サイドビジネスのオススメ本2選と本への思い

サイドビジネスを始めてみたいけど、何をすればいいのかが解らない人で、本に頼るという人もいるのではないでしょうか?今回はサイドビジネスに参考になりそうな本を紹介していこうと思います。この記事がサイドビジネスに関心のある人たちにとって役に立つことができれば幸いです。

Amazonで気になる本

Amazonに行ってサイドビジネスと検索すると、目に飛び込んでくる本があります。

なれるSEかわいいアニメチックなキャラが表紙で、幼稚っぽさを感じるけど気になってしまう本です。男にとってかな?レビューもそこそこあるしkindle版だと500円少々で買えてしまうため何のためらいもせずに買ってしまいました。リアル書店ではレジに持っていくには気が引けてしまう表紙ですが、kindle版なのでネット上ですべてが完結して、気軽さがさらに増します。

気になるし高レビューもたくさんある。その期待は裏切りません。1ページ目を読むとどんどん引き込まれて、あっという間に読み終えてしまいます。でもこれがサイドビジネスのために参考になるのかは別の話ですが、実際のSEの方のレビューにありましたが、この本の結末と同じ経験があったと話していました。

実際のSEの人が共感するほど真実性が高いし、内容もすごく楽しく読み物としてもってこいの一冊だと思います。ちなみにアマゾンへのリンクはアフィリリンクではありません。

ところでSEって何?という人もいるでしょうからこのSEについて簡単に載せておきます。そしてこの本を読めばSEってこんな仕事なんだ?ということも同時に解ると思います。

SEの経験があってその経験を生かしてサイドビジネスをやるならおそらく役に立つのではないでしょうか?おそらくと書いたのは自分にはSEのスキルも経験もないためそこが判断できないからです。

以下はSEについてのWikipediaでの解説になります。

システムエンジニア(SE、エスイー)は、「情報システムの構築に携わるITエンジニア」といったような意味の和製英語である。本来、英語における「システム」とは「相互に影響を及ぼしあう要素から構成される系、体系、機構」といったような意味で[1]、様々な分野で使われる語だが、この和製英語でいう「システムエンジニア」が対象とする「システム」はもっぱら情報システムのみである。また、本来、語として対応してしかるべき「システム工学(systems engineering)」の内容とも基本的に関係ない。

このSEになれるを読んでSEでサイドビジネスを始めてみたいと思って、SEになるためにどうすればいいのでしょう?実はSEとして仕事を始めるための資格は必要ありません。ただそのために役に立つというか拍が付くために資格があるといいかもしれません。そのための資格にはこんなものがあります。

  • 基本情報技術者試験・応用情報技術者試験(国家資格)
  • システムアーキテクト試験(国家資格)
  • ネットワークスペシャリスト試験(国家資格)

別にこの資格が無くてもSEとして仕事はできるので、面倒な人は必要ないでしょうそのために充てる時間をSEとしての、経験の時間に充てたいという人もいるでしょうしね。

もう一つこのなれるSEについて書きたいことがあります。それはこのようなビジネス本で、書いてある内容自体が面白いという本はなかなか無いということです。硬い口調で、専門用語がたくさん出てきてその本を解読するための本が必要なほどの本が多い中、わくわくしながら一気に読めてしまいます。

ビジネス本で、こんな経験をしたのは初めてだと思います。まるで面白い漫画を読んでいるように読めてしまいました。サイドビジネスのためというより超おすすめの一冊ですね。

Amazonで次に気になる本

失敗の化学Amazon

なぜこの失敗の化学が気になるのか?それは、私自身が失敗が目的達成のために絶対重要だと考えているからです。失敗を何度も繰り返すことだけが、成功するための唯一の方法だと考えています。

失敗を何度も何度も繰り返していくうちに、突然うまく行くことがやって来たります。今度は絶対大丈夫と思っているときほどうまく行かないことが多い経験を何度もしてきました。自分自身が。

そんな経験を積んできていきついた答えが失敗をするからこそ成功を掴むことができるという現実でした。失敗をしないで、成功をした人はおそらくこの世にはいないはずですよね?自転車に乗ることでさえ、最初にやることは転倒です。何度も何度も転倒を繰り返すうちに、やがて転倒せずに乗れる方法を体が自然に覚えていきました。

失敗こそが成功するための唯一の手段だと常日頃思っているので、この本をアマゾンで目にしたときかなり気になりました。なれるSEには負けてしまいましたが。さすが出版業界!人の目を引くためにありとあらゆる手段をだしてきますね。

サイドビジネス本

サイドビジネス、本で気になるのはこの2冊だけです。そして前項にも書きましたが、私の経験の話で恐縮ですが、何かを始めようとして本が頼りになったという経験が私にはありません。本を読んで何かができるようになったという人の話も聞いたことがありません。

何かを始めるとき頼りにする本はこの世には滅多にないのでは?と考えています。もちろん世の中には一冊の本に出会ったことで人生を変える経験をした!という人もいるかもしれません。

でもそんなすごい力を持った本は極まれでかなり貴重で一生に何度も出会う経験をすることはないのではないでしょうか?サイドビジネス、本とは関係のないカテゴリーなのですが、私は若い頃に読んだ本で未だにその本に書いてあったフレーズを引用することがあります。

それは凶悪な犯罪者でも、自分のことを慈悲深く心優しい人間だと思っている。というフレーズです。このフレーズは実際に本に書いてあるフレーズとは多少違うかもしれませんが、このフレーズに衝撃を覚え、このフレーズは自分の一部にいつしか取り込まれていきました。その本とは名著と言われている人を動かすです。デールカーネギーが書いた名著です。もしあなたがまだ読んでいなかったら、ぜひ一読してみてください。

本によって人生を変えたことが無いと書いたくせに、本によってこんな経験を手に入れていました。やっぱり本て素晴らしいですね。でも素晴らしい経験ができる本に出合うことも難しいですね。

こんな本に出合うことができれば幸せです。

まとめ

人類の歴史と同じくらい深い歴史のある本の世界についてお話してきましたが、私のようなものが本の世界を語るのはおこがましいにほどがる!という思いに至りました。今は良い世の中になりましたね。何かの本が欲しいなと思えば、Amazonに行けば多くの人がターゲットの本について、いろんなレビューをしてくれています。そのレビューは目的を達するためにかなり参考にできて、失敗をある程度避けることができます。

そして、一生心に残るフレーズが一冊の本から手にれることができるかもしれません。そんな本に皆さんが出会うことができれば幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事も読んでみてください

レビューの意味と書き方、その効果とビジネスでの使い方

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。