コンテンツマーケティングとは?誰にでもわかる超簡単解説!

今回今更私がコンテンツマーケティングの記事を書こうと決めたのは、私が実際コンテンツマーケティングでググってみたら、表示された記事が難しすぎて、何を言っているのかがよく解らなかったからです。この記事を読んで、何人の人がコンテンツマーケティングを理解できるんだろう?おそらくほとんど、いないんじゃないかな?と思ったため、誰にでもわかるように簡単にコンテンツマーケティングについて、解説しなければ!と思いついて、これを記事にしてみました。

コンテンツマーケティングとは?超簡単に徹底解説

コンテンツマーケティングのコンテンツって何?と思っている人もたくさんいるはずなので、書いておきます。コンテンツとは?内容のことです。ということは「内容のマーケティング」がコンテンツマーケティング?となって意味がよく解りませんよね?コンテンツマーケティングという用語で用いられるコンテンツは実は記事の内容のことを指しています。

ここでいう記事の内容とは、サイト、主にブログの記事のことを指しているのが一般的です。つまりコンテンツマーケティングとは、ブログ記事の内容を用いたマーケティングのことを言います。

コンテンツは解った!じゃあ、マーケティングって何なの?と思う人もいるでしょうし、マーケティングという言葉は何となくはわかっていても詳しく知っている人も少ないのではないでしょうか?

よく、マーケティングとは、集客と捉えていることを示す文章や発言が目に付きますが、実は集客とマーケティングは違うものなのです。

マーケティングとは、市場のニーズを予測して、ニーズが求めているであろう商品なりサービスを開発します。そしてその商品なりサービスの価値を伝えることがマーケティングです。

マーケティング=と捉えられている集客は、マーケティングの一部だとも言るのです。

この図は別の記事でも用いたことがある図ですが、集客とマーケティングの関係は、このような図式になります。

マーケティングの流れ

市場の予測をする!

市場(マーケット、人々)は今どんなものを求めているのだろう、

どんなものがあれば人や社会に貢献することができるだろう?

 ↓↓

市場に価値を伝える!

こんなものがあれば便利だと思いませんか?実はこんなものがあればなあと思っていませんか?

ということを伝えて、その商品やサービスがここにあります。ということを伝える。

 ↓↓

購入意欲を高める!

人々の中にあった潜在ニーズや、ニーズが刺激されて、多くの人々がその商品やサービスを購入する。

↓↓

社会に貢献、活性化!

人々がその商品によって社会に変化が起こる(主に発展していく)

 

以上がマーケティングの流れと役割です。

この流れを実際の事例に照らし合わせて見ていきましょう!

自動車王フォードが示したマーケティング

自動車王フォードは社会に歴史的な偉業を残した一人です。フォードはどんな歴史的偉業を成し遂げたのかをこれからお話していきます。

 

市場の予測をする!

フォードは当時超高級品で市民にとって超高嶺の花だった、自動車という商品に目を付けて、これをどうにか富裕層だけではなく一般市民にも手が届くものにできないかという模索をしました。

そして、ベルトコンベアによる流れ作業という画期的な製造法を生み出して、量産というスタイルを確立しました。量産とは、短い時間に、より多くのものを作り上げるシステムのことを言います。

時間はそのままコストとなって、商品価格にそのまま反映されてしまいます。自動車という複雑な機械を作り上げるためには、一つ一つを丁寧かつ慎重に組み立てるため一台に費やす時間はかなり大きかったのです。

それをフォードは、大量生産という形を取り入れたため、一台にかかる時間を劇的に減らすことに成功しました。この大量生産の恩恵は時間的コストの削減だけでなく、自動車を構成するそれぞれの部品の単価も減らすことができます。

商品は大量に作れば作るほどその単価は低くなるからです。

そしてフォードは超高級品だった自動車という画期的な移動手段の道具を、市民が誰でも手が届くところに持ってくることに成功しました。

  ↓↓

市場に価値を伝える!

当時市民でさえ気づいていなかっただろうことをフォードはやってのけました。それは超高級品で一部の人たちでないと持つことが許されなかった自動車という当時では画期的な移動手段の道具を、信じられない価格で提供することに成功したのです。

当時の市民の考えにもなかったのではないでしょうか?

