OLが株を使って副業をする時に、後悔しない3つのポイント

株はうまく行けば、大きく稼ぐこともできますが、株にはマイナスの要素があります。それは株は損をすることがあるということです。特にOLが株をやる場合や、株初心者はこの株のマイナス要素にはまりやすいので、これをできるだけ回避して、株を副業にして収入にしたい人は特にこの部分に細心の注意を向けるべきです。今回は株に特有のマイナスポイントを避ける方法を主に記事にしてみました。

株初心者が気を付けるべきポイント

私の知り合いに、一夜にして、100万円以上を投資で失った人が二人もいます。この二人はかなり親しい人だったので、この信じられない事実が他人事にはとても感じられませんでした。100万円という大金は本業でもちょっとやそっとでは貯められる額ではありませんよね。それが一夜にして消えてしまったら?と思うと「ゾッとします」

こんな悲劇を起こさないため、あなたがOLで、株を副業にしようと考えているなら、外してはいけない最低限のポイントがあるので、そこを守っていけば、株特有の悲劇は回避できるはずです。

自己資金以上を投資しない

株などの投資で大損をしてしまう人の特徴は、自己資金のすべてを投資してしまうというパターンです。損を取り返そうとして、ヒートアップしてしまって、気付いたら自己資金のすべてが無くなってしまっていた。という状況に陥ってしまいます。そうならないために守るべきひとつ目は。1銘柄に自己資金の20%以上を投資しない。ということです。

これを徹底すれば、「持ち金のすべてを失ってしまった!」という悲劇は回避できます。これを徹底して守ってください。ちょっとぐらいいいか?という気のゆるみが悲劇を招いてしまいます。自己資金の20%以上は絶対に投資しなければ、損をしても自己資金の5分の1で食い止めることができますよね。

それでも自己資金のすべてを投資してしまう人は、ヒートアップしてしまう性格が原因の場合が多いので、平常心を保って常に冷静な状態で投資をすることを心がけてみましょう。

塩漬け株を作らない

買値を割ってしまった株を長期間持たないようにすること。この株を持ち続けることを、塩漬け株を作ると言います。下がった株は値が回復するだろうという、期待感から、なかなか手放せなくなって、自然に長期間保有して塩漬け株を作ってしまいがちですが、勇気を出してそんな株は売却しましょう。

これを損切と言います。塩漬け株を作る前に損切をする。この癖を徹底していけば、その塩漬け株が回復すると思っていたらさらに急落してしてしまった。という悲劇を回避できます。これで、損を最小限に食い止めることができます。

知識と経験を増やす

株式にはいろんな手法があります。そしていろんな言葉、つまり専門用語があります。「成長株投資」「割安株投資」「損切」「塩漬け株」「低位株投資」「ローソク足」「株価チャート」「PBR」など用語だけでもたくさんあって聞きなれない言葉もあります。投資は知識と経験が少ないよりも多いほうが断然有利です。

OLが株を副業にしたい場合、長期的に見て初心者の内は、勉強の期間と割り切りましょう。ある程度の損を覚悟に取り組んでいきます。そうすれば、経験と知識が蓄積されて行って、徐々にコツなどが解って株から収益が出るようになっていくはずです。

株には避けなれない要素に損をするということがあります。そこを完全に避けて、収益を出すということは投資のプロでも不可能です。初心者の間に出てしまう損は、学習のための費用と割り切って、その間に経験と知識をどんどん吸収していけば、いずれ株式投資だけで、人がうらやむようなお金を稼げるようになれるかもしれません。

先に紹介した100万以上の大金を投資で失った二人は、投資の全くの初心者でした。初心者なのに、大きく稼ごうとして起こってしまった悲劇です。こんな悲劇を回避するためにも、損を副業の費用としてとらえて、しかもその費用を最小限にしていくことを心がけていけば、株で大損をしてしまうということは回避できるでしょう。

Yahoo!の知恵袋にも、多くの人たちが、特に初心者が株についての質問をしています。大損をしている人も多く見かけます。とにかく知識のないうちに大金を投資することはできるだけやめておきましょう。

悲劇の多くは知識と経験の無さからやってきます。

失ってもしょうがない程度の少ない資金を投資して、損をしたとしても、大打撃にならないように心がけること。それを繰り返していくうちに投資のコツをつかんで、徐々に収益が上がっていくかもしれません。

まとめ

今回はOLが株を使って副業をする場合の後悔しないための3つのポイントを記事にしてみました。この記事が株初心者のOLさんにとって役に立つと感じてもらえれば幸いです。最後まで読んでいただいたありがとうございます。

この記事も読んでみてください。

OLがブログを使って副業をするときに注意したい3つのポイント