コンテンツSEOとは?小学生でもわかる超簡単解説とそのメリット

よくいろんなところで見たり聞いたりする、コンテンツSEOって何なの?何となくはわかるけど、詳しくはコンテンツSEOのことが解らない人へ、今回はこの難しそうなコンテンツSEOをどこよりもわかりやすく超簡単に説明してみました。そしてなぜコンテンツSEOが重要なのか?そのメリットのお話もあります。

そもそもSEOって何?

SEOという言葉知っているということがまるで前提のように使われているけど、詳しくはわからない!SEOって何?という人へ、これからSEOを順を追って詳しく解説していきます。これを見れば、難しいと思っていた、SEOを理解できるはずです。

上の図はみんながよく知っているグーグルの検索画面です。ググる時の画面ですね?Googleというカラフルな文字の下にある白くて四角いところに調べたいものの言葉を入れて検索します。この調べたい言葉のことをキーワードと言います。

例えばコンテンツSEOについて調べたい場合は、この四角いスペースにコンテンツとSEOの文字をスペースを空けて打ち込みます。そしてエンターを押すと、調べたい答えが乗っているであろう候補が表示されます。

そして、出てきた画面がこちらです。ざっくり言うと、この画面の表示順位のことをSEOと覚えておけば問題はありません。キーワードを打ち込んで表示された画面のより高い順位に表示されるための方法がSEOです。

この画面の場合は、上の広告ふたつを抜いた、三つ目に表示されているサイトが1位ということになります。この順位をより高くするために、試行錯誤すること。これがSEOです。ちなみにSEOとは、サーチエンジンオプチュニティーという、聞きなれない言葉の羅列なので、覚えても意味はないでしょう。

それよりもSEOとはググった時に表示される画面のより高い順位を狙うことだと、覚えておきましょう。表示画面の3ページ目より、2ページ目、2ページ目より1ページ目。そして1ページ目のより高い順位を狙っていきます。

どうやって表示される順位は決まるの?

では、SEOの順位はどうやって決まっているのでしょう?それは調べたいキーワードに関する答えとしてよりふさわしいと判断された記事が表示されるようになっています。Googleは、アルゴリズムという独自の判断プログラムを持っています。

そのプログラムに沿ってキーワードの答えとしてふさわしい記事を選出して、表示順位を決定しています。そしてそのGoogleが持っている判断基準は常に進化し続けているので、キーワードの答えとしてよりふさわしい記事が表示されていくようになっています。

これを、キーワードとのマッチングと言います。このキーワードのマッチングがより高いものが表示順位が高くなって、SEOの効果も同時に高くなります。

コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOとはこのキーワードマッチングを狙った記事を書いて、検索画面の表示順位を上げることです。というより、ある人があるキーワードを入れて検索した結果、求めている答えをこれでもかというくらい与えた記事を書くことこそがコンテンツSEOの考え方です。

このコンテンツSEOには大きな効果があり、その記事を表示したグーグルの信用度が上がる。そして検索した人が満足する、記事を書いた人は喜ぶというすべての人にメリットがある、素晴らしい方法と言えます。

なぜコンテンツSEOが必要なのか?

ではなぜ?コンテンツSEOは必要なのでしょう?それは、すべての会社が悩んでいることを解決してくれるからです。悩んでいることとは、コマーシャル、宣伝です。つまり人に自分の会社で作っているものとかを知ってほしいためにやることです。これはかなりお金と時間がかかることなのです。

宣伝とかコマーシャルはほとんどの会社の悩みの種でこれがうまく行けば、会社はより発展していくのですがうまく行かないのが、ほとんどなのです。

そこで、検索画面により多くの記事が高い順位で表示されることでこの宣伝効果を狙ったことが、コンテンツSEOと言います。実はこのコンテンツSEOは別名コンテンツマーケティングとも言います。マーケティングとはコマーシャルや宣伝のことです。

もしこのコンテンツSEOがうまく行けば、信じられないほど多くの金が必要だった、宣伝やコマーシャルは、タダになってしまいます。そして、より多くの人に高い効果を発揮します。

なぜコンテンツSEOは効果があるのか?

キーワードには頻繁に検索されるものがあって、その頻繁に検索されるものは、平均的に数字化できるものがほとんどです。このある程度常に検索されるキーワードで高い順位を狙ることができれば、より多くの人たちに宣伝することができます。

このある程度検索されるキーワードのことを人気キーワードと言います。その人気キーワードは、スモールキーワード、ミドルキーワード、ビッグキーワードとそれぞれ呼ばれていて、その名前通りビッグキーワードは多くの人が利用している検索数が月間1万前後のものを言います。

ミドルキーワードは月間検索数が数千、スモールキーワードは、月間検索数が千に満たないものを言います。

じゃあ、ビッグキーワードでたくさん記事を書いて人を多く集めればいいのか?と思うでしょうが、そう簡単には行きません。このビッグキーワードは多くの会社が狙っているキーワードなので、表示順位を上げるのがかなり難しいのです。

この特定のキーワードで、順位を上げることの難しさを、キーワードの難易度と言います。この難易度は、月間検索数に比例することがほとんどです。つまりビッグキーワードになればなるほど、難易度は高くなるということです。

コンテンツSEOの考え方

なぜ今コンテンツSEOが必要なのか?それは、宣伝効果を上げたい会社や、ユーザーの信用度を高めていきたいグーグルにとって、高い効果があるからということ。そして、ネット界全体の質が上がることです。

人類史上を考えるとまだまだ歴史が浅いためネット界の情報はまだまだ充分とは言えません。こんなこと感じたことは、何度もあると思います。あるキーワードを入れて検索すると、「調べたいものとは程遠い記事ばかりが表示された!」こんな経験だれでもが何度もしていて、あきれてしまったことがあるのではないでしょうか?

これはネット界の歴史がまだ浅いことも原因のひとつで、キーワードにマッチした記事がまだまだ不足しているということです。多くの人たちが薦めているコンテンツSEOは、ある程度狙ったキーワードに対してより高い順位を狙う記事を書くという方法ですが、実はネット界を考えるともっと重要なことがあることに気付きます。

キーワードありきの考え方をやめて、キーワードマッチングが低い記事に対して補っていくというスタンスでコンテンツSEOをやっていけばキーワードの難易度とかは全く関係ありません。

そして何より、ネット界を充実させるためには、まだまだマッチング記事が足りないので、それを補ってネット界の質を高めていくという素晴らしい経験ができます。

どちらもコンテンツSEOですが前者は難易度が高くて、表示される順位が高くなる可能性はかなり低くなります。しかし後者のキーワードマッチングが低いものを補うためにコンテンツSEOをやっていけば、検索画面で表示される順位が高くかんる可能性は格段に上がります。

何より、ネット界の質を上げることに大きな貢献となります。

まとめ

今回は、難しそうなコンテンツSEOを超簡単に解説してみました。この記事がコンテンツSEOを難しいと感じていた人たちの役に立つことができれば幸いです。最後まで読んでいただいてありがとうございます。