副業が禁止されているサラリーマンそれでも副業はできるのか?

副業をして、もう少し収入が欲しい!でも今いる会社は副業を禁止しているし。かと言って副業をあきらめることができない。あなたがサラリーマンで会社が副業を禁止していても、最悪解雇などの処分を受けずに済む方法はないのか?そもそも会社側はなぜ副業を禁止しているのか?今回は副業に興味を持っているけど、会社側が副業を禁止している場合、副業をどうとらえるべきなのか?を探ってみました。

副業とは?

以下はWikipediaより引用しています。

副業(ふくぎょう)は収入を得るために携わる本業以外の仕事を指す。兼業、サイドビジネスともよばれる。副業は就労形態によって、アルバイト(常用)、日雇い派遣、在宅ビジネス、内職などに分類される。また、収入形態によって給料収入、事業収入、雑収入に分類される。

副業とは、本業を持っている人が、本業以外の時間を使って収入を得ること全般を言います。

なぜ、副業は禁止されているのか?

副業はなぜ禁止されているのでしょう?そもそも副業禁止の根拠って何なのでしょう?実は副業禁止は、法律的には何の効力もありません。日本国憲法第22条、職業選択の自由に反しているという考え方もあり、法律的には副業の禁止はされていないと言えます。

副業禁止は企業側が設定した、就業規則が規制しているものであり、実は法律的には副業は禁止されていません。

なぜ企業は副業を禁止するのか?

ではなぜ、副業は企業の就業規則によって禁止されるのか?その主な理由は、副業によって本業に影響される不利益やイメージの低下の恐れがあるからです。

以下は実例ですが、こんな例があります。

裁判で、ある女子社員が飲食店で毎日6時間の副業をしていたことで解雇になった事例があり、この件の場合裁判所は、単なる余暇利用のアルバイトの域を超えて、本業に支障をきたす可能性があると言う理由で、解雇は有効だと認められました。

逆に大学教授が夜間や週末を利用して語学を教えていたことで、解雇された事例では、解雇の有効性を認めないという判例もあります。

副業禁止の有効性は、本業に損害や支障をきたす可能性があるかどうかが判断基準になるようです。

副業を禁止されていても副業をあきらめきれない。

会社側が就業規則で副業を禁止している場合でも、副業をあきらめきれない場合、副業をしたい旨を会社側に伝えて許可を取る方法も考えられます。副業を禁止していても、許可制にしている企業もあるようなので、副業をあきらめきれない人は、一度副業の許可申請を会社側に申請してみてはいかがでしょうか?

副業申請が認められない場合

副業申請をしても副業が認められない場合は、副業をあきらめるか、リスクを覚悟で会社に隠して副業をするしかありませんが、会社に副業がばれて、最悪解雇になる可能性はないとは言えません。

会社に副業がばれる原因は、副業によって収入が増えてしまったために住民税が増額された場合。

もう一つは同僚から発覚する場合の二つがそのほとんどだそうです。

それでも副業をやって収入を増やしたい!

ある程度のリスクはしょうがない。やっぱり副業に興味があるというサラリーマンの方へ、副業にはどんなものがあるのか?

今副業で最も人気なのは、ネットビジネスで、その中でもアフィリエイトは群を抜いて人気が高くなっています。ある教育関係の会社のデータによると、アフィリエイトに参入している人の数は400万人も上ると発表されています。

ネットビジネスには、アフィリエイト以外にも、クラウドソーシングや、アドセンス(クリック型広告)オークションなどがあり、自分の強みを見つけて、その強みを生かしていく場所を見つけることができるかもしれません。

ではこれから順番にそれぞれのビジネスの詳細を解説していきます。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、アフィリエイトリンクという広告をあなたが運営するブログ(サイト)に貼り付けて、そのリンクをクリックした人がそのリンクの商品を購入すると、その商品の代金の一部が収入として得られるというビジネスです。

