潜在意識を覚醒しやすい音楽はこれです!潜在意識覚醒究極の9曲!

潜在意識は奇跡の力と言われていて、その潜在意識を自由自在に使えることができれば、ほとんどの夢は手に入れられると言っても過言ではありません。そして多くの偉人たちは潜在意識の恩恵について語っています。有名なところでは、思考は現実化するのナポレオン・ヒル、引き寄せの法則のロンダバーンなど他にもたくさんの人達が潜在意識を活用することの成果を語っています。

ではこの潜在意識はどうやって覚醒させることができるのでしょう。簡単な方法の一つに音楽を聴くというものがあります。今回の記事では、手軽に潜在意識を覚醒できる音楽を利用した方法と、それに適した音楽を紹介していきたいと思っています。

潜在意識とは

 

潜在意識とは奇跡の力と呼ばれていて、よく火事場の馬鹿力ともいわれています。この火事場の馬鹿力のほうがなじみがあるかもしれませんね。火事の時に家の中から、おじいちゃんが、思いタンスを一人で担ぎ出したと、語り継がれているのが、火事場の馬鹿力です。この話は、作り話なのか、実際にあった話なのかは、今現在では定かではありません。

でもこの話の内容こそが潜在意識の力を示すには、かなり的を得ています。次に話す潜在意識の話は実際にあったことです。アメリカのハイウェイをキャデラックといういかにもアメ車という車でおばあちゃんが孫を連れてどこかへ行こうとしていた時のことです。

アメリカのドラマや、映画でよく見るように、アメリカでは周囲が砂漠というところをハイウェイが通っていることは珍しくありません。この場合でも周囲が全て砂漠で道と砂漠以外は何もないという状況でした。

そしてほとんど車も走っていません。そんなとき運悪くおばあちゃんの乗っていた、キャデラックがパンクをしてしまいました。おばあちゃんはパンクを直すために、路肩に車を止めました。そして修理しやすいようにと少し車を移動した時です。運悪く孫がタイヤに下敷きになってしまいました。助けを呼ぼうにも、あたりは一面砂漠です。人がいそうな、建物はひとつも見当たりません。

交通量も極端に少なく、全然車が通る気配すらありません。仕方なくおばあちゃんはキャデラックを持ち上げることにしました。そして奇跡は起こりました。車は簡単に持ち上がって、孫はほとんど怪我がなくキャデラックの下から救出できたのです。

これが潜在意識の力です。通常なら不可能なことが潜在意識が覚醒すると、その何倍、何十倍、何百倍とも思える力が現れることがあります。この力をコントロールして自由に使えることができるようになれば、不可能はほとんどなくなってしまいますね。

人間の脳の使用率

人間の脳は通常100%のうちの、ほんのわずかしか使用されていません。その率は3~5%と言われています。そして95%以上は眠っているのです。もったいない話ですね。この眠った部分が潜在意識です。そしてこの潜在意識の情報処理能力は、通常意識(顕在意識)の7万5千倍もあると言われています。

もしこれが自在になれば、スーパーマンですね。

潜在意識を自由自在に使うことはできるのか?

イメージすること

この奇跡の力潜在意識を自由自在に使うことはできるのでしょうか?残念ながら今のところ潜在意識を自由自在にコントロールする方法はありませんが、うまく行けば利用できる方法はいくつか発見されていて、その方法は今もなお引き継がれています。

ナポレオン・ヒルやマーフィー、ロンダ・バーンなどが言っているイメージすることも、そのうちの一つです。まだ到達していない目標が実際に到達したかのように、イメージするという方法です。

この方法で注意することは、より具体的にイメージすること。例えば成功してお金をたくさん稼ぎたいとします。この場合、より具体的にするために、それによって得られる環境を具体的にイメージする必要があります。

お金を稼ぎたいという漠然としたイメージではなくて、お金を稼いだ結果得られることを詳細にイメージすることで潜在意識はより力を発揮できるようになります。

今よりお金を稼ぐと、どんな環境が手に入るのか?を充分考えて、それを詳細にイメージするのです。例えばその時、乗っている車、住んでいる家、利用している飲食店回りにいる人はどんな人なのか?ついでに言うと、そこではどんな音が鳴っているのか?季節や、温度はどれくらいでしょう?

これらをより具体的にイメージできることができて、それが今現在本当にあるんだ!と思えるほどになれば、潜在意識はそこへ行くための力を大きく発揮し始めます。そして、潜在意識の特徴の一つ無意識化でそれが行われているため、偶然の出来事化のように出会いやきっかけが表れ始めるはずです。

イメージするためにはこのツールを使うとより一層効果的です。

ドリームボード見ないことが一番効果的

ドリームボードはなぜ効果があるのか?

成功に欠かせない、たった一つの道具!

潜在意識と音楽の関係

潜在意識は音楽とかなり深い関係を持っています。脳波がアルファ波になると、潜在意識は活発になると言われています。そして音楽はアルファ波を効果的に引き出すことができます。

直接的に潜在意識を活性化させる音楽もいくつか発表されているほど、潜在意識は音楽と密接な関係を持っています。こんなこと今更私が言う必要がないほど誰もが知っている事実ですよね?

代表的なものはヘミシンクですね。これは潜在意識の力のうちの一つである、スピリチュアル方面の力を引き出すために創られた音楽で多くの人が今現在でも利用しています。そして、スピリチュアル体験の中でも幽体離脱に特に特化している内容になっています。興味がある人はぜひチャレンジしてみてください。

潜在意識を覚醒させるために、開発された音楽はたくさんありますが、一般的な音楽でも聴くとアルファ波が誘発される音楽はかなりの数あります。

その代表的な音楽を今から紹介していきます。興味があれば一度聞いてみてください。

クラシック音楽

いわゆる管弦楽や器楽曲と言われているクラシック音楽ですが、アルファ波が出ると言われている音楽があります。そして私が実際に聴いてみてこれはアルファ波になっているな!と感じたものを紹介していきます。

  • ヴィバルディーの、四季       イムジチ合奏団
  • ブランデンブルグ協奏曲       トレバー・ピノック
  • ゴールドヴェルグ変奏曲       グレン・グールド
  • バッハ トッカータとフーガニ短調  イルジーラインベルガーがベストですが今現在入手できません。

バロック音楽の代表はこの4つですが、まだまだ他にもたくさんあります。興味のある方は自分でも探し出してみてください。

  • ベートーヴェン交響曲第6番 田園    カルロス・クライバー
  • マーラー交響曲5番アダージェット    レナードバーンスタイン

バロック音楽以外でのクラシックのおすすめは、この2曲です。

  • ピンクフロイド狂気            ピンクフロイド
  • アンビエントシリーズ           ブライアンイーノ
  • ブッシュオブゴースツ           ブライアンイーノ

ポップスでのおすすめはこの3枚です。

そしてそれ専用に開発された、ヘミシンクは、幽体離脱を誘発するだけではなく、潜在意識の覚醒にも大いに役に立ちます。有名なゲートウェイエクスペリエンスではなくても、ヘミシンクシリーズは、どれを選んでも、潜在意識を覚醒するために役立つと思います。

この音楽ですが、音楽を聴いているときに先に紹介した、イメージを取り入れることで覚醒することがより強化されるはずです、ぜひ実践してみてください。

まとめ

今回は潜在意識を覚醒させるための音楽の活用の仕方と、おすすめの音楽を紹介していきました。この記事が潜在意識を覚醒させたいと考えている人たちのお役に立てることができれば幸いです。

この記事も読んでみてください。⇒潜在意識を書き換える方法!これなら確実、簡単