20代でアーリーリタイア するための2つの選択

アーリーリタイアを視野に入れている人は、ふたつのタイプがあると思います。ひとつ目は、仕事がうまく行って資金ができて、気が付くとアーリーリタイアできる状況になっていたので、なんとなく意識がアーリーリタイアに向いていった。というタイプ。もうひとつは、会社や仕事に大切な時間を束縛されたなくない!「自分の自由な意思で時間を使いたい!」というタイプ。

この記事ではアーリーリタイアを望んでいる20代の人に有益になるような情報を紹介していこうと思っています。この記事がアーリーリタイアやを考えている20代の人たちにとって、参考になることがあれば幸いです。

アーリーリタイアとは?

アーリーリタイアとは?何でしょう?誰でも知っているとは思いますが、もう一度その意味を考えてみましょう。そうすることであなたは、アーリーリタイあを本当に望んでいるのか?どうかが見えてくるかもしれません。

アーリーリタイアとは?その名の通り、早期退職することです。少しずつ薄れてきている感はありますが、日本には定年退職という制度があって、多くの人は、大人になると、社会に貢献するためその一員として、会社で働いたり自分自身で仕事を営んで、行きます。

60前後に定年退職という制度がほとんどの企業に設定されているため、その設定された年齢を迎えると、長年貢献してきた会社を去らなければなりません。

これが通常の退職ですが、この定年退職を迎える前に、自らの意思で会社をもしくは仕事を辞めることがアーリーリタイアです。

アーリーリタイア、あるからタイプと欲しいタイプ

アーリーリタイアを意識する人はふたつのタイプがあると思います。ひとつは状況がそろったので、「あれ!アーリーリタイアできるじゃん」と思ってアーリーリタイアが気になってくるタイプ。

もう一つは、自分で自分の時間を自由に使いたいから、アーリーリタイアを望むタイプ。同じアーリーリタイアでも、この二つのタイプは全くアーリーリタイアの意味が違ってきます。

あるからタイプ

あるからタイプの場合、ある程度の収入があって、貯蓄も増えて、気付いたら、退職したとしても、仕事を辞めても、暮らして行けんじゃない?という感じですね。条件がそろったのでアーリーリタイアという選択肢が、急に追加されたので、それが気になり始めるんですね。

このタイプの人は、ほとんどが会社員でありながら、高所得者で、ある程度の貯蓄がある人です。つまり会社でその力が認められて、そこで十分力が発揮できたという結果の表れでもあると思います。

何が言いたいのか?というと、アーリーリタイアができる条件をそろえることができた、環境が自分に合っていた、好きだった、自分の力を発揮できる場所であった、ということではないでしょうか?つまりそこにいると、不満はないというより、力が評価されて、必要とされているということですね?そんな状態なので「居心地がいい!」という状況です!

だからこんな悩みが出てきます

あるからタイプは、今の環境が居心地がいいので、アーリーリタイアについて、悩みが出てきます。どんな悩みなのか?それは、アーリーリタイアが出来るんだけど、するべきなのか?どうなのか?つまり必要に迫られていないし、アーリーリタイアへの動機がはっきりしないタイプですね。

矢沢永吉の言葉

このあるからタイプの人がアーリーリタイアで悩み始めた場合、ある程度指針になるのではと思ったので、あの偉大なミュージシャン、矢沢永吉の言葉を、紹介しておきます。

「何もしなくてもいい日が続くとと1か月もすると飽きてくる。自分の仕事がしたくてしたくてしょうがなくなってくるもんだ!」という言葉を偶然何かのテレビ番組で聞いたことがあります。

永ちゃんの場合、仕事と言っても作曲や、歌を歌うことで、少し社会人とは意味合いが違うかもしれませんが、この言葉の意味を考えると、自分と仕事のかかわり方を考えさせられますね?

もう一つのタイプ

もう一つのアーリーリタイアを視野に入れるタイプは欲しいからタイプです。このタイプは若い人に多いと思います。特に20代がそのほとんどの割合を占めているのでは荷でしょうか?

