勝海麻衣プロフィール!身長はどれくらい?お風呂屋さんの絵師に?

勝海麻衣プロフィール&wiki

 

勝海麻衣さんは写真のようにすごい美人なのに、お風呂屋さんの絵師を目指していてプロの絵師さんに弟子入りしています。

まだ麻衣さんが子供のころの話です。小学校2年の時、伊豆への家族旅行のときに銭湯へ行ったそうです。そこで初めてお風呂屋さんの壁に描かれた、ペンキの絵を見て、「こんな大きな絵を描いてみたい」と思ったそうです。

そして中学生の時、インターネットで調べてとき丸山さんの存在を知りました。高校卒業後の弟子入りも考えましたが、まず基礎を学ぼうと武蔵野美術大に進学。大学時代は舞台の背景画を手がけていたそうです。

麻衣さんが弟子入りしたのは、日本に3人しかいない銭湯絵師のうちの一人松山清人さんです。そして丸山さんはその3人の中でも最高れ氏の人で、なんと、お歳は82歳です。ちなみに麻衣さんは24歳です。

勝美麻衣さんの身長は何CM?

勝美麻衣さんの身長がツイッターなので話題になっているそうですが、その原因はこの写真にあるんじゃないでしょうか?師匠の丸山さんとツーショットの写真で頭一つ分跳びぬけて見えるので、さぞかし麻衣さんの身長が高いのでは?と多くの人が思ったと推察されます。

でもおそらく、麻衣さんの身長はそれほど高くはないと思います。この写真の場合、丸山さんのほうが低いのでは?と思っています。高齢の方の身長は現代の平均身長に比べるとずいぶん低いですからね?

というわけで、勝美麻衣さんの身長は探し回ってみましたが、見つけることはできませんでした。

子供のころの夢を叶えつつある人

勝美麻衣さんのすごいところはなんと言っても、子供のころに思い描いた、「こんな絵を描いてみたい!」という思いを24さんまで貫き通して、本格的にプロの絵師さんに弟子入りをして、夢をかな用としているところでしょうね。

そして日本に3人しかいない銭湯絵師の仕事を存続できるかもしれないことではないでしょうか?若くてきれいなのにかなり強い意志を持っていますね?

私の知っている情報ですが日本にも同じように、子供のころの夢を叶えて世界的指揮者になった人を知っています。

その人の名前は西本智実さんと言います。西本さんは子供のころ母親にチャイコフスキー作曲のくるみ割り人形のコンサートに連れて行ってもらって、その曲がすっかり気に入ったらしく、家に帰ってkらもくるみ割り人形が聴きたいと母親にねだったようです。

母親はレコードでくるみ割り人形を聴かせたのですが、「西本さんはこの曲はあの曲じゃない!」と母親に言います。

母親はその問いかけに、「たぶん指揮者が違うからじゃないかな?」と答えたそうです。

西本さんの耳も天才的ですが、その質問に指揮者が違うからじじゃない?と答える母親の知識と教養にも頭が下がります。指揮者が違うからという判断基準を持っているということは、普段かなりクラシック音楽を聴いているということでしょうね。

そして相当クラシック音楽聞きこんでいないと、この判断はできません。そしてこの母親の返答が無ければおそらく西本智実という、指揮者はこの世にいなかったでしょう。

西本さん母親のこの返答で、指揮者にかなり興味を持って、指揮者になるという志をその時に持ったそうです。

今回この勝美麻衣さんの記事を書いていて、この西本さんのことが思い出されました。

子供のころに持った夢を追いかけていたすらそのために進んでいく人生ってなんて美しんでしょうね。勝美さんも西本さんも外見も相当美しいのですが生き方そのものもそうトプ美しいですね。