情報商材を買うときそして売る時の選び方そのたった2つのポイント

気になる情報商材があるけど買うべきか?売りたい情報商材もあるけど売るべきなのか?情報商材はこれを判断するのがかなり難しい商品だと言えます。どうしても気になっている情報商材がある場合、それは結果がどうあれ買っても損はしないでしょう。でも絶対欲しいとまで行かない情報商材はどうすればいいのか?今回は情報商材を選ぶ時のポイントを記事にしてみました。この記事が少しでもお役に立つことができれば幸いです。

情報商材とは

情報商材とはその名の通り、情報そのものを商品として売っているものです。その情報のほとんどはテキスト(文字)をPDFファイル形式して販売されています。PDFファイルはネットのブラウザで直接見ることができて非常に便利な形式です。

そしてその情報商材はその多くが情報商材の専門サイトであるインフォトップで購入することができます。インフォトップには日本で販売されているであろう情報商材のほとんどを手にれることができて、欲しいと考えている情報商材はほぼ見つけることができるはずです。

情報商材の種類

情報商材には大きく分けて、2つの種類に分類できます。ひとつは、稼ぐ系そして、もう一つは、非稼ぐ系です。稼ぐ系は、ネットビジネスで儲ける方法や、FXの投資で勝つ方法などがあります。

そして非稼ぐ系では、ダイエットやバストアップなどの美容系、そして語学の上達する方法等実用系、そして、ギターがうまくなるなど趣味系のものがあってそれこそ多種多様です。

この記事では、その中でも稼ぐ系にスポットを当ててお話していきたいと思います。

情報商材の選び方見極めるポイントとは?

情報商材を選ぶ時に重要なポイントのひとつ目は、その情報商材の旬です。旬つまりタイミングですね?この旬を逃すと、いくら効果がある情報商材だったとしても、その効果を発揮することはできないでしょう。

旬を見極める判断基準

では情報商材の旬を見極めるには、どこを見て判断すればいいのか?どんな情報商材の選び方の基準をこれからお話していきます。ひとつ目の判断基準は、その情報商材が売れている本数です。そして人気ですね。インフォトップには情報商材がカテゴリ別に分かれていて、

上図は、インフォトップのTOP画面です。その上の方にカテゴリタブがあってそのカテゴリタブをクリックするとそのカテゴリの情報商材が表示されるようになっています。上図の赤丸で囲った部分がインフォトップで扱っている稼ぐ系です。そこをクリックすると、

このような画像が表示されます。

稼ぐ系の情報商材がインフォトップの画面に表示されます。そして右端の方に一緒に売れ筋ランキングが表示されています。赤丸で囲った部分がインフォトップで人気商材のランキングです。特にここに注目しましょう。もしあなたが欲しいと考えている情報商材がここに表示されていたら、その情報商材を購入することはやめておきましょう。

「えっ?」と思うかもしれませんが、ここのランキングに表示された情報商材に手を出すと、まずほとんどが後悔することになります。

こう思うかもしれません。「効果が高くて多くの人が実践して結果が出たから人気が出て、ランキングの順位が高くなったんじゃないの?」と、それならこの情報商材を買うべきじゃないのか?と思ってしまいますが、効果が高かったから人気が出たのはたぶん事実だと思います。ところが情報商材にある特有の性質がそれを阻むことになるからです。

それは情報商材は優秀であればあるほど、そしてそれが、ゆえに売れれば売れるほどその効果は薄れていって、あるポイントを過ぎると、まったく効果が出なくなってしまいます。

なぜ情報商材は売れれば売れるほど効果が無くなってしまうのか?

例えばユーチューバーが作った動画があったとします。それは多くの人にとって興味を引くポイントをうまく利用してある動画だとします。違う動画を見ようと思っていたのに、ユーチューブのおすすめ動画の中にそんな動画があったらどうするでしょうか?

※おすすめ動画とは、下図の赤い資格の枠で囲った部分です。

おすすめ動画にそんな動画があったとしたら、私なら目的の動画を後回しにして、その興味を引く動画をクリックしてしまうますね。実はそのような動画を作ってユーチューブにアップする手法の情報商材が過去にありました。そして確かにそこで解説してある方法で、動画を作ったら、多くの人の興味を引くだろうと思うし実際、多くの人の興味を引きました。じゃあそれは優秀情報商材じゃないの?と思うかもしれません。

でも、こんな動画がおすすめ画面のほとんどをうめ尽くしていたとしたらどうでしょうか?その中の一つでさえクリックするでしょうか?おそらくこう思うでしょう「またこの動画か?もううんざりだな!」と。いくら人の興味を引く動画があったとしてもそれが増えてあふれかえってしまうと、その効果は極端に落ちて、しまいにはなくなってしまいます。