このタイプはあるからタイプとは違ってアリーリタイアの条件はほぼありません。無理にアーリーリタイアをすれば、住むところも無くなって食べるものも手に入れることができなくなってしまうでしょう?とりあえず今の社会のシステムでは生きていくのが難しくなってしまいます。ということで、アーリーリタイヤをしたいけど、できないから生活するために仕方なく、仕事をしているという状態ですね。

このタイプはなぜアーリーリタイアをしたいのかという動機がかなり明確ですね。

  • 「何かやりたいことがある!」
  • 「貴重な時間を自分のために使いたい」
  • 「体験や経験を広げたい」
  • 「もっと自由な選択肢が欲しい」

挙げればきりがありませんが。

とにかく動機がはっきりしていて、それを欲しているそのためにどうしてもアーリーリタイアが必要だと感じているタイプです。

人が行動するとき

急で申し訳ないのですが、人が成功できない原因を知っているでしょうか?それは、行動しないことです。知っている人もいるでしょうし、当然なのですが、この行動に対してもう一度掘り下げてみましょう。

人は目標を達成することが、かなり苦手なようです。思い返すと、必ずひとつやふたつ心当たりがあると思います。

  • ギターを始めた!
  • ダイエットを始めた!
  • 英会話を始めた!
  • 瞑想を始めた!
  • 日記を始めた!

こんな経験ありますよね?そしてこの始めたことを継続できたという人はどれくらいいるでしょうか?何かを始めて結果が出たこともあるかもしれませんが、別の何かで継続できなかったことって経験していると思います。

人は何か目標を決めても行動しない!というより行動しなくてもいいと考えてしまうんですね。なぜか?それは一番に不満が無いからです。人は今の状況が満たされていると、行動への欲求が極端に下がってしまいます。

人はどんな時に行動をするのか?それは苦痛から逃れたい場合です。イメージしてみてください。これは別の記事にも書いたことがあるのですが、もしあなたが熱湯風呂に浸かったとします。熱湯と言っても、100度だと、やけどをしたり生命に危険が及ぶので、人間が耐えられるかどうかの

熱湯と言っても、55度ぐらいのお湯にしておきましょう。これくらいの温度のお湯でも人間は熱湯と感じてしまうほど、耐えられない温度です。その熱湯と感じるお湯に浸かったとします。あなたならどうするでしょう。

どんなにやりたいことがあったとしても、一番優先されるのは、そこから逃れることで、ほとんど無意識のうちにそこから出る!という行動を起こすはずです。その行動を後回しにする人はゼロに近いはずです。

この例でも分かる通り人は苦痛から逃れるためには必ず行動をします。後回しにするとか、行動するのが面倒くさいということは絶対にありません。間違いなく100%行動しますね。

してもいいんだけど!と、そこから逃れたい!

アーリーリタイアを行動として考えてみましょう。あるからタイプの場合は、してもいいんだけどというタイプですね。アーリーリタイアという行動をしてもいいんだけど、という状況で捉えています。つまりアーリーリタイアは別にしなくてもいいという状況です。

もう一つ重要なことを、この場合は考える必要があると思います。それは、アリーリタイアという行動を取った場合、今の状況を失ってしまうということをです。

今の仕事の環境、仕事での立場と、人間関係、通勤等に使っている時間、昼食等を利用している飲食店等。挙げればきりがないのですが、とにかく、あるからタイプが、アーリーリタイアという行動を選択した場合、それら今ある会社や仕事の環境がすべてなくなってしまうということです。

もしあなたが会社の重役だった場合、その立場も失ってしまって、いわゆるただの人になることもあります。あるからタイプでアーリーリタイアを考えている場合、はこの部分を十分考えてから答えを出しても遅くはないと思います。

今持っている環境より、アーリーリタイアのほうが魅力的だと考えた場合はその行動を選択してもいいでしょう。もう一つ言うと、その環境が好きだからこそ、おそらくはその状況、つまりアーリーリタイアが可能な状態になったはずです。

ここで私の個人的な意見をあえて言わせてもらいます。私がおそらくこのあるからタイプの場合、アーリーリタイアを選択することはしないでしょう。

どうしてもやりたいという強い動機が無いし、会社の環境に不満がないどころか、おそらくは、会社にとって必要とされていて、人間関係も良好なはずだと思います。その状態を築き上げるための努力もしてきていると思います。

そんな環境を、ただ可能性もあるという状態だからと言いて捨てる勇気は私には無いですね。これは、あくまでも私個人の意見です。

そこから逃れたい

一方そこから逃れたい(ほしい)タイプ、会社に1分でも束縛されるのがもったいない!1分でも会社にいることが苦痛だという人は、そのためのつまりアーリーリタイアのために今すぐ行動するべきだと思います。

と言っても、あるからタイプのように、アーリーリタイアが今すぐできるわけでもないので、「それなら今すぐアーリーリタイアしよう!」と思ったとしても、住むところや食べるものを失ってしまって、生きることさえ難しくなってしまいます。

また私の個人的な意見ですが、この底から逃れたいタイプの人こそアーリーリタイアを選択すべきだと思っています。必要に迫られた、苦痛から逃れたい、自分のやりたいことのために時間を使いたいという明確な動機を持った人こそがアーリーリタイアをやるべきではないでしょうか?