アフィリエイトには大きく分けて、物販アフィリエイトと情報商材アフィリエイトに分けることができます。物販アフィリエイトとは、DVDや書籍、食品、ファッションなどあらゆる、物のことを指します。

楽天アフィリエイト

アフィリエイトのおそらく最王手は、楽天アフィリエイトです。楽天アフィリエイトとは、楽天で販売されているほとんどの商品をアフィリエイトすることができる。それこそ世の中に出回っているほとんどの商品と言えるほど、多種多様な商品をアフィリエイトすることができます。

楽天アフィリエイトのメリットは商品の種類と品数です。そしてクッキーと呼ばれている、一度あなたのリンクをクリックした人が楽天で1か月以内に別の商品を購入したとしても、あなたの収入として計上されるシステムのことを言います。

楽天アフィリの最大のメリットはこのクッキーにあり、このクッキーというシステムによって最も稼ぎやすいアフィリエイトだと言えます。楽天アフィリはメリットばかりのように感じますが、ただアフィリエイト報酬と呼ばれる、アフィリエイトから発生する収入の率が高いとは言えないもので、楽天アフィリのほとんどが1%の報酬に設定されています。

ということは100万円のものがあなたのブログから売り上げを上げたとしても、アフィリエイト報酬は1万円ほどです。これが高いと感じるのか低いと感じるのかは個人差があるでしょうが、楽天アフィリで大きく稼ごうとした場合、相当な額を売り上げなければなりません。

アマゾンアソシエイト

アマゾンアソシエイトとは、アマゾンを利用したアフィリエイトのことを言います。アマゾンアフィリエイトも楽天アフィリと同じように、アマゾンで取り扱っている商品のほとんどをアフィリエイトできます。

楽天と比べると若干品ぞろえは薄いと言えますが、不足を感じることはほとんどと言っていいほどないでしょう。このアマゾンアソシエイトのメリットは、楽天アフィリよりも高い報酬率で、その報酬率は3%ほどです。

楽天アフィリの3倍ほどの報酬率なのですが、アマゾンアソシエイトは楽天のメリット1か月間という長いクッキーが設定されていません。アマゾンアソシエイトのクッキーは、数日から1週間ほどだと言われています。

情報商材アフィリエイト

情報商材とは、情報そのものが商品として販売されているものを指します。その販売元で有名なのが、インフォトップで、そのインフォトップがそこで扱っている情報商材のほとんどをアフィリエイトとして提供しています。

情報商材には、ある程度の経験と知識テクニックが必要ですが、楽天やアマゾンに比べアフィリエイトの報酬が非常に高く設定されていて、より大きく稼ぐことができます。

商品価格が2万から3万円前後の商品の品ぞろえが豊富で、売れ行きの高いものもその価格帯なので、ひとつの商品がアフィリエイトで売り上げが上がっただけでも1万円前後の報酬が発生することになります。

情報商材アフィリのデメリット

高い報酬を狙うなら、ねらい目のアフィリエイトと言えるでしょう。高い報酬のアフィリエイトですが、この項の冒頭で話したように、この情報商材はある程度の経験が必要で、初心者が副業として始めたとしても売り上げを上げることは難しいと言えるでしょう。

そして、情報商材には、情報商材=詐欺という見解を持っている人たちが少なからずいるということがります。

アドセンス

いわゆるクリック型報酬広告と呼ばれる、広告の形態で、あなたのブログに貼り付けた、広告を読者の方がクリックしてその広告の詳細が表示されれば、収入が発生する仕組みです。初心者はかなり稼ぎやすいビジネス形態だと言えるでしょう。

アドセンスを自分のブログに貼り付ける場合、審査に合格する必要があります。

オークション

ヤフオクなどのオークションを利用すれば、思わぬ報酬を得る可能性があります。いわゆるプレミアム商品と呼ばれる、その当時の販売価格を上回る価格が付いている商品が存在していて、それを所有している可能性があるからです。

