ブログの書き方と例!これならわかりやすい記事がどんどん書ける!

ブログは続けることが、かなり難しいと思います。ブログを続けるためには、記事を書き続ける力と記事を生み出していく力が必要になってきます。ブログを始めたころは書くことは山のようにあると感じることがあったりしても、ある程度ブログに記事がたまって来ると、「あれ?この記事前に書いたっけ?」ということが頻繁に起こって来るようになります。こうなるとブログを書き続けることが徐々に苦痛になってきますね?今回はどうやってブログを続けられるのか?ブログの書き方について記事を作ってみました。

キーワード

何についての記事を書くのか?

ブログの記事作りで一番難しいのがこのキーワード探しです。キーワードを探し出すことをキーワードの抽出と言います。実はブログの書き方で一番苦労するのが、このキーワードの抽出なのです。これがスムーズにいけば、ブログの書き方はそう難しいことではなくなります。

というよりこのキーワードの抽出がスムーズにいけば、むしろブログの記事を書きためていくことが楽しみに変わっていくことでしょう?それほどキーワードの抽出は難しく奥が深いものなのです。

ブログの書き方、ブログを続けるために最も重要なことは、このキーワードを理解することだといいても過言ではありません。

この一番難しいキーワードの抽出方法は、後程お話していきます。

そのキーワードに読者が求めていることは何なのか?

キーワードの考え方で重要なことは、そのキーワードに需要があるのか?ないのか?需要があれば、どれぐらいの需要になるのか?

キーワード抽出の目安

キーワードに需要があることが重要だといいましたが、実はこのキーワードの需要がありすぎてもいけません、需要はあればあるほど、よさそうな気がするでしょうが、そのキーワードに需要がありすぎた場合、今度はそのキーワードを狙うライバルが多くなりすぎて、初心者や中級者では、読者に全く読まれない記事になってしまいます。

キーワードと検索サイトの関係

キーワードの需要がありすぎると、初心者や中級者だと、なぜ読者に読まれない記事になってしまうのか?それは検索サイトで、検索サイト利用者の目に留まりにくいからです。

検索サイトからあなたのブログ記事に読者が来るためには、Googleなどの検索サイトでは1ページ目から2ページ目に表示される必要があります。できれば1ページ目がいいでしょう。

検索サイトで表示されている記事は1ページ目一番上に表示されている記事が最も多くの人がクリックして、その記事を読むことになります。そして表示が下の方に行けば行くほど、読む人は少なくなっていくのです。

自分自身が検索する時をイメージすると解りやすいですね。

この検索サイトに表示される順番のことを検索順位とかSEOの順位と呼ばれています。

1ページ目の一番上が1位、1ページ目一番下が10位です。

より検索サイトで順位が高い状態のことを検索上位と呼びます。7位にあるより3位にあるほうが検索上位ということですね。

この検索上位のためにブログ製作者は常に良質な記事を作成してその位置を勝ち取ろうとしのぎを削っています。これはキーワードの需要が高ければ高いほど顕著に表れてきます。

需要が高いキーワードのことを、人気キーワードとかビッグキーワードと言われていて、初心者や、中級者では、ライバルが強すぎて、全く歯が立ちません。そして、ライバルの状態を示す言葉が競合や難易度と呼ばれています。

キーワードの需要の数は月間の検索数であらわされていて、これを月間検索数と呼びます。

キーワードの競合と月間検索数の目安

ではどれくらいの月間検索数と、競合を選ぶべきなのか?ブログ初心者のころは、難易度はできれば30までで、もっと欲を言えば、20までのものが見つかればいいのですが、それを見つけるのは至難の業になってきてしまいます。

そして、月間検索数は500前後ぐらいのものを狙っていきましょう。

その難易度と月間検索数を調べるツールはこちらです。

これは、りしりこんぶというツールで、キーワードの月間検索数と、キーワードの難易度を測定することができます。

キーワードと書いてある下の検索窓に調べたいキーワードを入れて、checkボタンを押せばキーワードの難易度が表示されます。

表示は上図のように数字と色分けでされます。黄色は若干難易度は高く、赤になれば難易度はかなり高い状態です。できれば30以下、を探し出しましょう。

 