ではどうすればいいのか?

20代とかの若い世代にに多いと思うのですが、欲しいタイプの人の場合、あるからタイプとは違って、アーリーリタイアの条件がそろっていません。まずはそれを確保する必要があります。もしそこへの苦痛が強ければ強いほどそこへの行動力は高くなるはずです。まず会社で働くことの苦痛はどれくらいなのか?を考えてみましょう。

死ぬほど嫌だ!と思えたらあなたは今すぐにでもアーリーリタイアをための準備をすべきですし、おそらくそのための行動力はかなり高くなるはずです。つまりアリーリタイヤの成功の確率が高くなるというわけです。

ではアーリーリタイヤをすると決めた場合、まずやるべきことはお金の確保ですね。アーリーリタイアなのですから働かないで、お金が入ってくる道、もしくは一生働かなくてもいいほどの金額を手に入れる必要があります。この場合宝くじが当たるか、誰かから資産を引き継ぐ、投資が成功したという特殊な例がないと難しいでしょう。

可能性の高いのは、働かなくてもお金が入ってくる方法を作り出すこと、いわゆる不労所得とか、権利収入と呼ばれている実際の労働を伴わない収入を作り出すことです。この不労所得を作り出すことができれば、アーリーリタイアは夢ではなくなりますね。

アリーリタイアを可能にするふたつの方法

20代とか若い世代でアリーリタイアを考えた場合、貯蓄がない場合がほとんどでしょう。もしあったとしても死ぬまで暮らせる貯蓄を持っている20代なんてほとんどいませんね。

ではどうすればいいのか?それは不労所得を狙うことです。不労所得をのシステムを作り上げさえすれば、確実にアーリーリタイアできますね。

今誰でもが簡単に参加できる不労所得が狙えるビジネスは2種類あります。それはネットビジネスと、ネットワークビジネスです。ネットビジネスは今かなり人気が高くて、数百万人の人がこのビジネスに参加しています。それだけ可能性が高いし、誰にでも稼ぐチャンスがあるという証明でもあるでしょうでも実際に稼ぎだすことができる人は、ネットビジネスに参加しているほんの一握りの人だけです。

なぜ稼げないのか?そんなに稼げないのに、本当にアーリーリタイアができるほど稼げるようになるのか?ネットビジネスは実は誰にでもアーリーリタイヤを可能にしてくれるほどのチャンスを持っています。

なぜ多くの人は結果を出せないままネットビジネスの世界から去っていってしまうのか?それは、ほとんどがネットビジネスへの取り組み方が原因です。取り組み方が間違っているからです。

取り組み方のどこが間違っているのでしょう?それはネットビジネスは誰でもが実践さえすれば、簡単に結果が出ると思っていることです。なぜか多くの人たちが、ネットビジネスに対して、なぜかこんな思い違いをしています。

これが事実だと違うということを意識するだけで、ネットビジネスで結果を出すということがかなり確率の高いものになります。

20代の人たちがネットビジネスで結果を出すためには、まずこの認識を捨てて、新たな認識をインプットしておきましょう。それは、入念にじっくり時間をかけて、丁寧にそして確実に、ネットビジネスに取り組む。という姿勢です。

結果を急がないで始めたらとにかく継続していくというスタンスで実践していけば、ネットビジネスは誰でもが結果を出すことができるようになります。

その初めの第一歩はブログを始めることです。詳しくはこちらに書いてあるので、もっと知りたいと思う方はこちらをどうぞ!

