アメリカでのサイドビジネスってどんなものがあるの?

人気アニメ宇宙兄弟を見ていると、日本とは生活環境が、やっぱり違うなと感じるところがたくさんありました。その一つに主人公のむったが乗車型の芝刈り機に乗って、アルバイトをしていたことがありました。サイドビジネスも、アメリカの環境だからこそのものもあるのでは?という思いで今回は記事を書いてみました。

アメリカの環境だからこそ存在しているサイドビジネス

冒頭でお話しした芝刈ですが、このサイドビジネスは、アメリカだからこそ成立する仕事ですね。日本人から見ると広すぎてうらやましすぎる、広大な庭を持っているからこそ芝刈がサイドビジネスとして、存在していると言えるでしょう。

自走式でしかも乗車できる芝刈り機なんて、日本では専門業者でしかお目にかかったことはありません。アメリカではこの芝刈り機は当たり前にあって、それを使ったとしても、かなりの労働時間になってしまうために、サイドビジネスが成立しているんですね。なんともうらやましい環境です。

サイドビジネスには関係ない話

ちょっとこの記事の内容から逸脱しますが、そんなアメリカの庭があるからこそと、アメリカという国の思想が反映されているな?そしてやっぱりうらやましいな。と思うことがユーチューブを見ているときにあります。

それは、個人宅の庭で動物たちが自由に走り回っていることです。そして、犬や猫はもちろんですが、その犬たちに混ざってなんと日本ではか見ることができない動物トラが一緒に走り回っている動画がありました。

そして興味がそそられたので、関連動画を見ていると、トラはもちろん、ライオンや、クマなどとも一緒に生活しているアメリカの家庭がたくさんあることに驚かされました。

こんなアメリカでの生活の一分だけを切り取った動画の中にも、日本とアメリカの生活習慣の違いをまざまざと見せつけられた思いがしました。、いったいどんな国?というのが正直な思いでした。正に自由の国アメリカですね。

アメリカのサイドビジネスと言えば、やっぱりこれ!

アメリカということ、そしてそこでのサイドビジネスと言えば真っ先にイメージが浮かんでくるのはこれです。ネットワークビジネスのアムウェイです。アムウェイは、主に日用品を会員登録した人たちに販売している、ビジネスです。

このビジネスは、理想的な流通を目指した結果生まれたものですが、アムウェイは多くの人たちに悪いイメージが埋め込まれてしまっています。こういった背景もあって、今では本国アメリカでさえ、サイドビジネスとしての人気は高いとは言えない状況になってしまっています。

でも日本やアメリカ本土でも夢を目指してこのネットワークビジネスに取り組んでいる人たちは、まだ少なくはありません。年収1億円を手に入れるためには、かなり具体的になるビジネスの一つと言えるでしょう。

そしてこのアムウェイは、サイドビジネスからのスタートになるため、負担は少ないと言えるでしょう。

ベビーシッターやペットシッター

芝刈と並んで、日本ではあまりなじみのないサイドビジネスにベビーシッターや、ペットシッターがあります。ハリウッド映画を観ていると、当たり前のようにベビーシッターが登場するシーンがあります。これはこのベビーシッターが生活に溶け込んでいるという証明にもなるでしょう。

アメリカでは当たり前にあるサイドビジネスの一つがベビーシッターでありペットシッターです。

ライター

ライターは日本でもかなり人気があるサイドビジネスの一つと言えるでしょう。今まで紹介してきたように、アメリカ独自のサイドビジネスではなく、日本でも共通のサイドビジネスですね。

ライターと書きましたが、このライター記事のような文章だけではなくて、このライターにはイラストやデザイン等も含まれています。日本でこのライターをやりたいと思ったらまずここに登録することをお勧めします。

ココナラ

ブログ

ブロガーと呼ばれるブログで稼いでいる人は、日本だけではなく、当然ですがアメリカにも大勢いて、かなり人気のサイドビジネスの一つになっています。

ブログに記事を溜めていって、そこに読者を誘導して、その読者を増やしていきます。そしてブログにアフィリエイトリンクや、広告を貼って収益を上げるという内容ですが、これは日本と全く同じですね?違いをひとつあげるなら、記事の文字が英字だというくらいでしょうか?

アメリカだからという独自のものはこのブログに関していえばありません。

Amazonやebay

不用品販売や、転売はアメリカでも人気ですが、アメリカには、ヤフオクは存在していないようです。転売と言えばヤフオクのイメージがるのですが、プレミアム価格の商品を高額で売りたい場合、ヤフオクが無いとかなり不便ではないのか?という思いが出てきてしまいます。

アメリカでの不用品販売と言えばAmazonかebayを利用することが当たり前のようです。ヤフオク無しで転売が成立するんだろうか?と思いが出てきます。ヤフオクは本当に便利で、今日本人には欠かせないシステムの一つと言えるのではないでしょうか?