「もっと低い値段で自動車を買うことができたらなあ!」

ということが現実になるなんて!それを見事にフォードややってのけました。大量生産というスタイルを確立したおかげで。

  ↓↓

購入意欲を高める!

おそらく当時はそれほど広告をしなくても、市民の購入意欲を高めることには成功していたはずです。新聞などで、劇的な価格で、超高級であるはずの自動車が販売されたのですから。多くの市民の潜在的欲求が満たされて、購入意欲はかなり高められたはずです。

  ↓↓

社会に貢献、活性化!

今の社会を見れば一目瞭然ですね。今の社会の交通手段としては当たり前というほどの存在になっていて、自動車が無かったころよりも、移動時間はかなり短縮されているだけではなく、あるゆる分野で、自自動車は活躍していて、社会に貢献しています。

このきっかけとなったのは、フォードのマーケティングの手腕によるものなのです。

そして多くの自動車メーカーは、フォードが生み出した、この大量生産のスタイルを取り入れて多くの自動車メーカーが魅力的な自動車を世に送り出しています。

これがマーケティングの仕組みと流れです。

自動車以外にも

他にも社会貢献した製品には、飛行機や、パソコン、などがあります。そしてマーケティングという言葉で思い起こされる人物が、スティーブジョブスではないでしょうか?ジョブスはプレゼンというスタイルのマーケティングが得意で、そのプレゼンを駆使して、素晴らしい製品を世に送り出してきました。日本の舗億の人というより、ほとんどの人たちが持っているiPhoneは正にそのスティーブジョブスのプレゼンで世に送り出された商品です。

もうiPhoneは携帯電話というより、小さなパソコンというイメージですよね?スティーブジョブスは、街中に持ち出すことのできる小さなパソコンを世に送り出すことに成功した偉大な人物だと感じているのは私だけではないでしょう。

コンテンツマーケティングとは?

マーケティングがどんなことなのかが大体解ったと思います。ではこれからコンテンツマーケティングについて解説していきます。コンテンツマーケティングとは、コンテンツを利用してマーケティングを展開していく手段です。という当たり前のことを言っていますが、これからこれを具体的に進めていきます。

マーケティングの流れを主にネット上のブログの記事(コンテンツ)を利用して、マーケティングを展開していくのです。

コンテンツマーケティングという用語にはどうしてもコンテンツSEOと混同してしまうことがあるので、初めにこの違いについてお話ししたいと思います。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの関係は図のようになります。コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの一部です。

ですが、コンテンツマーケティングでやることのほとんどはコンテンツSEOだということでもあります。

市場を予測する!

この場合の市場とはネット利用者、検索者のことを言います。コンテンツつまりブログ記事の内容をネット検索者が欲しいと思っていることを予測します。その予測した内容の質を極限まで高めます。そして他にはない、ここでしか手に入らないであろう情報も併せて提供します。

検索ユーザーが有益な情報だと判断する

↓↓

市場に価値を伝える!

検索ユーザーにとって有益な情報だと判断した検索サイトが、より多くのユーザーに伝えるために検索サイト上で、上位表示される。上位表示とは、Googleの検索結果が表示された際のページ数がより高くその表示された順番もより高いことを言います。

つまり、Googleであるキーワードで検索した際に1ページ目一番目に表示されることが、最も高い位置に上位表示されたことになります。そのためより多くの人の目に付きやすくなって多くの人がその情報に触れることになります。

↓↓

購入意欲を高める!

ユーザーにとって有益な情報がより多くの人の目に付くため、その情報によってもたらされる効果や、その情報で紹介されている商品やサービスに対して今まさに自分字が欲しいるものだという意識が具現化されます。つまり購入意欲が刺激されます。

↓↓

社会に貢献、活性化!

ユーザーが求めている情報から得た商品やサービスによってユーザーが満たされることによって、社会に変化が起きる。例えばAmazonはより多くの人が商品を購入するために、価格を低く抑えることに成功しています。

そしてAmazonでのレビューは購入者の判断材料として参考になる材雨量のひとつです。

コンテンツマーケティング実例

バズ部というサイトを運営する会社があります。その会社がやっているマーケティングを例にコンテンツマーケティングの事例を紹介していきたいと思います。

 

市場を予測する!

