石塚運昇さんてどんな人?

石塚運昇さんって誰?どんな人?

8月13日に食道がんのため亡くなられた、

石塚運昇さんって、どんな人?なのでしょう?

石塚運昇さんは、主な活動の場所は、映画の吹き替えや、アニメの声優として活躍していました。

映画の吹き替えでは、リアームニーソン ケビンスペイシーなどを担当していました。

アニメではドラゴンボールのミスタ-サタンの声を郷里大輔氏から引き継いでいます。

石塚運昇さんは、食道がんのため、8月13日食道がんのためこの世を去っています。

実家がバイク店を経営していたため若いころはバイクに熱中していたようです。ゴルフや釣りの趣味もあったようです。

以下はWikipediaからの引用になります。

高校時代に山岳部でインターハイに出場したことがある[3]。
その頃、初めて人前で芝居をしたのがきっかけとなり、役者としての情熱が沸き起こる。劇団薔薇座を経てシェイクスピア・シアター出身。アフレコの仕事を始めた当初から、舞台とのギャップに悩みながらも徐々に本数を増やしていったが、『ポケットモンスター』で初めてブラウン管側の視聴者(子供達)を意識するようになったと後に語る。

主に低く渋い声を生かした壮年以上の役柄が多い。吹き替えではリーアム・ニーソンやケヴィン・スペイシー、ローレンス・フィッシュバーンを担当している。また、映画を中心にCMナレーションも多く担当している。

郷里大輔死去後、持ち役の一部(ミスター・サタンなど)を引き継いだ。
2010年1月1日より、長年所属していたアクセントを退所し、青二プロダクションに移籍している。

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。