下町ロケット日曜9時ドラマ見どころ出演者主題歌など

大ヒットドラマ池井戸潤原作の下町ロケットが3年ぶりに帰ってきます。阿部寛主演のあの人気作品がまた観れるというのはうれしい限りですね?

下町ロケットの背景

池井戸潤は、実社会での事実をヒントにしたストーリーで、登場人物の苦悩や心情を現実のように伝えることのできる、素晴らしい作家です。まるで主人公と一緒にいて一緒に苦難をなり超えていくような醍醐味が作品から伝わってきます。

下町ロケットも同じようにそんな醍醐味が十分味わえる作品になっていて、その題名が示すように下町の個人経営の工場がロケットの部品を作り出し手評価されたことのある事実を基にして作品にされたストーリーです。

下町と宇宙規模のロケットという相反するものが合わせたところにセンスの良さがうかがえますね?

宇宙科学開発機構の職員だった阿部寛演じる佃航平は、がんで死んだ父親の跡を継ぎ佃製作所の社長を引き継ぐことになりました。

そこで出会う、契約打ち切りなどの苦難に立ち向かっていく佃航平の姿を描写していくストリー展開になっていて、わくわくハラハラの連続で、実際に佃製作所の苦難を視聴者も味わっている錯覚に陥ります。

とにかく一度このドラマを見ると、次が気になってしょうがない!頭の中をジャックされたか、洗脳された?と思わされるほど感情移入してしまいます。これは池井戸潤の作品すべてに言えることですが。

とにかくこんな感情移入できるドラマが返ってきたのはうれしい限りです。

同じ池井戸作品で映画化された空飛ぶタイヤの長瀬智明とどうしても比較してしまいそうですね?

佃航平役の阿部寛のほかに、吉川晃司、杉良太郎、土屋太鳳、イモトアヤコ、立川談春が出演しています。

以下はWikipediaか『下町ロケット』(したまちロケット)は、池井戸潤の小説、及びこれを原作としたテレビドラマ・ラジオドラマである。宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平が、死んだ父の経営していた中小企業「佃製作所」の社長となり、社員たちと共に奮闘する姿を描く。
小学館発行の『週刊ポスト』に2008年4月18日号から2009年5月22日号まで連載され、加筆・訂正の後、2010年11月24日に単行本が小学館より刊行された。2013年12月21日には小学館文庫版が刊行された。第145回(2011年上半期)直木三十五賞受賞作品、および、第24回(2011年)山本周五郎賞候補作品。 らの引用になります。

下町ロケットの主題歌

今のところ下町ロケットの主題歌の発表や情報は見当たりません。発表があり次第更新していく予定です。

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。