情報商材が気になる!中身をちょっとだけ知りたい!そんな人のために!

情報商材が気になって買おうかどうしようか迷っている人もいると思います。よく情報商材は、詐欺商品と呼ばれることがあるのですがそれは真実でしょうか?今回は私が実際に購入してみた情報商材を実践してみた内容と共に情報商材の中身についてお話していきたいと思っています。この記事が情報商材が気になっている人の役に立つことができれば幸いです。

情報商材とは?

情報商材とは、主にPDFファイル形式で作成された、文字による情報そのものを商品として販売しているものです。動画や、音声も取り入れたりしている情報商材も販売されていますが、それらも基本はほとんどがPDFファイルの形式を取っています。PDFファイルとは、ネットのブラウザに直接アップロードできて、ネット上で直接閲覧できる、非常に便利な形式です。

世の中に出回っているほとんどの情報商材がこの形式を採用しているということは、このように利便性が高いという理由もあるでしょう。

このようにPDFファイル形式で作成された情報商材には、画期的なダイエット方法や、たった1週間でギターが弾けるようになる。これでアフィリエイトのすべてが解る!みたいな商品が販売されています。

これらの情報商材は大きく二つに分けることができます。ひとつは稼ぐ系と言ってネットビジネスや、投資で稼ぎたい人に向けての情報になっています。もう一つは非稼ぐ系で、ダイエットなどの美容系、楽器修得方法、語学の勉強の仕方など、など、です。

情報商材は詐欺と呼ばれたりしているけど?

情報商材は詐欺呼ばわりしている人もかなりいますが、実態はどうなんでしょう?それは情報商材の捉え方と、タイミングにかかっていると考えています。

タイミング

以前アンリミテッドアフィリエイトという超が付くほどのベストセラーの情報商材がありました。その情報商材の内容を実践して、大きく稼いだ人たちも、大勢アンリミは輩出していました。実は私もこの内容を実践して、実際に成果を出したことがあります。この件については後程お話しします。

その当時多くの人たちがアンリミの恩恵を受けていました。受けていました。と過去形にしてあります。どういうことなのかというと、今このアンリミの内容を実践したとしても、おそらく稼げないからです。もしかしたら稼げるかもしれませんが、以前のように大きく稼ぐことはできないはずです。

情報商材にはタイミングが非常に重要なのです。

他にも、アフィリエイトファクトリーは、サイトアフィリエイト言う、ブログではなく、HTMLサイトを作成してそのころ有効だったSEO対策をしながら、物販アフィリをしていくという内容なのですが、この情報商材も多くの人が大きく稼ぐことができていました。

パンダアップデートと、ペンギンアップデートという、グーグルによる対策によって、このアフィリエイトファクトリーで推奨している、SEO対策が通用しなくなってしまったために、突然全く稼げなくなった時期がありました。

今このアフィリエイトファクトリーを実践したとしても、全く稼ぐことはできないはずです。他にも以前は稼げたのに今では通用しなくなった手法を紹介している情報商材には、トレンドアフィリエイトの、下剋上、アフィリエイトを基本から学ぶ、ルレア等があります。

さてこれらの情報商材をかなり高い効果が期待できるときに購入して実践した人と、まったく効果が出なくなってしまった、今購入して実践した人とでは、その情報商材に対する捉え方は全く違ったものになってしまいますよね?

効果のある時に実践した人は、「なんとすごい効果の出る情報商材なんだろう!」という思いですよね。

一方効果が出なくなってしまった、後に購入して実践した人はどうでしょう?「これって詐欺商材じゃない?」と思うことでしょう。

同じ情報商材でもタイミングによってとらえ方が全く逆になってしまいます。

ネットビジネスの歴史はスパムの歴史でもある!