バズ部はリスティング広告という検索サイトで表示される広告の高騰化が進んで、予算を圧迫している業者がると予測してそのような業者に向けてリスティング広告に変わる手段に変更して予算の削減を各企業に向けての情報を配信した。

↓↓

市場に価値を伝える!

コンテンツSEOという手段を用いてリスティング広告の高等科で予算が圧迫されている企業に向けてのメッセージを配信して、その悩みの解決策を祖bの各企業に伝えていった。

そしてバズ部が使った手段のコンテンツSEOはバズ部の商品でもあった。

↓↓

購入意欲を高める!

バズ部が各企業に伝えたコンテンツSEOがうまく行けば実質リスティング広告の費用は軽減できるどころかゼロになるため、各企業は予算の軽減のため、購入意欲は高まった。

そしてコンテンツSEOでの成功事例を合わせて情報配信したことによりそれは一層際立つことになります。

↓↓

社会に貢献、活性化!

リスティング広告という毎月発生して、徐々に高騰化していった費用を実質ゼロにした企業が現れだした。そして費用の削減だけでなく集客力が以前よりも大きく拡大していきます。

バズ部の評判は高くなって、コンテンツSEO=バズ部というイメージを持っているネットユーザーはかなりの数になっています。それほど社会に貢献したという証明ですね。

コンテンツマーケティング実際の流れ

ではこれからどうやってコンテンツマーケティングを実践していくのかを解説していきます。

市場を予測する!

女性に対して、自信のない人がいますね。自分はモテないとか、女性を退屈させてしまうとか、自分に対するイメージを勝手に作ってしまっている男性がいます。そんな男性は、実は女性に出会って一緒に時間を過ごしたいと思っていると予測します。

↓↓

市場に価値を伝える!

コンテンツSEOを用いて、女性が苦手な人。そんな人に向けて、女性が男性に対するイメージと男性が勝手に思い込んでいる女性とは全然違うということをブログ記事で情報発信していきます。

※コンテンツSEOについては後述します。

↓↓

購入意欲を高める!

コンテンツSEOによって上位表示されたブログ記事はより多くの同じ悩みの人たちに触れます。そしてその悩みの元の考え方や方向性が違っていたことが解ったり、悩みの解決方法が理解できる情報によって、自分はこれによって変われるかも?ときた期間を高めることができる。

↓↓

社会に貢献、活性化!

新たな出会いの場ができることにより、既存の判断では出会えることのなかった出会いを提供することができる。

コンテンツマーケティング実践方法

ここでは主にコンテンツSEOの実践方法を紹介していきます。

コンテンツSEOで重要なことは、

ターゲティング

USP

キーワード選定

タイトル

です。

ターゲティング

ではこの観点つマーケティングで重要な項目をそれぞれ解説していきます。

ターゲティングとは誰に向けてブログ記事で情報を配信していくのかということを設定することです。前項の例を用いて話をこれから進めていきたいと思います。

ターゲティングはこの場合、女性を苦手だと持っている男性ですね?できれば年齢や趣味や、特技出身学校や、性格ありとあらゆることを詳細に設定していきます。そしてターゲティングした人が実際にいるというイメージをして、その人に向けて、メッセージを配信していきましょう。

USP

ターゲティングと合わせて重要なのがUSPです。USPとは、ユニークセリングプロポジション、つまり独自性のことを言います。他にはない商品やサービスを展開していることを示します。

ここでのUSPは、

「あなたのイメージするモテる男と女性が男性に求めるイメージは全く違います!」

ということです。これを伝えることによって、自分には女性にモテるなんて無理だ!と思い込んでる人に向けて自分にも可能性はあるんじゃないか?と思わせることです。

キーワード選定

次にどのようなメッセージを配信していくのかを決めていって、その配信していきたい情報からキーワードを選定していきます。例えば

なぜあなたはモテないのか?

突然モテるようになる

持てる男性と持てない男性の違い!