ダイレクトレスポンスマーケティングはアメリカが発症の地

ピンク色の本を出版してセンセーションを巻き起こした神田昌典氏が日本に紹介した、ダイレクトレスポンスマーテティングは、発祥の地はアメリカです。ダンケネディーが考案したと言われている、ダイレクトレスポンスマーケティングは、の手によってアメリカから日本に上陸して瞬く間に広がっていきました。

ダイレクトレスポンスマーケティングとは、別名教育マーケティングと呼ばれていて、小雑誌や、メルマガ等で、知識や常用を与えていってその情報にふさわしい商品を紹介するという内容です。

例えば神田昌典氏が手掛けた案件の一つに、家は買うな!というコピーを打ったチラシを撒いた話があります。ある不動産会社が新聞の折り込みチラシを撒きました。

家は買うなというチラシには、こんな家は買ってはいけませんという例を記しておいて、もっと詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ!と、小雑誌を配布しますというコピーに誘導します。

このマーケティングは大成功になって、かなり余裕をもって出版したはずの小雑誌は、かなり早い段階で配布しきってしまいます。まさかかなり余分に出版したのに、小雑誌が底を尽くとは夢にも思っていなかった不動産会社は慌てて、この章雑誌を増刷しました。

そしてその小雑誌を受け取った人たちから、家の受注が信じられないほどの数が殺到します。小雑誌にただ悪い家の例をいくつか挙げただけなのに、そこへ小雑誌を読んだ人たちからの、家の発注が後を絶たなくなってしまったのです。

これこそが教育マーケティングと言われている所以です。

一時期ネットビジネスの主流も

一時期のネットビジネスの主流もこのダイレクトレスポンスマーケティングを使ったものがほとんどでした。神田昌典氏が利用した小雑誌の代わりにメルマガを利用しします。

読者からすると特別の情報を与えてもらっているようで、実は読者に教育をして、その知識を満足させるためには欠かせないと思える商品やサービスを紹介するという内容です。

メルマガから情報者知識をを提供された人たちは、その商品やサービスが欲しくて欲しくてたまらないという状況になって、売りたい商品を売りたいだけ売れるという販売者にとってかなり有益な方法でした。

なぜこのダイレクトレスポンスマーケティングは以前の主流となってしまったのか?それは、多くの人たちが実践してしまったために、メルマガの読者が分散して非常に集めにくくなってしまったことがその要因の一つです。

そして、読者側からすると、またメルマガか?というメルマガに対してうんざりな感情が出てくるほどメルマガが出回っていきました。

サイドビジネスだけでなくビジネスの新たな歴史を作ったと言えるほどのダイレクトレスポンスマーケティングは、アメリカが発症の地です。これは、この記事で紹介する理由にふさわしいと思い記事に入れてみました。

サイドビジネスだけでなくビジネスは今も以前もアメリカから日本に多くが上陸して根付いていきました。そして今後もそれは変わらずやってくるはずです。

ちなみにネットには必要不可欠でこれがないとネットが利用できないと言える段階まで達してしまった、Googleもアメリカの企業ですね。今更言うまでもありませんが。

自分のビジネスに活かすなら

もしあなたがサイドビジネスを始めようとしているなら、ここに紹介した、ダイレクトレスポンスマーケティングをぜひ実践してみてください。その理由の一つとして、ビジネスで一番難しいマーケティングを体験して修得できるからです。このダイレクトレスポンスマーケティングを身に着けることができれば、あなたのビジネスは、思いもかけない発展を遂げることも夢ではなくなるはずです。

ダイレクトレスポンスマーケティングの実践方法

ここにダイレクトレスポンスマーケティングの実践方法を簡単に説明しておきます。

まずブログを立ち上げてそこに記事を書きためていきます。そしてある程度アクセスが集まってきたら、そのブログでメルマガの読者を集めます。当然ですが予めメルマガは用意しておく必要があります。

そしてそのメルマガは、ステップメールと呼ばれる、予め、いくつかのメルマガを配信順序を設定すれば、常に第一話目から流れるという仕組みを持っています。

始めてメルマガ登録をした人は必ず第一話目から読むことができるという画期的なシステムがステップメールです。

このステップメールで、読者に情報を与えながら教育をしていきます。10話前後のメルマガをステップメールに仕込んでおいて、教育によって購入意欲が頂点に達したころを見計らって、商品を販売するというテクニックです。

例えば、前項に使った家を買うなというメルマガを配信して、その中で、こんな家は買ってはいけませんという内容のメルマガを配信していきます。そして、理想の家づくりとは、といったメルマガも配信していけば、家を建てようと考えていた人は、このメルマガの配信者以外からは家を買いたくなくなります。

つまりそのメルマガの配信者はメルマガの読者に家を売ることができるという仕組みです。

ネットビジネスはほとんどの人がサイドビジネスから始めるでしょう。このサイドビジネスにアメリカから上陸した、ダイレクトレスポンスマーケティングを取り入れれば、あなたのビジネススキルはきっと高いものになるはずです。

まとめ

今回はアメリカでのサイドビジネスに焦点を当てて記事を作成してみました。この記事がアメリカとサイドビジネスに興味がある人たちにとって役に立つことができれば幸いです。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事も読んでみてください

アーリーリタイア で失敗する可能性とその実例

 

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。