トランプ大統領の暴露本!日本発売はいつ頃?発売前に100万部!

トランプ大統領についての暴露本が全米で発売されました。事前予約が殺到したため、初回発行部数はなんと100万部です。ということは発売前からすでにベストセラー状態だということですね?でも残念ながら、まだ日本での発売は決まっていません。この超話題作FEARについて記事にしてみました。

FEARについての情報

FEAR: Trump in the White HouseはBob Woodward氏が書いたロナルドトランプ大統領に付いての暴露本です。

机の上には大統領から韓国の大統領に宛てた大統領韓米自由貿易協定(FTA)を終結させた草案があった。

これはFEAR本文から抜粋して和訳した文章です。FEARは全米で発売前に100万部をセールスした超ベストセラー本です。そして既に、2018年アマゾンで6位にランキングされています。驚異的な売れ行きですね。

この話題性の高い本を日本語訳で読んでみたい人は大勢いるのではないでしょうか?そこで今回はこのFEARがいつ頃日本で和訳本が発売になるのかを予測して記事にしてみました。

原書が英語の翻訳本が出版されるまでの流れ

原書探し

翻訳すべき一冊の英語で書かれた本を探しだします。

 ↓

リーディング

翻訳者にリーディングを出版社が依頼します。そして内容を要約したレジュメを作成します。

編集会議

レジュメを基に編集者と、営業担当者が翻訳するかどうかを検討する

 ↓

版権取得

翻訳作業

版権を取得できると、翻訳作業が始まります。翻訳期間は3から4か月ほどです。

編集校正

印刷

発売

一般的な和訳本出版の流れは上に示した通りです。今回のFEARについては、原書探しや編集会議での出版するかどうかの検討は省かれて、作業は若干簡略化されるでしょうが、肝心の翻訳を簡略化するわけにはいきません。

翻訳は通常3~4か月ほどかかるところを時短をしたとしても、半分までは期間が縮まることはないでしょう。翻訳期間が2か月としても、全米でのFEARの発売日9月11日から3か月はかかるのではないでしょうか。

つまりFEARを日本語訳で読むには11月11日までかそれ以上待つ必要性があるということですね。

そんなに待てない

FEARを日本語で一刻も早く読みたい場合は、英語に強い友人に頼んでみたり、自分で悪戦苦闘しながら和訳して読むのも面白いんじゃないでしょうか?

それにしても全米のパワーの一部を今回は見せつけられたような気がします。トランプ大統領の暴露本が発売前にいきなりミリオンをただき出してしまうんですからね。

我が国安倍首相についての暴露本が日本で発売されたら、どれぐらい売れるんでしょうね?そんな興味が出てきます。

ちなみに日本で最も売れた本は窓際のトットちゃんで580万部です。次に道を開く(松下幸之助)520万部、3位はハリーポッター賢者の石510万部です。

そしてなんと、2位にいるハリーポッターシリーズは、ベスト10になんと3冊も入っています。ベスト20になるとその数は5冊にもなるのです。恐るべしハリーポッターですね。