情報商材 販売で詐欺師と言われているヒカルの隠れた真実

ユーチューバーで有名なヒカルは過去に情報商材を売っていたことがあり、詐欺師だっとと言われています。ユーチューバーヒカルは本当に詐欺師だったのでしょうか?ヒカルが詐欺師だったかどうかの前に、ヒカルはどんなことをやってきたのかを、検証していきたいと思います。

情報商材とは

ユーチューバーのヒカルは、以前情報商材を作ってそれを大量に販売したこともあり、詐欺師だと言われています。彼が扱っていた情報商材とは一体どんなものなのでしょうか?

情報商材とは主にテキスト(文字)で、作成された、情報そのものが商品として販売されているものです。主にPDF形式で作成されていて、そこに動画や音声などが使用されていることもあります。

情報商材は大きく分けて、2種類に分類されます。ひとつは稼ぐ系と、もう一つは非稼ぐ系です。情報商材は大手サイトのインフォトップが有名でインフォトップに行けば日本で販売されている情報商材のほとんどは手に入れることができます。

ヒカルは、その情報商材の稼ぐ系を過去に販売していたことがあり、そのことが原因で詐欺師と呼ばれています。ユーチューバー ヒカルは本当に詐欺師なのでしょうか?

これからヒカルがやってきたことを解る限り、記事にしていきたいと思います。

ヒカルが辿ってきた経緯

ヒカルが詐欺師だと言われている、ヒカル自身が作った情報商材については、ある程度稼いでいるアフィリエイター自身が過去に購入していて、その教材には詐欺的な要素はほとんど無かったと言っています。

いわゆるアフィリエイトの王道が紹介されている、情報商材です。ということは、情報商材を販売したことが詐欺師と呼ばれる直接的な原因ではないということになります。ではなぜヒカルは詐欺師と呼ばれているのでしょうか?

その前にある世界的に有名な人の話

日本には世界に誇れる偉大な人たちが少なからずいますね。そのうちの一人北野たけしさんが自分自身の口から言っていたことをテレビで聞いたことがあるのですが、「人は有名になればなるほど、それに比例して悪評も広まっていくもんだ!」と。

当然と言えば当然なのですが、有名だからこそ、いろんな人の目に触れていろんな人がその人を判断するから、当然の結果として、悪評も広がっていくということです。つまり悪評が広まっていくということは世間の多くの人がその人のことを知っている状態だということです。

ヒカルも詐欺師だから有名なのではなく、過去の業績で有名になったことによって、悪評もその分広まっていったということです。まずこの多くの人がヒカルのことを知っているという状況を作り出すということは並大抵ではないということを知っているでしょうか?

こんなこと訊くまでもないことですが、この部分を抜きにして詐欺師の部分だけに焦点を当てていると、ヒカルについて冷静な真実に近い判断はできないのではないでしょうか?

もう一つ衝撃的な話

ほんの数百年前まで、地球は球体ではなく、動いてもいませんでした。と解釈されていてそれは当然のことでした。そしてこの事実ではない事実に異論を持ち込んだ人がいます。コペルニクスですね。コペルニクスは地球は球形で、自転という運動で、地球自身が回っているから、空の星が回っているように見えるんだ。といことを唱え始めました。

コペルニクスは真実を話したにもかかわらず、反逆罪とまで言われるようになります。その当時の人々は、コペルニクスを犯罪者のように考える人たちも大勢いました。

ヒカルの隠れた真実

人は有名になればなるほど、悪評も広がること、真実が間違っている場合もあるということを前項で示してみました。そしてもう一つ、いいニュースはニュースにならないということを知っているでしょうか?

インディーレースで日本人初の優勝者佐藤琢磨はその当時大々的に、新聞やテレビのニュースなど各メディアでは取り扱われることはありませんでした。世界のビッグレースの一つ、インディーで優勝しているにもかかわらずです。

しかしこの佐藤琢磨はある不祥事を起こしました。その時の各メディアは一斉に佐藤琢磨の不祥事について報道したのです。佐藤琢磨のレース関係者は、優勝した時は見向きもしなったくせに、悪いことが起こると一気に注目されるのはなぜだ。と嘆いていたそうです。

悲しい話ですね?本当に。

当然ですが、ヒカルにも、このいいニュースがあるはずです。詐欺師としてのうわさや詐欺師についての意見はどこにでもたくさんあるので、そこを詳しく書いても意味はないと思うので、ヒカルのいい面についてこの記事では探っていきたいと思います。

私にはできない、うらやましいこと

ヒカルが詐欺師と呼ばれる原因になった情報商材ですが、累計販売数は1万本以上だと言われています。1万円台後半で売られた情報商材がなんと1万本も売れたのです。単純計算で2億円近くになりますね?

そして自分自身でも、その情報商材を900本ほど売ったそうです。当然ですがこの業績が無ければヒカルは詐欺師と呼ばれることはなかったはずです。

詐欺師と呼ばれる原因そのものがすごい業績だということに気付いている人たちはどれくらいいるでしょうか?例えば誰かが同じように今ある程度通用する情報商材を作ったとして、それを1万本も売り上げることができるでしょうか?少なくともヒカルが実際に販売した期間内なら私にはできません。正直うらやましい話です。

ビジネスで難しい部分

ネットビジネスに限らずビジネスで一番難しいことは、マーケティングです。人に取り扱っている商品を知らせること、そしてその魅力を伝えること、購買意欲を高めることです。

ビジネスで一番難しいマーケティングは、あらゆる業界で苦労をしていることです。ヒカルはそれを周りから見た場合に限り難なくやっているように写ります。最も難しく多くの業界が苦労しているマーケティングをあっさりやってしまっているため。そこの部分に注目が集まっていないし、そこへの評価もされていません。

正直ヒカルのマーケティング力にはすさまじいものがあります。ビジネスマンとしては、マーケティング力を見る限りは超が付くほど一流なのです。これは実践してみると解ることなのですが、1万人の人に物の価値を伝えて、実際に購入してもらうためには、成約率が3%であったとしても、およそ30万人の人にその商品の魅力を伝えなければなりません。

そして実際には3%という高い成約率はあり得ないはずなので実際にはもっと多くの人に商品の魅力を伝える必要があります。これは誰でもが再現できることでは決してありません。

それをいとも簡単そうに(実際は違うかもしれない)達成してしまうということは、ビジネスマンとしてすさまじい力を持っているという証明でもあります。がその部分に気付いている人は、いないのではないでしょうか?

当然ですが、ヒカルが詐欺師かどうか判断する材料に、このマーケティング能力を加味する必要はあると思っています。あらゆる角度から判断して詐欺師だという判断になる場合は、その人が詐欺師の確率は高いかもしれませんが、そうではない可能性もあるかもしれません。

他にも、詐欺師と言われている人たち

ヒカルだけではなくて、他にも詐欺師と言われる人たちはいます。ここで名前を上げる人たちは詐欺師と呼んでいる人が少なからずいるということでありこの人たちが実際に詐欺だということではありません。

和佐大輔氏、小玉歩氏、川島和正氏、この人たちはネットビジネスを通じて多くのお金を稼いでいて超有名な人たちですが、一方で詐欺師と呼ばれていることもあります。なぜこの人たちは詐欺師と呼ばれているのか、それは、大成功を手に入れているからです。その大成功によって有名になったことにより、有名人の宿命も重なって悪評が広がっていた結果も一つの原因では無いでしょうか?

まとめ

今回は情報商材を販売したことがありその件で詐欺師と呼ばれているヒカル氏に焦点を当ててみました。この記事がヒカル氏に興味がある人達のお役に立つことができれば幸いです。

 

 

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。