ブログを使って週末起業がしたい!確実に結果を出すための3つの秘策

本当に、これだけ?主婦がネットで稼ぐ方法ブログ編

とにかく高い志を持って、自分が持っていることを出し切る思いでネットビジネスに取り組んでいけば、その思いで書いた記事を必要とする人が表れてきます。そしてそれを少しずつ繰り返していけばやがて大きなアクセスがブログに集まってきて、そのブログがきっかえで不労所得を生む出すことが可能になって来るでしょう。

意識することは簡単にはネットビジネスでは結果が出ることはない!ということです。じっくり時間をかけて取り組む必要があるということを意識してネットビジネスに取り組んでいけば、結果が出る可能性はかなり高くなります。

20代の人がアーリーリタイアを考えた場合、一番の勧めはこのネットビジネスに取り組むことです。

もうひとつの可能性

もう一つの可能性は、登場してからもうすでに30年以上になる、ネットワークビジネスに参加して、そこで功績を上げていくことです。このネットワークビジネスで成果を出していくことは、正直かなり厳しい状況と言えるでしょう。

ネットワークビジネスと言えば権利収入と言われるほど、、これで成功することができれば時間のすべてはあなたのものです。今すぐにでもアリーリタイアは可能になるはずですし。

ネットワークビジネスは成功した場合大きな金額を定期的にもらえるという魅力がある反面、実践していくには困難な部分がかなりあります。

まずは、人の反応です。ネットワークビジネスというのは、自分以外の人に紹介して、同じビジネスに参加してもらうという作業が欠かせません。人に知らせて、その人が参加する。

そしてまた参加した人が他の人にビジネスを紹介するということを繰り返いしていきます。そしてあなたから紹介して始まった人の参加者がどんどん増えていって、その増えた人数とそこでの商品の流通の金額に応じて、報酬金額が設定されるというシステムになっています。

このイメージをわかりやすくするために、電卓を持ってきてみてください。その電卓に1という数字を入れて、その数字に2をかけてイコールを押してみてください。そしその答えにまた2をかけてみてください。そしてまた2をかけてみてください。

おそらく途中からすごい数字になっていくはずです。これがネットワークビジネスで成功できる理由です。ネットワークビジネスは、やり始めは本当に人は増えていくの?と思うほど少ない人数がある時を境に、急激に増え始めます。ここまでできるとネットワークビジネスは大成功です。

という理想ですが実際にネットワークビジネスをやってみると、この理想に行きつくまでにかなりの困難が待ち受けています。まず人にネットワークビジネスの話をするだけで、かなり迷惑がられるということ。そして、場合によっては友情に亀裂が入ることもあります。

そして、逆にそんなビジネスは、やめたほうがいいよ!と説得されるときもあります。人に紹介して、参加してもらって、権利収入を掴もうとしていても、それに承諾してもらえる人を見つけることはかなり難しいでしょう。

実際ネットワークビジネスに参加して、一人も紹介できないままやめていってしまう人がほとんどなのです。そして、もし仮に会員になってまらったとしても、その人がビジネスでうまく行かなかったとしたら、簡単にあっさりやめていってしまいます。

かなりの時間を投資て、やっとつかみ取った人が簡単にあっさりやめていってしまうということはネットワークビジネスでは日常茶飯事なのです。こんな困難を乗り越えてこそ魅力的な権利収入を受け取ることができるようになります。

相当精神力が強い人ならやってもいいでしょうし、挑戦し甲斐もあるでしょうが、中途半端な気持ちでネットワークビジネスに参加して権利収入を掴もうとすると、かなり精神的なダメージを受けることを覚悟しいたほうがいいでしょう。

やはりおすすめは、地道に、ブログを書いていって、アドセンス広告を貼ったり、楽天アフィリを利用したりして、ネットビジネスを運営していくことが得策でしょう。それを続けていけば、いずれアーリーリタイアも見えてくるはずです。

これなら例え20代でもアーリーリタイアは可能になるでしょう。

そのためには、ネット利用者を最優先してその利用者が十分すぎるほど満足するような情報をどんどん惜しみなく提供していくことです。そしてその探求をやめないこと。

まとめ

20代の人が、今の生活に苦痛を感じていて、今すぐにでもアーリーリタイアを強く望んでいるなら、この記事で書いたように、ブログを運営してとにかく質の高い記事をどんどん提供していくこと。

そうしていけばその記事の情報を欲しい人たちが表れてきて、ブログから収益が発生していくことになるでしょう。この記事が20代でアーリーリタイアをしたいと考えている人たちの役に立つことができれば幸いです。