情報商材の作り方と売り方を知っても稼げない理由とその根拠

ネットを多くの人が利用するようなった今では、情報というカタチの無いものに価値が出て、その情報に価値があることは多くの人たちが認めています。それを証明するような情報販売サイトさえ存在していて、多くの人たちがこれを利用しています。そしてその環境を利用して大きく稼ぐ人たちも現れてきました。情報商材は今ネット環境には欠かせないと言えるほどになっています。

その情報商材の作り方と売り方がわかれば誰でもが稼げるのでしょうあのでしょうか?今回は、情報商材の作り方や売り方、を知りたい人のために参考になればというおもいどぇ記事を書いてみました。情報商材を1から知りたい人達にとって役に立つことができれば幸いです。

情報商材とは

ネット環境は一瞬と思うほど、一気に世界中に広まっていきました。その結果、情報はそれ以前に比べると、信じられないほどの価値を持つことになって、情報自体が販売されることが当たり前になっていきました。そしてその販売されている情報を情報商材と呼ぶようになりました。

その情報商材は、在庫も持たずにビジネスができるという理由もあり、そこで大きく稼ぐ人たちも出てくるようになっていきます。数億、数十億をこの情報商材で稼いだ人もいることは事実です。

情報商材とは、こうすればネットで稼げますよ!という内容などを誰でもが解るようにテキストや画像、場合によっては動画等で、紹介している情報自体を販売してい商品です。

確かに情報商材がうまく行けば、億や数十億も夢ではないかもしれません。しかし、稼げるからと言って、この情報商材に手を出すと、かなり痛い目に合うこともあります。情報商材に興味があって、これで稼いでみたいという人は慎重に十分検討したうえでチャレンジしたほうがいいかもしれません。

これから、この情報商材の特徴や、作り方や売り方を交えながら、お話していきたいと思います。

情報商材の種類

情報商材には大きく分けて2種類があります。その2種類とは、稼ぐ系と非稼ぐ系です。その2種類にもそれぞれ分かれています。

稼ぐ系の種類と代表的な情報商材

アフィリエイト等のネットビジネス系、FX等の投資系、集客系この稼ぐ系で、代表的な情報商材は、アンリミテッドアフィリエイト、ハンモックユーチューバー、ルレア、アフィリエイトファクトリー等です。

そして非稼ぐ系ですが、趣味や美容関係が多いですね。例えば歌が上手くなる、ダイエット、ゴルフ上達、ギターがうまくなる等です。

情報商材の欠点

情報商材は直接指導とは異なので、実践者が、間違った解釈をしてしまって、効果が出ない実践方法をしてしまう可能性があります。そしてそれを間違った方法だということを教えてもらえないので、実践者は、修正のしようがありません。この状態を続けていると、その情報商材の目的に到達することも近づくこともできません。

そしてその情報商材とその情報商材の作者は、信用されなくなってしまいます。もう一つは、情報商材という形になった時点から、その効果は急激に落ちていってしまうことです。詳しくは次項でお話しします。

稼ぐ系情報商材の悲しいさだめとは?

情報商材の特質ゆえに悲しい経過をたどることになります。今ユーチューブを見ると、それが理解できるとお思います。あるベストセラー情報商材に高い効果、実践すると、高い報酬が見込めたので、その商材は飛ぶように売れていきました。そして実践者が一気に増えてしまいました。

なぜ実践者が増えてしまいました!と表現したのかというと、ネットビジネスのノウハウ多くの人が一斉にやると効果が落ち込んでいってしまうからです。

なぜ効果が落ち込んでしまうのか?を順を追って今から、お話していきます。まず実践者がまだ少ないころ、ある手法で作成されたユーチューブの動画あってその動画にかなり興味がそそられたとします。その動画はひとつか二つあるかないかです、その動画は興味を持った人はほとんどクリックされるはずです。

そして同じように興味を持つ人が大勢いたとしたら、その動画は多くの人達が再生することになるでしょう。そこへ、広告等のキャッシュポイントを取り込んでいけば、その動画を再生されればさせるほど、報酬はそれに比例して増えていきますね。

ところがこの反対の状態、つまり、興味があったはずの動画が、おすすめ一覧(ユーチューブの画面を開いたときに右側に出てくる20個ほどの小さい画面)に一斉に出ていたとしたらどうでしょう?、そうです実践者が増えすぎてしまったために、同じような動画が増えすぎてしまった状態です。この場合、まず興味が湧くはずだった動画も、その数が多ければ多いほど見る気がしなくなりますよね?

