数ある英語の情報商材でこれを、おすすめする理由と根拠!

日本人がアメリカに行って、買えないものの一つに、ホットドッグあります。このホットドッグは、日本語発音だと、アメリカ人には全く通用しません。ホットドッグスタンドでホットドッグが欲しい場合、その発音は、日本人では到底ホットドッグと聞こえない言葉になります。この発音については記事中でお話しします。

英語を自由自在に操りたい!そのために何をどうやって勉強すればいいのか?さっぱり解りませんよね?英語をどうやって身に着ければいいのか?という本さえ数多く出版されていて、英語を効果的に習得する正しい方法を見つけることがまずできない状況です。そして英会話を始めても、英語が話せるようになる人は極わずかですよね?

今回は英語の情報商材を含めた教則ではいったい何が効果的なのか?英語の情報商材のおすすめを紹介していきたいと思います。この記事が英語に興味を持っている人の役に立つことができれば幸いです。

情報商材とはいったい何?

情報商材とは、例えば、英語に興味があるけど「英会話の勉強の仕方がさっぱり解らない!」という人に、英会話の効果的な勉強の仕方?が解る情報そのものが商品として販売されているものです。
その情報商材は、ビジネスの情報を扱っているもの、いわゆる稼ぐ系と呼ばれている情報商材と、趣味などを扱っている、非稼ぐ系と呼ばれている情報商材に分けることができます。

稼ぐ系には、アフィリエイトのほかに、せどり、FXなどの投資などがあり、非稼ぐ系にはダイエット、バストアップなどの美容系、油絵の描き方、ギターの弾き方といった趣味系、今回取り上げた英会話などの語学といった実用系があります。
それらの情報商材に興味がある場合、それらの専用サイトがあります。そのサイトに行けば欲しいと思う情報商材を見つけることができるはずです。

その情報商材専門の代表的なサイトがインフォトップです。このインフォトップは情報商材を買うだけではなく、情報商材をアフィリエイトもできるいわゆるASPも兼ねていて、情報商材に興味がある人にとってかなり便利なサイトだと言えます。

英語と情報商材

英語に興味がある人はかなり多くいることが書店等に行くと自然にわかるほど多くの人が英語に興味を持っているようです。そしてその人たちをターゲットにして、あらゆる方法でサービスや教材のような商品を販売して収益にむずび付けようとしています。

書店に行くとなぜ英語に興味を持っている人が多いということが解るのか?それは、書店で力を入れている本を独特の方法で陳列する方法があって、英語の多くの本がその陳列方法で書店に並んでいるからです。その陳列方法とは、いわゆる平積みと言われている、表紙の全面が見える一押し本を陳列する方法です。

この方法は、今売りたい本、多く売れている本、多く売れるだろう本が陳列される方法です。つまり多くの人が注目している、注目するだろう本ということです。英語の本はかなりの数この平積みによって書店に陳列されています。

英語の情報商材で効果がありそうなもの?

ここでは情報商材に限らず、英語を習得するために効果の高い?高そうなものに的を絞って紹介していきたいと思います。そしてその中から特におすすめのものを決めていきたいと思います。これは私が使用してきた独断によるものなので、これが全ての人に通じることはないと思いますので、あくまで参考程度にしておいてください。

マクドナルドの発音は正しくはマクドーノーです。というフレーズで英語の発音は日本人とアメリカ人ではかけ離れていることを紹介している英語の教材を販売しているところがあります。

ちなみに、この記事の冒頭でお話しした、ホットドッグの正しい発音は、ハッドです。私はホットドッグスタンドでホットドッグを買うとき、多くの日本人たちに、どうやって買うんですか?と訊かれたことが何度かありました。

この教材は多くのサイトで、高評価でおすすめの英語教材です。この教材はインターネットを通じて勉強するいわゆるオンライン教材の一つです。その教材名は「ユー・キャン・スピーク」以降YCSです。この教材ですが画期的な仕組みがいっぱいあって、その仕組みを知ると、「絶対英語を話せるようになるかも?」と思わせる仕組みがあります。

この教材の紹介文を読んでいると、「これなら絶対に話せるようになるだろうな!」と思って購入しようと思うはずですが、実はこの教材仕組みばかりが性能が良くて、肝心の教材としての構成が英語をこれから習得しようという人には全く効果のない例文ばかりで、初心者が体系的に英語を習得していく内容にはなっていません。

なぜYCSは効果が薄いのか?