どこかで読んだフレーズなんですが、ネットビジネスの歴史はスパムの歴史でもある!という言葉を見たことがあります。その時は、かなり衝撃が走ったことを今でも思い出します。そしてこれは、私がネットビジネスを運営していくうえでの、ポリシーの一つになりました。

なぜ、こんなことになるのか?を実例を交えながらお話していきます。ネット利用者にとっても、有効だったはずの手法でもある時を境にスパムに変化することを疑似体験できるはずです。

あるユーチューブを利用したネットビジネスの情報商材の内容なのですが、その情報商材で紹介されていた方法で動画を作成して、多くのアクセスを集めます。実際この手法で動画を作成すると、興味が引かれて再生したくなってしまうのです。

これはよく見るユーチューブの画面ですね。この画面上の右端が関連のおすすめ動画です。これは過去の履歴や、嗜好を判断して、表示されるものです。そこにあの情報商材で作成した動画があったとしたら?どうでしょう。巧みに人の興味を引くように制作されているので、多くの人たちは気になってその誘惑に従ってしまうはずです。

そして再生されれば、広告収入等が発生するようになっています。もしくは、その動画からリンクして違うものをセールスすることもできます。とにかく、人の興味を引く動画がおすすめにあるので、気になってそれを再生してしまうんですね。

人の心理を巧みに利用して作られたユーチューブの動画で、ある程度稼ぐことができる人たちが、その情報商材からちらほら出てくるようになりました。

そしてその噂はやがって一気に広まっていくことになります。そしてどうなったのか?というと、表示されるおすすめ動画のほとんどが、その情報商材の手法で作られた動画ばかりになってしまったんですね。この状態はまさにスパムです。本当は見たいとも思っていないのに、おすすめ動画のほとんどが、ある情報商材の手法によってつくられたものばかりなんです。考えただけでゾッとしますね。

情報商材の悲しい宿命

いくら素晴らしい情報商材であったとしても、というより実は、素晴らしい情報商材であればあるほど、情報商材としての価値がある期間は短くなってしまいます。情報商材の質が高くて、実践すれば高い効果が出るとします。当然ですがそんな評判はあっという間に広がって、実践者もあっという間に広がってしまいます。

すると前項でお話しした内容ののことが起こってしまって、スパムとしか思えない状況になってしまうのです。これは情報商材の性質による悲しい宿命です。

情報商材の中身

私が初めて買った情報商材はアンリミテッドアフィリエイト、上限の無いアフィリエイトです。そう思っていました。ところがこのアンリミは初めてではなく、2度目か3度目だったことが後で解りました。

どういうことなのか?というと、私は趣味でバンドをやっているので、もう少し歌が上手くなりたいという思いで、すでに歌が上手くなるための情報商材をこれ以前に買っていたことが解ったのです。

その2度目か3度目に買ったアンリミですが、初めて見たとき正直驚きました。まずはPDFファイルの量の凄まじさです。全部で何ページあるんだろう?と考えるだけで嫌になるくらいの量です。

そして、ネットビジネスどころかネットに初めて触る人でさえも解るんじゃないの?と思うほど親切丁寧にほとんどが図解入りで説明してありました。正直「いいの?こんな値段で?」と思ったほどです。

アンリミはすべてがこれでもかというくらい親切丁寧にほとんどが図解入りで説明されているにもかかわらず、うまく行かないところ、間違ってしまうところ、どこが間違っているのか解らないことがたくさん起こってきて、それを解決するのに1週間かかったりすることもありました。

アンリミのように親切すぎじゃない?と思う情報商材でも、中身を読んで実践しただけでは、間違うことがあるんだと思うようになりました。その間違いを直すため何度も何度も情報商材の中身を読んでいるうちに、間違いに気付いていくようになります。

そして、アンリミで収益が上がる仕組みができたのが作業開始から1か月ほどたってからです。それができたときかなりの達成感がありました。ではどうやってアンリミで収益を上げることができたのかを、簡単に説明しします。

アンリミで扱う商品は、情報商材ですその情報商材をランキング形式で掲載して、そのランキングをクリックするとその商品の詳細がわかるという仕組みをブログ内で作成してアフィリエイトしていくという内容です。

それらをレンタルサーバーを借りて、Wordpressを独自ドメインでネット上にアップして実践していきます。これらの言葉が解らない人にとって、アンリミは役に立つかもしれません。かく言う私も、Wordpress、独自ドメイン、レンタルサーバーはアンリミで知識と技術を手に入れることができました。

アンリミでは、これらのネットビジネスを運営する場合の基礎を今でも習得することはできるでしょうが、成果を出すことは難しいかもしれません。でもその当時まだアンリミの効果が見込めた時代は、本当に至れり尽くせり。これだけでアフィリエイトで最も難しいと言われている、初報酬を出すことはできました。