理想の彼女

など

実際にはまだまだたくさんキーワードを予想して、どんどん書き出していきます。

そしてこのキーワード一つ一つを入念にリサーチしていきます。

気ワードにリサーチはまずこのツールを使います。このツールはキーワードの競合と言ってライバルの強さを計るためのツールです。あるキーワードを入れて、数字と色が表示されるので、その数字が低ければ低いほどライバルの力が弱いつまりねらい目だということが解ります。

気ワードを入れて、最初はできれば20以下のキーワードを選びましょう。アクセスが集まってきてブログが強化されていけば競合が30以上の物でも狙えるようになっていきます。

※この画像はクリックするとこのサイトのツールに飛ぶことができます。

次に競合を調べ上げた、キーワードの月間検索数を調べます。

調べ方は、同じサイト内のグレーになっている方、関連語検索キーワード検索予測ツールというタブをクリックして

表示された検索窓に、キーワードを入れて、月間検索数を調べます、月間検索数は最初は500前後の物を選べばいいでしょう。

次にタイトルを設定していきます

タイトルはキーワードをできるだけ左に配置して、ターゲットに刺さる文章にします。例えば、

レビューの意味!効果を120%引き出すビジネスでの使い方

このタイトルは、このブログ記事のタイトルですが、以前は違ったタイトルでした。そしてタイトルを買えただけでアクセスが2倍ほどになりました。

タイトルで重要なことは、キーワードが左端に配置してあること。ユーザーにとって魅力的な内容が入っていること。できれば数字を入れることによって具体的なる。

ユーザーは記事の内容に何を求めているのかを想像してよりユーザーにとって魅力的なタイトルを設定していきましょう。

コンテンツSEO記事の作成方法

コンテンツSEOでの記事の作成方法は、

  1. キーワードのニーズを満たすこと。
  2. キーワードの潜在ニーズを満たすこと。
  3. どうすれば解決策を見つけることができるのかを提示すること。
  4. 解決策の実践方法

ではそれぞれの項目を説明していきます。

キーワードのニーズを満たすこととは?例えば、

女性が苦手というキーワードを設定したとします。

まずキーワードのニーズを満たすための文章を入れていきます。

例えば苦手だと思っている意識を捨てるとか。ですね。

次に潜在ニーズを満たすための文章を入れていきます。

コンテンツSEOではこの潜在ニーズを満たす文章が非常に重要になっていきます。

この女性が苦手というキーワードの場合、潜在ニーズではある予測をして、

その予測に対すること絵を提供していきます。

例えば、女性が苦手だと思っている原因が、女性が男性に求めているイメージを男性が勝手に思い込んでいること。その思いこみから自分自身が全く違うために、自分は女性が見向きもしないだろう!という思い込みのせいで女性に苦手意識がある。

という設定にします。これをせんざーニーズに設定して。

あなたは女性が理想としている男性像を勝手に思い描いてそれを勝手に信じていませんか?例えば背が高くスラっとしていて、足が長い人を笑わせるのが得意で、甘いマスクをしているなどなど。

このイメージと比べると自分自身があまりにもかけ離れているため、自分には女性は見向きもしないから、女性にとって迷惑だろうという思い込みで、女性に対して苦手意識があるんじゃないですか?

という問いかけをします。

そして間髪入れずにその思い込みはタダの思い込みです!と強く断言して。

女性から尊敬されたり、頼りにされる男性像はあなたが思うような人とは違います。むしろ正反対なのです。という内容の記事を書いていくことによってユーザーを惹きつけていきましょう。

この潜在意識を満たす記事はユーザーからも検索サイトからも高く評価されて、検索サイトで上位表示されやすいと言われています。つまりコンテンツSEOの効果が高くなるということです。

コンテンツSEOはこれをただひたすら繰り返していくだけです。

難しそうだと思っていたコンテンツSEOコンテンツマーケティングは、実は単純で簡単な内容なんです。そしてこれは特別な人たちだけではなく誰にでも実践できて、多くの人たちにメリットを与える素晴らしいマーケティングの手法の一つです。

まとめ

今回は、難しそうなそして、難しく説明してあることが多いせいで難しいと思われているコンテンツマーケティングをできるだけ簡単に解説してみました。この記事がコンテンツマーケティングには興味があるけど、イマイチ解り辛いと感じていた人たちにとって役に立つと感じいただければ幸いです。最後まで読んでいただいてありがとうございます。