英語の構造や、独特な性質などを前面に押し出して、初心者が覚えるべきフレーズや例文は一切ありません。

多くの英語教材おすすめサイトでこのYCSを薦めているようですが、この教材を薦めている人たちはおそらくこの教材を購入していない人たちだと思います。ここで使用されている例文のほとんどは中級者かそれ以上のレベルの人たちにとって意味の出てくる内容になっています。

でもそうなると、このYCSで取り入れられている画期的な仕組みが、あまり意味をなさなくなってしまいます。指導者や教育者にありがちなことですが、初心者や未経験者にとって何が必要なのかを忘れてしまって、そこを無視した典型的な教材と言えるでしょう。

ここで初めてこの、YCSの画期的な仕組みについてお話しします。その仕組みとは、まず初めに文字と音声によって、日本語の例文が出てきます。そしてそれを、英語に翻訳して声に出して答えるという内容です。そして次に答えが出てきてその答えと同じだった場合、話せたというボタンをクリックして次に進むというプログラムです。

このプログラムはかなり画期的で素晴らしい仕組みです。ここで取り扱われている例文が初心者にとって必要でなおかつ体系的であれば、最高の教材になっているはずです。

次に紹介したい英語の教材は本です。

次に英語の教材で紹介したいのは、情報商材のおすすめではなく、本です。その本のタイトルは、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 」です。この本は、まるで先ほど紹介したYCSをそのまま本にしたような内容になっています。

そして、使われている例文もかなり簡単で初心者がまず覚えるべき、フレーズばかりが網羅されていて、これ一冊をやり遂げると、相当な英語力を身に着けることができます。そしてこの本の価格はなんと、2千円弱です。これ一冊で相当な英語力を身に着けることの実力を持った、英語の教材がたったの2千円で手に入るなんて、なんだか夢のような話ですね。

そしてこの本で身に着けた知識をさらに強化するためにおすすめなのは、「スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング」です。こちらは、ランダムに例文が掲載されているため、瞬間に日本語を英語にすることがより強化される内容になっています。

この本を使うなら合わせて使いたい本ですね。

最後に紹介する教材は

最後におすすめする英語の情報商材は、7Englishです。この情報商材は、七田式と呼ばれている、学習法が取り入れられた、情報商材で、七田式は特に語学に高い効果があると言われている方式です。その七田式とは、言葉を倍速など高速にしていくことによって脳が活性化してより吸収力が高くなると言われているシステムです。

この七田式の創始者は七田眞氏で現在は七田厚氏が受け継いでいます。この7Englishはこの七田式を取り入れた点ではなく教材の内容が非常にシンプルで、覚えるべきフレーズが600と限定されところと、初心者にとって非常に体系的に作られている点です。毎日やればたったの60日で相当高い英語力が養われます。

英語の情報商材で一番のおすすめは、この7Englishです。初心者には何が必要なのか?がここにはすべて詰まっています。やるべきことが明確で、覚えることは、たったの600フレーズで、一日にすべきことは基本フレーズとその応用フレーズを9つ、合計10のフレーズをCDを聞きながら音読して身に付けるだけです。

初心者にとってありがたいのがあるべきことが明確なことと非常にシンプルな基本的でなおかつ重要度の高いフレーズばかりが使われていて、そのままでも、日常会話に十分使える内容ばかりだということです。

英語の情報商材おすすめ

というわけで、英語の情報商材での一番のおすすめは、七田式の7Englishです。

まとめ

今回は情報商材で特に英語に絞って記事を書いてみました。何かを修得する際に重要なことは、シンプルで解りやすいことだと思います。ここで英語のおすすめした情報商材の7Englishにはこの重要な要素が備わっています。この記事が英語の情報商材に興味がある人の役に立つことができれば幸いです。最後まで読んでいたいてありがとうございます。

この記事も読んでみてください

情報商材サイトaspの特徴と使い方を徹底比較してみました