その情報商材は超優秀すぎました。優秀すぎた故に、数多く売れたために常にランキング上位にあって、そのためにまた売れ行きは伸びてかなり長期間の間1位をキープしてどんどんその情報商材は売れていって、そのノウハウで作成された動画でユーチューブのおすすめ画面は埋め尽くされてしまうことになります。そしてどうなったのか?当然ですがこんな状況になってしまうと、高い効果があったとしてもその効果は完全に失ってしまいます。

するとそんな噂は一気に広まって、飛ぶように売れていた情報商材は、まったく売れなくなってしまいます。

これが情報商材が持っている悲しい宿命です。この宿命があるから、ランキングに表示されている情報商材は避けるべきなのです。

情報商材の選び方もう一つのポイント

もう一つのポイントもこの情報商材の旬を見極める方法です。以前こんな手法が流行っていて、その手法にはかなりの効果が出ていて、過去に多くの人が多くの金額を稼いでいたことがあります。この手法とは、自作自演のSEOです。SEOとは、 Search Engine Optimization、検索エンジン最適化と言われていますが、何のことかわからない人もいると思います。

かんたんに言うと、Googleなどの検索画面で上位に表示させる方法です。な上位に表示させるのかというと、上位に表示するとそれだけサイトへのアクセスが増えるからです。いうまでもありませんが、アクセスが増えるとその分売り上げも増えるからですね。

自作自演のSEOとは、自分で作ったサイトに自分の作ったサイトにリンクをしてSEO効果を高めるという手法です。この手法はサテライト(衛星)と呼ばれていて、メインサイトに衛星サイトをいくつか作って、それをメインサイトへリンクすることによって、SEOを強化するというものです。

まだグーグルのアルゴリズムが発達していないころは、多くのリンクを持っているサイトはそれだけ優秀だという判断をグーグルはしていた時期があります。これを利用して生み出された手法がこのサテライトのSEOです。

この方法ですが今実践したとすれば効果が出るどころか、Googleからペナルティーが来て、まったくアクセスがそのサイトに来ないということが起こってしまう可能性があります。

以前はかなり効果が高かったのに、今では全く効果が出ないということはネットビジネスではかなり頻繁に起こることです。情報商材はそれがいつ発行されたものなのか?というデータはかなり重要なのです。

情報商材の宿命から解放される唯一の方法

情報商材には興味があったけど、情報商材の宿命を体験したくない!せっかくビジネスをやるんなら、それがベースとなって発展していくようにしたい!と考える人もいるでしょう?ネットビジネスでそんなことは可能なのでしょうか?

それはまだ可能です。これにも乗り遅れると、間に合わない場合がありますが、そこに間に合うことができると、ネットビジネスであっても、普遍的でそれをベースに発展させて行ける方法はあります。それはコンテンツマーケティングとかコンテンツSEOと呼ばれている手法です。

コンテンツSEOとは?

こんなこと体験したことはありませんか?何かを調べたくてあるキーワードを検索窓に入れて画面に表示された一位のサイトに行ってみると、まったく調べたい内容の情報じゃなかった!ということが、これ何のことが書いてあるの?と思うことは一度や二度ではないのではなのではないでしょうか?

これはどういう状況かというと、まだまだネット上には優秀なコンテンツが不足しているということです。調べたいキーワードで、ドンピシャの情報より、「なにこれ!」という情報のほうがまだまだ多いということです。

ではどうすればいいのか?この「なにこれ!」というキーワードをひとつずつメモをしておいてそのキーワードの情報を自分自身で書いて、ブログにアップしていけば、その「なにこれ!」という情報よりも多くの人たちの約に立つはずです。そしてその情報は将来必ず上位表示されていきます。

これがコンテンツSEOです。そうすることによってあなたが作るサイトは徐々にアクセス数が増えていって、やがて大量のアクセスがやってくるはずです。そのアクセスにもっと素晴らしい情報を提供したり、その人が興味を持っている広告を貼ることによってキャッシュポイントが生まれてやがて成果が出てくるようになります。

コンテンツSEOはwinwin

コンテンツSEOはビジネスの理想であるwinwinの本質を持っています。どういうことなのか?それは多くの人たちに満足をもたらすからです。まずネット利用者にとってあるキーワードで検索したら、調べたい情報のそのものがあった、調べたいことはこれだったんだ!という満足かっが出て、「やっぱりGoogleは頼れるな!」と思うはずです。当然ですがグーグルは多くの人に信頼されて、必要な情報を提供できるようになります。

そしてコンテンツSEOの実践者はその両方に貢献しながらお金を稼ぐことができるのです。多くの人に感謝されながら、ビジネスが実践できるなんてすごく幸せですよね。

まとめ

今回の記事では情報商材なる悲しい宿命があるゆえに出てくるポイントを踏まえた情報商材の選び方をお話してきました。この記事がお役に立つことを願っています。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

この記事も読んでみてください。

情報商材を使ってブログでアフィリエイトをする場合その始め方は?

 

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。