしてしまいますね?そして、何でシンジは病室のベッドで寝ているの?というシーンになっていて、興味が何百倍にもなってしまい、作品に一気にひきつけられてしまいます。

これも監督が巧みに時系列を操って、視聴者の興味を引き付けることに成功した表現方法です。

監督は表現方法ひとつで、それを魅力的にしたり、興味を引き付けたりすることができて、いろんな表現を駆使して作品に命を吹き込んでいきます。

他にも監督の仕事は山のようにあって、作品を自由自在に操って視聴者の心も自在に操ることができます。

冒頭でのパルプフィクションの評価が二分する原因は、監督の表現を読み解く力を持っているのか?そこにかかっているのではないかと思っています。映画やドラマは、ただストーリーを見ていくだけではなく、いろんな方向から観察できるし、それを探り出すという楽しみがあると思います。

歴史的表現を生み出すことができた作品があって、その瞬間に出会えたら最高ですね。

ここで、そんな作品に出会えるかもしれません

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。