私も、アフィリエイトでの初報酬は、アンリミの内容で作り上げたブログの仕組みで達成することができました。売れた商品は、やっぱりアンリミでした。

他の情報商材たち

情報商材の中身1

アンリミがすごいボリュームでその当時効果があったことは解った!では、他の情報商材の中身はどうなのか?他の情報商材の中身についても、アンリミほど親切丁寧ではないにしても、かなりのボリュームがあってその情報商材1本あれば、アフィリエイトで成果を出すことはできただろうな?と考えられる商品ばかりです。

私が買った商品がたまたま素晴らしかっただけなのかもしれませんが。

例えばルレアという情報商材の中身を紹介すると、最も稼ぎやすい、楽天アフィリからスタートして、順に成果の高いアフィリに移行していくという内容です。これは、今ではご法度となってしまった、無料ブログを大量に作ってその中からアクセスが来るものを見つけて強化していく。そしてその強化したブログでアフィリエイトしていくという内容です。

今となっては完全なスパム行為なので絶対にこの手法は実践しないようにしましょう。楽天アフィリで、少ない金額でもお金を稼げるという体験をしてから、徐々に報酬の高い、アフィリエイトへと移行していきます。例えばHTMLサイトをオールドドメインで作成して上位表示させることによって、アクセスを上げて、アフィリエイトしていくという内容です。

この手法は今では全く通用しない手法です。グーグルのアルゴリズムは日々進化しているので、小手先のSEOはどれも通用しなくなっていきました。ルレアはその当時効果があったとは思いますが、今使える有効な手段は何一つ紹介されていません。

情報商材の中身2

アフィリエイトファクトリーという情報商材の中身は、サイトアフィリエイトと言って、HTMLサイトを自分で作成して、そのサイトにサテライトサイトと言って自分で作成したサイトからリンクを貼ることによって、SEO効果を高めることによって、アフィリエイトしていくという内容です。

その当時はこのアフィリエイトファクトリーを利用して多くの人たちが大きく稼いでいたのですが、ここで推奨しいている、自作自演のサテライトによりリンクは全く効果が無いどころか、今これを実行すると、グーグルからペナルティーをもらう可能性が十分考えられます。

情報商材の中身3

トレンドアフィリエイトと手法が昔ありました。アイドルのだれだれが脱いだという!短い記事を作成して、誰だかわからない、裸に見える小さい写真をその記事の下に貼り付けておきます。そしてその写真にリンクを仕込んでおいて、そのリンクをクリックすると、楽天のサイトに飛ぶように仕組みを作っておきます。するとどういうことが起こるのか?

楽天アフィリにはクッキーというありがたい制度があって一度誰かのアフィリリンクをクリックすると、そのクリックした人が、別の何かを、1か月以内に楽天で購入した場合、以前に踏んだアフィリリンクの人の成果になるという仕組みです。

つまりこのクッキー効果を狙って、とにかく何でもいいから楽天のサイトに飛ばそうということが目的だったのです。トレンドアフィリエイトは、その時だけ、ある一定の期間だけ大量にアクセスされるキーワードを狙って、記事を書くことによって多くのアクセスを稼ぐという、アフィリエイト手法です。

これは、スパム的要素が非常に高いので、実践するのは避けたほうがいいでしょう。実は、楽天のサイトのリンクではないとわかる画像等で、楽天のサイトへリンクさせることは今では禁止されています。

情報商材の中身と実体

このように情報商材は、タイミングによってその価値は大きく変わってしまいます。これが情報商材の性質で悲しい宿命です。タイミングによっては素晴らしかったはずの情報商材は、詐欺商材と捉えられてしまいます。しかし中身は全く同じものなのです。

もし情報商材をビジネスで扱いたい場合、見極めなければならないことが、タイミングと、実際の効果です。それを試す方法は実際に購入してその内容を実践するほかはありませんね?そして実践してみた結果もし効果があったとしても、その効果が続くとは限らないということを覚悟して取り扱うべきではないでしょうか?

まとめ

今回は情報商材の中身について、記事を書いてみました。この記事が情報商材に興味を持っている人にとって役に立てれば幸いです。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事も読んでみてください

情報商材を使ってブログでアフィリエイトをする場合その始め方は?

 

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。