プレミアム商品とは、その商品が販売されている当時よりも高い価格が付く商品のことを言います。

プレミアム価格が付きやすい商品は、チケット、フィギュア、CDやDVDなどです。ただ、オークションを利用してチケットを売って利益を得た場合、犯罪になる場合があるので、これには十分気を付けておくションを利用するようにしましょう。

クラウドソーシング

ココナラなどのクラウドソーシングを利用すれば自分の特技や趣味を利用して稼ぐことができます。例えばイラストを描くことが趣味なら似顔絵を作成するサービスをココナラで提供したり、文章を書くことが得意ならブログの記事を提供すれば、ココナラの運営側から手数料を取られますが、人気が出ればある程度の収入を手にれることができるでしょう。

https://coconala.com/

副業のために役に立つとは言えないこと。

副業をやるために、よくあることをする人がいますが、それは副業で収入を得る場合得策とは言えないので考え直した方がいいかもせれません。そのあることとは、資格を取ることです。資格を取れば仕事ができると考えている人がいるようですが、実は資格を取ったからと言って仕事が発生することは、まず間違いなくありません。

人気があって仕事の依頼がない資格

コーチング

コーチングは少し前かなりの人気があって、大勢の人たちがその資格を取るために安くはない費用を使ってそれを手に入れていました。その人たちのほとんどはコーチングの仕事で収入を手に入れることができていない状況です。

カウンセラー

カウンセラーもコーチングと同じくらいもしくはそれ以上に人気があって大勢の人たちがカウンセラーの資格を取っていましたが、カウンセラーの資格で収入を得ている人たちもほとんどいないのが現状です。

資格よりも重要なこと

資格を取るためには高い費用とある程度の時間を投資しなければなりません。そして資格を取ったからと言って、その資格を生かして収入を得ることはほとんどと言っていいほど多くの人たちができていません。副業を含めたビジネスで重要なことは、、資格にあるのではなく、実は集客が重要なのです。

この集客の重要さですが、ネットビジネスを実践していけば集客の重要さと、集客の難しさを嫌というほど経験していくことになります。そしてネットビジネスを続けていけば少しずつ集客をマスターしていくことができるようになっていきます。

経験を通して、ビジネスで重要な集客をマスターしていくことができます。そして集客はビジネスの根本で、最も重要なスキルです。この集客をマスターすれば、副業として始めたはずのネットビジネスがやがて、大きく発展して、本業の収入をはるかに超えてしまうということにもなるかもしれません。

ぜひ副業に興味を持っているサラーリーマンの方はネットビジネスを実践して経験を積んでいって集客の難しさ、その困難を乗り越えていく醍醐味を味わってみてください。

ある有名アフィリエイター

有名アフィリエイターと書きましたがこの人はアフィリエイターだけにとどまらず、コンサルタントであり経営者であり教育者でもあります。この有名アフィリエイターをAさんとしておきます。

このAさんはサラリーマン時代にネットビジネスで年収1億円を超えました。つまり副業を始めて、副業の段階で既に1億円を超えてしまいました。そしてそれが会社にばれることになって、上司にこう言われたそうです。

「会社とネットビジネスどっちを選ぶんだ」そのアフィリエイターは、迷わず答えたそうです。「ネットビジネスです」と。

まとめ

サラリーマンの副業の禁止は法的には何の効力もありません。しかしだからと言って、副業をして会社に迷惑をかけて場合、処分されない可能性はないとは限りません。就業規則に副業の禁止が明記されている場合、慎重に行動しなければ本業を失く可能性もります。

副業禁止とされている企業でサラリマンが副業に取り組む場合、ここで書いたように本業に支障が無いよう配慮して、行動していくことが最も重要なポイントと言えるのではないでしょうか?最後までこの記事を読んでいただいてありがとうございます。

この記事も読んでみてください。

情報商材って逮捕されないか不安があるという人へ!

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。