医師がサイドビジネスに注意を向けるときの動機と問題点

医師は、なりたいと思っても誰もがなれるような職業ではありませんね。医師になるためには社会に出る前にそれ相応の努力が必要でそれを外しては医師として働くことは難しいと言えます。そして人類ににとって貴重で欠かせない存在ですよね。そんな大きな貢献をしているにもかかわらず、現代社会の医師の待遇はそれにふさわしいとは言えない状況だと思います。

医師をひとつの職業としてみた場合

ここでは医師をひとつの職業として考えてみましょう。医師に対してひとつの職業だと考えている人はあまりいないでしょうが、ここでは、他の職業との比較をするために医師を職業の一つとして考えていきます。

医師になるために必要なこと

医師になるために必要なこと。これはいまさら書く必要がないでしょうが、医師になるためには、相当な時間と努力、そして犠牲が必要ですよね。医師になるための前の段階、医大(医科大学)に入るだけでも奇跡に近いことのひとつと感じている人もいるはずです。私もその一人です。

そして、医大は通常の大学よりも就業期間が長く6年間が必要になります。人間の命を扱う仕事なので、その6年間でも足りないくらいなのでしょうが、20代の貴重な6年間を学業に集中しなければなりません。

そして学生の期間でも医療の現場で働く研修医制度もあります。よくこの期間をインターンと呼ばれているようですが、インターンと研修医は厳密に言うとちがうそうです。(Wikipediaより)

ここまでの医師になるための道のりを想像しただけでも、相当大変だということが想像できますね。

医師の待遇

親しいとは言えないのですが知り合いに、何人かの医師がいます。この人たちがまだ医者になったばかりのころの話ですが、まるで予めリハーサルでもしたかのように、同じ内容の不満をこちらから聞いたわけでもないのに、話し始めます。そしてこの人たちの話を聞くと、ある言葉が自然に出てきてしまいます。その言葉とは「過酷」です。

どんな風に過酷なのか?をこれからお話していきますが、医師のすべてがこのような待遇を受けているのではないのかもしれません。たまたま私が出会った医師たちだけがこのような待遇を受けていたのかもしれません。

さて医師になったばかりの人たちが不満に感じていることを挙げていきます。

まず一番は、労働時間が信じられないくらい長いこと。その労働時間の長さですが、想像を絶していて、一番直近で家に帰ることができたのは3か月前かな?とある医師は話していました。家に帰ることができるのは数か月に一桁しか帰れないということです。

そして、就寝時間も信じられないくらい短いようで、徹夜をすることは当たり前のようにあるようです。週に何度もです。

ある青年の実例、その人はバイクを通じて知り合うことになったのですが、その人は大好きなバイクに乗ったのは10か月振りだったと言っていました。そのバイクにもっと乗りたいな?という気持ちがひしひしと感じるほど、そのバイクを見つめながら。

その青年が乗っていたバイクはイタリアのドゥカティーというメーカーのバイクで多くの人が憧れているバイクのひとつです。せっかくやっと念願のバイクを手に入れたのに乗りたいときに自由に乗れないなんて辛いでしょうね。

バイクを乗る時に3か月ぶりに家に帰ることができたとも話していました。

このバイクの医師とは違う人なのですが、その人は奥さんが看護師で、その看護師の奥さんの方が給料はかなり高くて、奥さんに頭が上がらないと言って、いました。医師としての職業は過酷な上に、収入も高いとは言えない状況なんですね?

この話は看護婦さんたちの間では有名なようです。医者は給料安いもんね。という話を何度か看護師の方から聞いたことがあります。

医師としての待遇を考えると

この人たちの話を聞いていると、私は申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまいました。医師は人類に対しての貢献度はかなり大きなものがあると思っています。そして多くの人が同じように感じているはずです。そんな人たちの待遇がこんな状況だということを知った時、申し訳ないという気持ちと、大きなショックでもありました。

一般人でそして個人の私にはどうすることもできないのですが、こんな医療の環境を放っておいていいとは思えないと思っていたこともあって、今回は一人でも多くの人たちに医師がその貢献度から比べると決していいとは言えない待遇を受けていることがあるということを知ってもらうために、お話しさせていただきました。

なぜ医師はサイドビジネスに意識が向くのか?

