チャネリングとは?その能力と引き出すための3つの方法

チャネリングという言葉があります。チャンネルと、進行形のingが合わさってできた言葉です。同期とか、同調と訳せるのかもしれません。チャネリングは主に目に見えない世界、スピリチュアルの分野で使われています。このチャネリングは、人の無意識下にある情報を読み取ることが主な目的で、前世や、生まれる前のこと先祖などの情報を読み取ることができます。このチャネリングは特別な能力を持った人だけができるわけではありません。この力の構造知って、正しい方法で訓練を積んでいけば、誰にでもこのチャネリングは身に着けることが可能です。

わからないから始める、スピリチュアル体験

チャネリングに限らず、スピリチュアル体験の訓練をしていて、こんなことを言う人がよくいます。その言葉は、「わからない!」です。この「わからない」ですが、スピリチュアル体験をしているときこの言葉は正しいということを覚えておいてください。

わからなかったら先に進みようがないと思うかもしれませんが、チャネリングなどのスピリチュアル体験に限っては、この「わからない」こそが重要なんです。

どういうことなのかを、次の項から順にお話して、具体的なチャネリングの方法に入っていきたいと思います。

スピリチュアル体験のチャネリングに重要なこととは?

スピリチュアル体験に重要なこととは何でしょう?それは五感を超えた世界だということです。五感を超えた世界とは、どういうことなのか?それは、人間のセンサー(五感)では感知できない世界だということです。スピリチュアル、チャネリングは、人間の通常利用している五感では感知できないということです。

つまり、いつも人間が無意識のうちに頼りにしているセンサーでは、歯が立たないということですね。これはどういう状態なのかを簡単に説明していきます。詳しくはこちらに書いてあるので参考にしてみてください。スピリチュアルメッセージを受け取るための唯一の方法

人間は無意識のうちに自分の日常利用している五感に頼り切っていて、それで感知できない情報は無い物、もしくは信じられないものとして判断しています。人間の五感とは、説明するまでもありませんが、見る、聞く、匂う、味わう、触れるの五つの感覚のことを言います。

音の世界

実はこの五感には限界があって、そしてその五感はかなり狭い範囲しか感知できないということを知っているでしょうか?例えば音の世界では低音は20ヘルツから2万ヘルツまでしか聞こえません。

しかし実際音の世界ではそれ以上の超音波という世界もあって、低周波という低い音も存在しているのですが、その存在を人間のセンサーである五感では感知することはできません。

ところがこの人間には感知できない音を聞くことができる動物が地球上には少なからずいます。犬笛と呼ばれている人間には聞こえない音を犬には聞き分けることができます。コウモリは、超音波を使って、暗闇の中を飛び回ることができます。

音の世界ひとつとっても、人間はその一部の狭い範囲だけしか感知できないということを覚えておいてください。

光の世界

光の世界も音の世界と同様、人間では感知できない光が広がっています。可視光線と呼ばれている、紫外線から赤外線を境にした光の世界以外を人間は感知することはできません。光は波長が変化して、エックス線や電波になるのですが、可視光線を超えると、人間には存在していないのと同じ状態になります。

五感を超えた世界の存在

五感を超えた世界は、現実的にも存在していて、それを人間では感知できないということを解ってもらえたのではないでしょうか?五感を超えた世界はこの世には沢山あります。というより五感で感知できる世界は宇宙全体のほんの一握りでしかありません。

スピリチュアル体験のチャネリングもその一握りの世界のはるか外側にある世界です。それを実は人は五感で感じようとしているんです。どうでしょう?ここに矛盾を感じませんか?もしここに矛盾を感じることができれば、チャネリング体験の一歩を踏み出したことになります。

重要なのは、スピリチュアル体験は、五感つまり人間の機能では感知できないということです。

実はここで重要なことがもう一つあります。五感とは人が信じて頼り切っているセンサーの一つに過ぎないということです。五感以外のセンサーを知らないという表現のほうがぴったりくるかもしれませんね?

五感を超えたセンサーを知る

現代の人類のほとんどは、五感が全てだと信じ込んでいるような状態です。人だけではなく動物には本来、肉体的なセンサー以外のセンサーを持っているのです。

それを証明するかのような現象は世界中にあります。山火事が発生する前多くの動物たちがその森から逃げ出すという例はたくさんあります。一度も行ったことが無い場所に飼い主の元に犬がたどり着いたとか?なんでそんなことができるの?という事例はたくさん報告されていますね。

動物だけに限らず、死ぬ人が枕元に立つ、少し先の未来が解った、という例などは信じられないほど沢山あります。

特別な力を持っていると思われている人たち

チャネリングができる人のことを、チャネラーと呼びます。この人たちは特殊な能力を持っている人たちなのでしょうか?超能力者と呼ばれている人たちや、預言者、霊能力者たちはなぜ人間には理解できない力を発揮できるのでしょう?