このキーワードの難易度測定‐ツールのタブ関連語・候補キーワード検索予測ツールをクリックすると、キーワードの月間検索数が表示されます。

月間検索数と、難易度の見解はほぼ比例していて、月間検索数が多いキーワードはほとんどが難易度も一緒に高くなっています。

月間検索数500前後、難易度は30以下を狙うようにしていきましょう。それでもブログを始めたばかりの初心者では、上位表示させることは至難の業と言えるでしょう。でもできるだけ良質な記事をコツコツ溜めていけば、徐々に上位表示される記事が増えていくはずです。

キーワードに求めている読者の心理

キーワードが決まれば、次に読者がそのキーワードに求めている心理を探っていきましょう!

キーワードには読者が意識的に求めている欲求と、無意識的に求めている欲求の二つがあります。その読者が求めている欲求を、ふたつとも叶える記事を作成していきます。

この二つの欲求のことを顕在的欲求潜在的欲求と言います。顕在的欲求とはキーワードへの欲求そのものです。例えば、「虫歯痛み無くす方法」と検索利用者がキーワードを入れていた場合、調べたい顕在的欲求は虫歯の痛みに悩まされていて、その痛みを今すぐ和らげる方法を知りたい!

これが検索利用者(読者)の顕在的欲求です。では潜在的欲求とは?何でしょう。実はこの潜在的欲求には、いくつかの答えがあってどれが正しいという、明確なものはありません。

この潜在的欲求は、読者が意識していないけど、そのキーワードから連想される、そして読者の心に突き刺さる内容がいいでしょう。そしてこの潜在的欲求は読者に突き刺さるであろうということを予想していても、外れてしまうということがあることを覚えておきましょう!

ではこの場合「虫歯の痛みを無くす方法」ですね?この記事では、虫歯は実は命に係わる重大な結果をもたらすことがあるという情報と、あれば、事例も交えて紹介していくことにしましょう。

当然ですが、虫歯の痛みを和らげる方法も記事内で紹介します。

そして潜在的欲求を満たすであろう、虫歯は放っておけば命にかかわって来る事態になる可能性があります。という情報を次に書いていきます。

虫歯だからと安易に考えないようにしましょう!という内容を記事に書いておけば、その事実を知らなかった人には、その記事が場合によっては人の命を救うという結果につながることもあるかもしれません。

こんな情報もし読者があなたのブログ記事から知って体験したとしたらどうでしょうか?当然ですが、その読者はあなたのブログのファンというより虜になるはずです。

こんな記事を着実にコツコツ溜めていけば、ブログのアクセスはどんどん上がっていきます。

 

キーワードの抽出方法とストック方法

ググることこれが一番のキーワードの発掘になります。例えば、ブログの書き方でググってよさそうな記事を数記事読んでみたところ、知らない単語がどの記事にも書いてあった。この単語が解らなかったので、調べてみたら、内容は既に知っていることだった。みたいなことはしょっちゅうあると思います。

このわからなかった単語は立派なキーワードになります。そんなキーワードをメモ帳などに書きためていきましょう。そしてあなたが興味あること、得意なこと人から褒められることなどを紙に書いたりして、キーワードになりそうなことを抜き出していきます。

例えば、あなたがピアノ演奏を趣味としているとします。ピアノから連想される言葉をどんどん紙に書き出していきます。

例えば鍵盤、白鍵、黒鍵、グランドピアノ、アップライトピアノ、練習曲、練習方法、大人のピアノ、上達方法、めまい、ピアノ曲、ピアニスト国内、ピアニスト海外、好きなピアノ曲、クラシック音楽、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、プロピアニスト、素人ピアニスト、発表会、小学校音楽嫌い!時間の作り方、趣味、バンド、モテる、カッコイイ。

まだまだたくさん出てくると思います。とにかく暇の時にピアノから連想される単語を常にどこかに書き留めておきましょう。

ちなみに私は、Wordpressの下書きの中にタイトルをキーワードとして保管していてWordpress上でいつでも書き留めた、キーワードを見れる環境にしています。これは記事を作成するとき非常に便利なので、是非やってみてください。