多くの人が尊敬の念を自然に抱く医師でありながらサイドビジネスに注意を向ける人が少なからずいるようです。Googleにサイドビジネス、医師という言葉で検索する人は、少なくはありません。

若いときの貴重な時間を投資してやっと手に入れた医師という立場だけでは、不満が出てきてしまうために医師たちはサイドビジネスに目を向けてしまうのでしょう。

サイドビジネスに意識を向けないくてもいいような世の中を作っていければ、そのための貢献が少しでもできればと考えていますが、今現状では、どうしてもサイドビジネスに意識が向いてしまう医師がいるのが現状です。

そんな医師たちに少しでも参考になればという思いから、ある実例を交えながら、医師としてのサイドビジネスの話を進めていきます。

医師にあるもの医師にないもの

医師には医師というだけで、すでに持っているものがあります。それは権威ですね。そしてそこから発する影響力です。でも同時に医師がであるがために、ないものもあります。それは時間ですね。医師はかけがいの無いことを私たちに提供してくれていることで、自分たちが自由に使える時間を持っていないことがほとんどです。

医師がサイドビジネスに目が向いてしまう理由

これは知り合いの医師から聞いた話なので、すべての医師の人たちに当てはまるとは言えないかもしれませんが、その人が言うにはサイドビジネスを始めた理由が時間に対する不満からだったそうです。

まだ小さかった子供たちと関わる時間がほとんどない。という理由から仕事に対して疑問が出てきたようで、サイドビジネスをして、時間を作りたかったという理由でした。その人はサイドビジネスを始めたのですが、その人はその念願はそのサイドビジネスのおかげで、かないました。その人は、サイドビジネスだけで生活できるようになって、ほとんど未練なく医師としての仕事をやめて自由を手に入れたそうです。

医師だからこそできるサイドビジネス

セミナーや講演会などの講師

医師ができるサイドビジネスには、講演会やセミナーでの講師が一般的で、医師による講演会に行ったことがある人もいるのではないでしょうか?私自身も医師としての立場と知識など経験を利用して、講演会をやっている人を知っています。

出版

チームバチスタで有名な海堂尊氏は、現役の医師をやりながらその知識と体験を生かしてストーリーを作りました。それを応募して大賞を受賞した作品がテレビドラマにもなった、チームバチスタです。医師でないとわからないこと、気付かないことが随所にちりばめられていて、読むものをぐいぐい引き込むリアリティーがあります。

海堂氏のような小説ではなく、本を出版している医師の方は少なからずいます。そしてその本でベストセラーになったことも何度かあります。

一般の人たちにとっては、まだまだ敷居の高い出版は私たち一般の人たちよりも、身近にあるサイドビジネスだと言えるのでは荷でしょうか?

医師の立場は直接関係ないサイドビジネス

ネットワークビジネス

先ほど紹介した子供たちとの時間を作りたいためにサイドビジネスを始めた人は、こちらのサイドビジネスになります。この方は、サイドビジネスとしてあの悪名高い、ネットワークビジネスのアムウェイを選んで、そこで成功することができました。そして念願の子供たちの時間を思う存分作り出すことにも成功しています。

実はこの悪名高いアムウェイですが、少なくない医師の方が参加しているようです。私も以前アムウェイをやっているときに何人かの医師の方たちに出会ったことがあります。そしてその方たちの中で、アムウェイである程度実績を上げている人たちに出会うこともありました。

そして、全国的に有名な医療関係の講師の方はアムウェイのサプリメント(健康食品)に出会って衝撃を受けたことから、このサプリメントを広めるための活動を続けています。

医師の立場は関係ないと書きましたが、この場合、医師としての立場は十分生かされていますね。時間的自由を手に入れるためには利用度としては相当高いサイドビジネスと言えるのではないでしょうか?