そして、あまりにも動画が多いため、再生される確率は極端に落ち込んでしまいます。おすすめ画面にひとつしかない場合はそれを再生するでしょうが、おすすめ動画全てが、そんな動画だった場合、再生される確率はたったの20分の1になってしまいます。

情報商材で紹介されていたされていたものが、人の興味を引く動画であったとしても、その実践者が増えていけばいくほど、報酬が発生する可能性はどんどん落ち込んでいってしまいます。

実践者が増えたとしても、それを見る視聴者は同じように増えるわけではないので、その視聴者を増えた実践者の数で割ることになっていってしまいます。

これは特に稼ぐ系情報商材に起こる、悲しいさだめです。優れている、情報商材であればあるほど、この定めは顕著に表れていくことになります。というより優れているからこそ、多くの情報商材が売れてしまって、実践者が増えてしまって稼ぐことができなくなっていってしまいます。

稼ぐ系情報商材は、このような悲しいさだめがあることを理解してから、情報商材をビジネスに利用するかどうかの判断をするべきだと思います。

情報商材が秘めているさだめによって引き起こされること

情報商材でベストセラーを出して大きく稼ぐことはまだまだ可能性があるはずです。しかし、もし、情報商材のベストセラーを販売することができたとしても、その状態を継続していくことは、かなり低くなってしまいます。

場合によっては、情報商材購入者から信用されなくなってしまって、売り上げが上がらなくなってしまう可能性もあります。情報商材にはこのような危険性が含まれています。

大きく稼げる可能性を秘めている。

情報商材には、その特質から、悲しいさだめや、危険性が含まれているのですが、大きく稼ぎだすことは、事実でもあります。ある程度の危険性を気にしないのであれば、情報商材にチャレンジしてみることもいいのかもしれません。ある程度の危険性があるからこそそこに醍醐味が感じられるという人もいるかもしれませんね。

情報商材の作り方と売り方

というわけで、これから情報商材の作り方と売り方をお話していきます。情報商材を売る場合必ず必要なことは実績です。その実績の裏付けがなければ情報商材は商品として成立しないものになります。情報商材に取り組みたい場合、まず実績を上げることです。

もし運よくネットビジネスで実績を上げることができたとしたら、その実績はどうやって生まれたか?という詳細な解説はそのまま情報商材として成立します。それをやる場合、役に立つことは、実践ログを作成することです。作業したことを常に記録に残しておくこと。そうするとそのログそのものが情報商材になっていきます。

あとは編集をするだけで、情報商材はほとんど出来上がったのも同じです。

実績も上がった、実践ログも取って、それを元に解りやすく図解等を入れた情報商材が出来上がりました。商品は出来上がったとしてもそれを販売しなければ、収益は出ません。ではどうやって作り上げた、情報商材を販売すればいいのか?ここでは2通りの情報商材の売り方をおhなししていきます。

ひとつ目は、自分の運営しているブログやサイトで直接販売する方法と、インフォトップ等の、情報商材を専門に販売しているサイトに登録して販売してもらうことです。このような情報商材を扱っているサイトに登録して販売する場合は、情報商材の販売価格の何割かを、手数料として支払う必要があり、そこから打ち上げが上がった場合、作成者に入って来る金額は、商品価格の数割です。

そして、インフォトップのようなサイトに情報商材を掲載してもらうためには、審査が必要となってその審査に合格しなければ、取り扱いをしてもらうことはできません。

当然ですが質の高い情報法商材を要求されることになります。

継続的に稼ぎたい人が注目すべきこととは?