この人たちは人間が本来持っていて、忘れられてしまった能力にたまたま気付いただけの人たちで、能力差はあるけど誰にでもチャネリングなどのスピリチュアル体験をすることはできるのです。

なぜ多くの人はスピリチュアル体験をしても実体験ができないことが多いのでしょう?まず先にお話しした五感では感知できないことなのに五感で感知しようとしていること。ここが大きな勘違いのひとつです。

これは日常人は五感に頼り切って生活をしているので仕方のないことですが、この状態ではスピリチュアル体験はできません。もう一つはスピリチュアル体験での実体験という言葉が、そもそも矛盾しています。

スピリチュアルの場合、実体験ではありません。実体験とは肉体が味わうことだからです。

チャネリング、スピリチュアル体験をする方法

それではチャネリングやスピリチュアルの世界を手に入れる具体的な方法をお話していきます。ここからはスピリチュアル体験という言葉を捨ててください、そもそもこの言葉は矛盾しているからです。スピリチュアル世界を手に入れるもしくは、スピリチュアル世界に移行する。などが適切だと思います。

人間にとって言葉は非常に重要です。言葉によって人は思考や判断をしているからです。

1、五感を捨てる

スピリチュアル世界にとって重要なことは、絶対的に信用している、センサー五感を無視することです。この五感はチャネリングやスピリチュアル世界にとって大きな妨げになります。間違ってもこの五感で解ろうとはしないでください。

もう一つ言うと、スピリチュアルをわかろうとはしないようにしてください。わかる=五感だからです。スピリチュアル=わからないも無視するように意識していてください。

重要なのは五感を無視する。もしできるなら、五感のセンサーを休止させてください。この状態が仏教などで言う、無の境地だと思います。最初の内は難しいのですが、だんだんコツが解ってきます。

そのコツをひとつだけ言っておくと、五感を無視するのではなく放置するということです。五感を休ませようとしても勝手にセンサリングしているはずなのでその情報をいちいち受け取ることをやめて、放置しておく状態を維持してみましょう。難しいようで意外に簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。

2、無意識と意識を繋げる

こんな経験をしたことはありませんか?夜寝る前に悩んでいた解決策が突然ひらめいたり、突然昔の知人を思い出したり、すると翌日とかにその人に会う。なんて体験している人は多いと思います。何でこんな体験をするのかというと、寝る前の状態というのは、唯一意識と無意識が同時に覚醒している状態だからです。

無意識は奇跡の力、潜在意識でありそこには無限の力と無限の情報があります。その無意識に意識がアクセスできる瞬間が寝る間の状態なのです。脳波の状態はアルファ波と呼ばれる聞きなれた脳波の状態を示しています。

この無意識の世界に自在に行けることができたら、チャネリングなどのスピリチュアルだけではなく、手に入れたいほとんどのことはかなうはずです。

この無意識と意識を繋げる方法は積極的にアルファ波を導き出すのがいいでしょう。その方法は、椅子や床に背筋を伸ばして座って、全身の力を徐々に抜いてい行きます。そして、呼吸を深くよっくり保つ、できるだけリラックスしている状態を保つことで、やがて、脳はアルファ波になります。

この状態が無意識と意識がつながっている状態です。ある程度その状態ができるようになったら、その状態の時にマーキングしましょう。その状態になったなと思ったときに、ある簡単で印象的な言葉をイメージするのです。

例えば、私が使っている言葉のイメージはα(アルファ)です。簡単で、印象的なので使いやすいと思います。これを繰り返していると。アルファ波を手に入れるための手順を省略しても、瞬時にアルファ状態を作り出せるようになります。

3、気付き

人は何か目標をもって進んでいくと、気付きがやってきます。その気づきを大切にしましょう。少しの変化を見逃さずに、注意深く観察していくことでそこから世界が広がっていくことがあります。私がスピリチュアルの世界に最初に入ったと思った瞬間は、光が腕に感じるような気がしたことがあってからです。

その感覚を気のせいにせずに、重要視したことによって、植物、特に木の存在が腕を通して感じるようになりました。というよりも木が私に話しかけているように感じるようになっていきました。

そうするうちに、人にも私が木に感じたものと同じのようなエネルギーがあって、それを受け取ることができることに気付いていきました。

スピリチュアル、チャネリングはわからないが重要です

私は少なくない人たちにスピリチュアルの世界をシェアしてきましたが、ほとんどの人たちが、初めは全然わかりませんと言います。ところがそのわかりませんといった人たちのほとんどの人たちは、五感では体験できないことを手に入れることができています。

その中の人の一例をあげると、ガイドと呼ばれている、目に見えない生命体を感じることができるようになって、そのガイドと情報のやり取りができるようになった。という経験を持っている人がいます。

まとめ

今回の記事ではチャネリングが、なぜ多くの人たちに理解できないのか?どうすればチャネリングを手に入れることができるのかについて記事にしてみました。この記事がスピリチュアルやチャネリングに興味を持った人たちの役に立つことができれば幸いです。

この記事も読んでみてください。

本当はすっごく簡単!目標達成のためのたった一つの秘訣とは?