ストックしておきたいキーワードとできれば難易度と、月間検索数もメモしておくと使いやすいと思います。

キーワードの抽出方法もう一つマインドマップ

マインドマップは知っている人もいるでしょうが、真ん中に大まかなワードを書いておいて丸で囲みます。それから連想されるワードをその丸から外側に線でつないで、ワードを書いてまたそのワードを丸で囲みます、それから連想されるワードをまたそこから書き出していくという作業を繰り返していくことで、自分でも想像していなかったことが生み出される発想方法です。ぜひ実践してみてください。

キーワードが思いつかない!という状態からは解放されるはずです。

タイトルの作り方

キーワード意が決まれば次に記事タイトルを作ります。ブログの書き方で一番重要と言っても過言ではないぐらいこの記事タイトルは重要です。

多くのブロガーが言っています。タイトルが全て!だとそれほどタイトルは重要です。なぜタイトルが重要なのか?それは、Googleなどの検索サイトでせっかく上位表示されたとしても、タイトルが魅力的でないとクリックされない。つまり読んでもらえないからです。

例えば、

虫歯が痛い場合の対処方法!

というタイトルと

虫歯が痛い時確実に効果があった3通りの方法!実証済み!

ではどちらの方がクリックされるでしょう!

当然下のタイトルですよね?タイトルを作る場合のポイントは、キーワードをできるだけ左側に入れる。具体的な数字を入れる。その情報が正しいことが証明できるような内容が望ましい。これをタイトルに盛り込んでいきましょう。そしてタイトルはできれば32文字以内で、文字数ぎりぎりまで使うことです。

この下のタイトル

虫歯が痛い時確実に効果があった3通りの方法!実証済み!

これを見ていきましょう!虫歯が痛いというキーワードの場合、キーワードは左端に入れてあります。そして、3通りという数字が入っているため具体的になります。そして効果があった3通りの方法!と実証済みという言葉で、この記事作成者かまたはその知人が試したことがあるのかな?という予測が付きますね。

タイトルは、このように検索者が何を求めているのかを予想して、その正しい答えがここにありますということを示すようにしましょう。そうすることによって、検索サイトに表示されたとき検索利用者が、魅力的に感じるであろう内容を織り込んでいきます。

ブログの書き方設計図を作る

ここまでできれば記事はできたのと同じです。次に記事を解りやすくするために、ブログ記事の設計図を作ります。どんな設計図なのか?

以下に設計図の例を書いておくので参考にして、オリジナルの設計図を作成したりアレンジして使ってみてください。

そしてこの設計図のことを、テンプレートとかフォーマットと呼ぶこともあります。この設計図までできたら後は、文章(テキスト)を入れていくだけで記事は出来上がります。

ブログ記事の設計図(テンプレート)

タイトル:虫歯が痛い時確実に効果があった3通りの方法!実証済み!

リード文:リード文用の文章をここに入れる

H2タグ(大見出し)なぜ虫歯は痛くなるのか?(仮)

H2用の文章を入れる

H3タグ(見出し)いたい時の対処方法1

H3用の文章

H3タグ(見出し)いたい時の対処法2

H3用の文章

H3タグ(見出し)いたい時の対処法3

H3用の文章

H2タグ(大見出し)虫歯で命を落とすこともある

H2用の文章

H3タグ(見出し)虫歯が原因で命を落とした実例

H3用の文章

H3タグ(見出し)虫歯を早期発見する方法

H3用の文章

H3タグ(見出し)虫歯再発を予防する方法

H3用の文章

まとめ

 

これは最もシンプルで解りやすい設計図(テンプレート)の一例です。他にも読み易くするために数字や図形等を取り入れる方法もあって、テンプレートは無限に工夫できるので、自分に合ったテンプレートを数種類作っておけば、記事づくりはかなり楽になると思います。

まとめ

今回はブログの書き方をキーワードの抽出方法から順番に解説してみました。ブログの書き方で重要なことは読者が求めていることを知ることそしてその求めている情報を解りやすく読みやすくして記事を作成すること。これがブログの作り方では最も重要なことだと思います。