成功とは?が学べる株のおすすめ情報商材はこれです。

なぜ多くの人は成功しないのでしょう。わずか数%の人しか成功しない理由は、人の考え方にあります。今回おすすめする株の情報商材はまさにこの部分を尽いたものです。成功とは多くの人たちとは反対の考えを持つことです。

95%もの人たちが、成功を目指しても成功しないのは、その95%の人たちと同じ考えを持っているからです。成功したい場合は、95%の人たちとは逆の考え方をする必要があるということです。

株、投資で勝つということ

投資で勝つということはどういうことなのか?を考えてみましょう。株で勝つことも負けることもその根本には考え方があります。人は考え方で行動をしています。というより考え方に行動が支配されています。

株に限らず、成功をする場合、成功できない考え方を持ったままでは、成功はできません。成功できない考え方とは、95%の人たちが持っている考え方です。成功できるもしくは成功している僅かな人たちは、95%の人たちとは全く違う考え方を持っていてその考えに沿った行動を取っているので、成功するのです。

こんな話があります。

私は一時期あの悪名高いアムウェイをやっていた時期があります。アムウェイを知らない人がいるかもしれないので、アムウェイに付いて簡単に説明させていただきます。アムウェイとは、ネットワークビジネスと言われているビジネスの一つです。ネットワークビジネスとは、日本の多くの人たちからねずみ講と言われていて、多くの人たちから、かなり煙たがられています。

実際にはアムウェイはねずみ講とは違いますが、この違いを説明していると、この記事を全部それに割り当てないといけないことになるので、今回はその違いを省きます。

アムウェイのようなネットワークビジネスは、自分から始まる組織を構成して、その組織の売り上げの何%かが自分に支払われるという、画期的なシステムなのですが、自分から始まる組織の編成が非常にねずみ講に近いため、ねずみ講と言われています。

私はこのアムウェイを次のようにとらえていました。一度セールスをした人でその商品が気に入った場合、その人が購入するたびに自分にその一部が支払われる素晴らしいシステムだと。たった一回セールスをかけただけなのにその人が購入してもらった場合、半永久的に自分の報酬になっていくという内容です。

アムウェイの製品を伝えたという功績が永遠に評価されてそれが半永久的に自分の功績として評価されるという夢のようなシステムなのですが、多くの人たちは、アムウェイのシステムを理解しないまま、ほとんどは噂などで、ねずみ講だという判断をしています。

ある成功者の話

知り合いが、(この人をAさんとしておきます)熱心にアムウェイをやっていて、ある有名な成功者とつながりができて、アムウェイの話をしたところ、「やります」という返事をその成功者からもらいました。

そしてその成功者はやはりアムウェイでも超スピードで成功していきました。

Aさんはその成功者がアムウェイを選んだ理由を不思議に思いそれを知りたくて、その成功者に質問をしたそうです。なぜあなたはアムウェイを選んだんですか?とすると、その成功者からは、こんな答えが返ってきたそうです。

アムウェイはほとんどの人たちが否定しているからです。それはつまり成功することだからと。答えたそうです。そして、もう一つは、俺をここまでしてくれた従業員たちに俺と同じ思いをしてもらいたいから。と。この成功者は何が言いたいかというと。アムウェイをやることで、従業員たちが成功できると確信したからだそうです。

ちなみにこの成功者は、アムウェイをしてお金を稼ぐ必要は全くないほど多くの資産を持っている人です。そんな人なので、まるでゲームでもやるようにその人は楽しんでアムウェイをやっていました。

肝心の株の情報商材の話

ここまででどうすれば、成功できるのかが見えてくるように思います。人はなぜ成功しないのか?それは多くの人たちと同じ考え方をしているせいです。成功したい場合、その人とは全く違う考えをする必要があるということ。というより、多くの人たちが否定していることを選択することで成功できる。という教訓を私は、アムウェイと、そのアムウェイにかかわった、成功者から学び取ることができました。

今回おすすめする式投資の情報商材は、まさにこの成功者の思考によって作られている情報商材です。そして株式投資の初心者であっても投資のことが一から丁寧に解説されています。

その株のおすすめ情報商材は相場師郎氏の7ステップ株式投資メソッドです。この情報商材はどこが成功者の考え方なのかというと?「逆張り」という手法で投資をしていくからです。

逆張りとは、を説明する前に、逆張りの反対の順張りの説明をさせていただきます。順張りとは、株価が上がっているときに買ってそのまま上がっていくことを待つ株式投資手法です。一方の逆張りとは、その逆で株価が下がっている銘柄を買う手法のことです。

これ最初は勇気がいるでしょうが?よくよく考えるとこの手法を理解することができます。多くの人たちは順張りで投資して負けていきます。つまり、順張りは負けるという証明でもありますね。

ということはその逆をやれば成功できるのだからその逆の株価が下がっているときに買えば逆のことが起こるという、一見意味不明のようで、かなり理にかなっている手法なのです。

まさに成功者の考え方そのものですね。つまりこの逆張りは勝つということになります。

考え方を変えるということ

人は考え方に支配されています。そしてその考え方は無意識から発生していて、実はなかなか考え方を変えるということは簡単なようで、難しいのです。

そんなこと簡単にできると思うかもしれませんが、では一度これを試してみてください。成功するため人生を変えるためには少数派を選び取る必要があります。つまり多くの人たちが否定していることを選ぶことが成功への第一歩です。

自分は考え方を変えることができるのか?を試すために多くの人たちが否定していることを選び取ってみましょう。そして今まで多くの人たちと同じだった考え方を変えてみましょう。

例えば、多くの人たちが犯罪と同レベルに考えているアムウェイを選び取ることとかです。これはできそうで、なかなかできないことではないでしょうか?

人はなぜ成功しないのか?それは、多くの人たちには、多くの人たちと同じ考え方が根付いていて、それを容易に変えることができないからなのです。

今回おすすめした、株の情報商材にはこの部分が重要だということを教えてくれています。

まとめ

に勝つこと、成功すること、人生を変えるために必要なことは、考え方を変えることだということが、改めて解る情報商材が相場師郎氏の7ステップ株式投資メソッドです。今回は株式投資の極意とは何なのかが考えさせられる、おすすめ情報商材の内容を紹介してみました。

この記事が投資に興味がある人の役に立つことができれば幸いです。

この記事も読んでみてください

情報商材って逮捕されないか不安があるという人へ!