サラリーマンが副業した場合の確定申告と税金は?

サラリーマンが副業をすると気になるのが、税金ですよね。副業をすると、どれぐらいの税金が必要なのか?手続きは面倒ではないのか?今回はサラリーマンが副業をすると税金はいくら払わなければならないのか?確定申告の必要の有無などを記事にしてみました。

サラリーマンが副業をすると、必要な税金は?

サラリーマンが実際に副業をして、確定申告が必要な額は、所得(副業収入-必要経費)が20万円を超える場合です。副業所得が20万円以内であれば確定申告の必要はありません。

副業所得が20万円を超えた場合、所得金額により以下の税率で税金を納める必要があります。

 副業所得  税率   控除額
195万円以下  5%   0円
195万円を超え330万円以下  10%   97,500円
330万を超え 695万円以下  20%   427500円
695万円を超え 900万円以下  23%   636,000円
900万円を超え 1800万円以下  33%   1,536,000円

ここで重要なのが、副業所得とは、必要経費を副業収入から引いた残りの額だということです。この額によって税率が変わってくるということです。

経費と発展のバランス

副業といえどもビジネスをやるなら右肩上がりのほうが、やりがいが出てきます。どうせ税金として払わなければならないなら、その費用を使ってビジネス発展のために利用するという考え方があります。

誰もが知っている節税テクニックですが、その節税テクニックを使って、実際に自分のビジネスが発展していったら、嬉しいですよね?ただ節税のためにメイいっぱいの額を必要経費に回すというのも、考え物なので、そのバランスを考えながら、ビジネス発展のために経費を捻出するべきでしょうね?

国を豊かにするために税金は不可欠ですもんね?

では、ビジネスを発展させるための経費の使い方を、私の体験をもとに紹介していきたいと思います。

サラリーマンの副業を発展させるための必要経費

あの一世を風靡した秒速1億円の、与沢翼氏はこの必要経費の増大によって、破産したと発表していますが、事実はどうなんでしょうね?計画的だという噂もちらほら耳にすることがあります。

必要経費は使いようによっては、経営を与沢翼氏のように圧迫することもあるし、ビジネスを発展させてくれる力も秘めています。

数字にある程度自信がある人なら、必要経費を副業が発展していくように運用してみてはいかがでしょう?私がネットビジネスを始めたころ、有名アフィリエイターのセミナーを受講した際に聞いた話です。

「ある程度アフィリエイトで稼げるようになってきたら、その稼いだ金額をすべて、ビジネス発展のために回しましょう!」とそのセミナーの講師が話をしていました。

その内訳は、記事作成のためにライターに支払う外注費用、自分のスキルを高めるための、コンサルタントを受けるための費用や、セミナーの受講費、サイトを宣伝するための広告費などにすべてを回すことで、ビジネスは信じられないくらい加速するのでぜひ実行してください。という話でした。

私は、この話を聞いてから、できるだけこれを実行しようとしてきました。そのおかげもあって、不安を感じていたネットビジネスで結果を出すことに、ある程度結果が出るようになってきました。

まだまだ信じられないほど加速するという体験までは至っていませんが。

このある程度入ってきた収入のすべてをビジネス発展のために投資するという考え方は、自分のビジネスの発展にも確実に成果として表れるということと合わせて、支払わなければならない税金はゼロになるということも、大きなメリットになるのではないでしょうか?

この考え方によって、ビジネスを運営してきて私は仕事をやっているというより、まるでゲームをやっている感覚で、ネットビジネスに携わることができました。

今私にとって、ネットビジネスは生活のためのただの収入源ではなく、映画や音楽のように人生を豊かにしてくれる存在になっています。

確定申告

確定申告はかなりややこしいものでしたが、今はネット上で簡単に確定申告ができて、以前のようにややこしいと感じることはほとんどなくなりました。順番に表示されていくページに沿って数字や文字を打ち込んでいくだけで、いつの間にか確定申告の提出書類が出来上がってしまいます。

まとめ

今回はサラリーマンが副業をした場合の税金や確定申告、必要経費などのお話をしてみました。この記事が役に立つと思っていただけたら、幸いです。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事も読んでみてください。

ネットビジネス起業で選ぶべき種類と、失敗しないための7つの方法