情報商材はその性質上、継続的に稼ぐことがかなり難しいと言えます。そして、情報商材を販売するということは、信用が落ちてしまうという可能性も潜んでいます。

やっぱり自分は継続的に稼ぎたいと思う人は、次のポイントを重視してみてください。

ネット環境の質を上げていくこと

「ネットの本質を考える」ネットビジネスを運営していくうえで重要なことはこれに尽きると思います。ネットは、なぜ存在しているのか?ネット利用者が求めるネット環境とは何なのか?

この答えそのものがネットビジネスとして通用するビジネススタイルがあります。このビジネススタイルを作り上げることができれば、継続的に稼ぐことは不可能ではありません。

これからこのビジネススタイルを順を追って、お話していきます。

ネット環境を作り上げるのは誰なのか?

それはグーグルではありません。

そして「まだネット環境は、成長段階にある」これがこのビジネススタイルのキーワードです。

グーグルはその成長段階で最も検索キーワードに近い情報を提供してるだけにしかすぎません。その情報自体を提供しているのはネットに携わっている人達のすべてです。ブログ運営者、ライター、ウェブデザイナー、2ちゃんねるへの投稿者、ユーチューバー、その他ネットにかかわるすべての人たちがネット環境を作り上げています。グーグルはその環境で最も欲しい情報をいち早く提供しているだけにすぎません。当然ですが無くてはならない存在です。

ネット環境を作り上げているのは、ほとんどが個人かまたは、少人数のグループの人たちです。その人たちは、これからそこへの責任を誇りをもって次の世代、また次の世代へと、つないでいくために、これでもかという思いで、ネット上に情報を開花していくべきだと私は個人的に考えています。

そうすることで、グーグルは、その提供者を評価して、検索上位に表示していくことになります。これこそが究極ののSEOではないでしょうか?

SEOとは?

SEOとはサーチエンジンオプチュニティーと呼ばれていて、検索キーワードに最も関連性の高いサイトを瞬時に表示するシステムの元で、より高い順位に表示されるように工夫することです。

当然ですが、表示順位が高ければ高いほど、そのサイトは多くの人達の目に留まって、サイト自体が高く評価されていくことになります。当然ですがアクセスが増えてそこでビジネスを展開ししていけば、収益もアクセスと共に上がっていくようになります。

SEOは検索エンジン最適化とも呼ばれていて、グーグルと検索者の打ち込んだキーワードのマッチングをより高いものより上質のものにしていくことです。

コンテンツSEOもしくは、コンテンツマーケティング

こんな体験をしたことはありませんか?あるキーワードでググってみると、求めていた情報とはかけ離れている情報しか出てこないこと。こんな経験は1度や2度ではないとおもいます。

これはどういうことかというと、まずグーグルは、そのキーワードと関連性の高い情報を提供するシステムはかなり高性能であるということ。これを前提に考えると、質の高い情報がまだまだネット上には不足しているということです。

そしてネット上に情報を公開するということは今のところ規制されていません。誰でもが自由に情報を後悔することができるんですね。これはどういうことか?というと、質の高い情報を公開していくことによって、まだまだ、検索サイトで、上位表示される可能性は充分にあるということです。

つまりチャンスはかなりあるという状態です。ネット上にまだ誰も発信していない情報を提供していくことで上位表示されて、アクセスが上がってい行くことを

コンテンツSEO、またはコンテンツマーケティングと言います。もしこれがうまく行けば、継続的に稼ぐということは難しいことではなくなります。そして、コンテンツマーケティングを実践していくことによって、ネット環境はより高い質になって行きます。

そうすることによって真理性は高くなりより一層多くの人がネットを利用していくようになっていきます。これこそがビジネスの理想ではないでしょうか?そして今はまだコンテンツSEOを実践していくチャンスは存分に残っている状態です。

まとめ

今回は情報商材の特徴とその作り方や売り方をお話してきました。この記事が情報商材に興味を持っている人にとって役に立つことができれば幸いです。最後まで読んでいただいてありがとうございます。