そして医師はアムウェイをサイドビジネスにする場合、一般の人と比べてアドバンテージが高いと思える部分もあります。それは、日々交わることのできる患者さんとのコミュニケーションです。

これは私自身が感じたことですが、アムウェイの商品を薦める人がいつもいてうらやましいなと感じていました。そして医師としてアムウェイで高い成績を出した人たちは、その患者さんとのコミュニケーションをうまく活用することのできた人たちでした。

医師の立場が自然に生かせる環境

ある人から聞いた内容ですが、アムウェイを始めたおかげで、患者さんとの接触の仕方が変わって、話す内容も変わっていたっそうです。人間の体の病気は医者や薬が治すんじゃなくて、自分自身が治していくんだ。

そしてその機能に重要なことは食品と水、空気です。という説明を自然にするようになって、その人の心配をすればするほど、アムウェイの製品の重要性が、自然に伝わっていったそうです。そしてそんなことを続けているうちに何人かの患者さんの方からの催促があって、アムウェイの製品が売れていったそうです。

そしてその購入者の人たちの中から、私も先生のようにアムウェイをビジネスとして、やってみたいと言われるようになったそうです。そしてそのビジネスを伝えていったところ、自然に実績を築くことができたそうです。

この話を聞いたとき、正直うらやましいと思ったこともありましたし、これこそがビジネスの基本で、あるべき姿だと思いました。その人にとって必要で価値の高いものを教えてあげると、その教えてもらった人はその商品が欲しくて欲しくてしょうがなくなる。という関係はビジネスの理想像ですね。

医師だからこそ持っている環境、医師としての相手に対する思いやり、そして医師としての説得力が功を奏した形になっているのではないでしょうか?

医師に対しての思い入れ

私は子供のころ体が弱く小学生のころから医師は身近な存在でした。ここからは医師をお医者さんと呼ぶことにします。私は小児喘息を持っていたため、週に1回学校を早退して病院に通っていました。ぜんそくの原因に対して抵抗を高めるという治療をしていたためです。

子供のころのお医者さんは優しくてありがたい人でした。当然ですがぜんそくを持っていると何度か発作が出ることがあります。ぜんそくの発作は呼吸ができなくなるため本当に苦しくて死んでしまうのではと思うこともしばしばでしたが、行きつけのお医者さんに診てもらうとその発作が和らぎます。

そしてその発作が出る時間帯は、決まって夜中です。夜中の2時頃に発作が出て、母親が、お医者さんに電話をかけて、治療のお願いをします。そして父親の車に乗って15分ぐらいで病院に着きます。夜中にたたき起こされたお医者さんは、不満の表情をひとつも見せずに優しく対処してくれました。

そのころはそこまではお医者さんに対して感じたことはなかったのですが自分自身が成長していくとひしひしとそのありがたみと申し訳ないという気持ちが増していきました。そしてお医者さんに大きな感謝を感じるようになりました。もしあのころ、私に的確な治療を施してくれていなかったとしたら、私はもうこの世にはいないのではないのか?という思いが今でもあります。

私は幼少のころにこのような経験があるのでお医者さんに対して大きな感謝を持っています。そして今でも大変身近に感じる存在でもあります。お医者さんは人の命のために自分の時間を削って与えてくれている人類に掛買いの無い素晴らしい人たちです。

その人たちが、その貢献にとても見合っているとは思えない状況にあると感じています。数ある人類の問題のひとつでしょうが、これを改善できるように少しでも進むことができればと考えています。医師がサイドビジネスに興味がいかなくなる日が来ることを願っています。そしてそのための努力が少しでもできればと考えています。

まとめ

今回この記事を書いたことは自分自身にとってありがたい経験になりました。私自身が医師に対して感じていることを再確認できたことと、医師の人たちが医師として働く環境は充分ではないということを思い知ることができました。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事も読んでみてください。

アムウェイをサイドビジネスに選ぶ心構えと3つのチェックポイント

 

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。