情報商材の超簡単な 作り方 pdf テンプレートはどうなの?

情報商材を作ってそれを販売することができれば、稼ぎを大きく拡大することができます。情報商材のほとんどは、pdf形式で作られています。情報商材をpdf形式で作る場合そのテンプレートや、具体的な作り方はあるのでしょうか?そしてその効果はどうなのでしょう?

情報商材とは

情報商材とは主にネット上で販売されている、情報そのもののことです。情報自体に価値を持たせて、その情報に価値を感じた人がその情報を代金を支払って購入することによって、情報商材は成り立っています。

情報商材の種類

情報商材にはいくつかの種類があります。大きく分けると、ビジネスの実践方法などを紹介した稼ぐ系、ピアノや歌、ゴルフがたった○○でうまくなる方法といった趣味系、そして、ダイエットや、バストアップの方法を紹介した、美容系、この3つが情報商材の代表的な種類だと言えます。

プロとアマチュアの違い

情報商材の作り方考える前に、抑えておきたいポイントがあります。それは、プロとアマチュアの違いです。プロはなぜ人を魅了することができるのか?そして、人から尊敬されるのか?pdfやテンプレートといったスタイルやツールの前にそこを探求していけば、情報商材の真の価値が見えてくるではないでしょうか?

pdfやテンプレートといったすたいスタイルやツールを意識しなくても、高い価値の情報商材を作り出すために、必要なことはプロとアマチュアの違いに目を無得るべきだと考えています。

例えば野球選手の場合、プロとアマチュアでは何が違うのでしょう?なぜプロは野球でお金を稼ぐことができるのか?アマチュアが一生懸命頑張って、プレーしてもお金が稼げないのはなぜなのか?

そこの違いに情報商材の秘密が隠されていると考えています。その違いを探り出すことができれば、情報商材を発行して稼ぎを作り出すことは難しくはないでしょう。

時間

まずプロとアマチュアの圧倒的な違いを、分かりやすいところから、探っていきましょう。まず一つ目はそこにかける時間です。プロはそこにかける時間がアマチュアとは圧倒的に違います。それこそ一日24時間そのことばかりを考えていて、時間があれば、少しでも向上するために努力を惜しんだりはしません。

四六時中そのための行動をしています。

一方アマチュアはどうでしょう?アマチュアの場合、いくらそれを好きだとしても、そこに時間を投入したいと思ったとしても、そこには限界があります。プロのように四六時中そこへ時間を投入するということは不可能ですね。

アマチュアの場合、他に仕事を持っているから、そのことだけに時間を使うということは許されないからです。例えばあなたが、自動車販売店のセールスマンだとしましょう。あなたは野球が好きでアマチュアとして野球をプレーしている場合、一日の時間のすべてをその野球に使うことはできないし、それは許されません。

自動車のセールスマンがまず第一にすべきことは、自動車の販売台数を上がることです。

  • プロはそこに1日のすべてをかけることができる。そして一流と呼ばれているプロたちは、自主的にそこへの時間の投資を惜しまない。
  • アマチュアは、一日のほとんどを自由にそこへ投資することが自らの意志ではできない。一日の時間というより、多くても1週間で数時間というレベルが普通です。厳密に言うとアマチュアはそこに時間を投資したくてもできない状況だということです。

経験

プロのほとんどは、そこへの経験が多くそして長いと言えます。超人的なことを軽々やっているようなことは、長い経験と、その過程にな必ずある、数多い困難や問題を乗り越えてきた結果です。今更私が言うまでもないですね?時間と重なる部分も多いですが、経験こそがプロとしての証といえるのではないでしょうか?

当然ですが経験の質の高さは、時間の量にほとんど比例します。圧倒的な経験の量によってプロの超人的な技術は成り立っています。その経験の量によって鮮やかすぎる振る舞いに多くの人たちは魅了されてしまうのですね。

何度もこのブログで書いてきていますが、イチローの言葉を紹介したいと思います。コツコツやることだけが、誰もたどり着けないところへ行くための唯一の方法。

小さい経験を信じられないほどの量経験することによって、プロの超絶的な技法は成り立っているというプロとしての生の声で、これこそが真実だということが伝わってきますね。説得力がありすぎます。

この経験だけをpdfスタイルにまとめて、有料で配信していけば、情報商材としての価値は高くなるし、多くの人たちが欲しがる情報商材になるはずです。

出会い

実はこのプロの人たちは、私個人的には、超幸せだと思っています。なぜ幸せなのか?それは時間のすべてを投資してもいいということに出会えたからです。

そして偉大なほとんどのプロの方たちは、幼いころにそれに出会っています。いわゆる運命的な出会いをしています。イチローも幼いころから野球に出会いました。キーシンというピアニストは幼少のころからピアノの英才教育を受けています。そしてプロ活動も幼いころから開始しています。

プロの人たちは、まだ人生経験がほとんど無いころに、人生を掛けるものに出会えています。そしてそれにだった瞬間に、これこそ人生を掛けることだという判断ができているのです。これって超ラッキーだと思いませんか?私はうらやましいと思ってしまいます。

まあ、こう思うことが凡人の証明なんでしょうね?

なぜ、うらやましいと思うのか?例えば、ピアニストのエフゲニーキーシンが2歳でピアノに出会うことがなく、20歳を超えてから出会っていたらどうでしょう?

イチローも少年のころでなく、社会人になってから野球に出会っていたらどうでしょう?偉大なプロの方たちは、幼少のころに運命的な出会いををしているという事実が無ければ、おそらくプロとしての活動はなかったはずです。

意識

RCカーの広坂正美氏は、7歳のころレースに出場してこれだ!と思ったそうです。7歳の時に人生を掛けるものを見つけられることもすごいですが、それに出会ってこれこそ人生をけることだと判断できることはすごいですね。

その広坂正美氏はそれ以来、RCカーで速くなるためなら、あらゆることを取り入れて実践していたそうです。瞑想をしたり呼吸法、世界戦で必要な英会話、心理学、レースで勝つために利用できそうなありとあらゆることを、とにかく取り入れて実践していました。

とにかく時間のすべてをそこに投資し続けてきた結果がリビングレジェンドと言われて多くの人たちから称えられることになったのでしょう。

あまり知られていませんが、偉業を成し遂げた日本人の一人です。

プロの意識があれば情報商材は成功できる

ここまでなぜプロについて書いてきたのか?それは、情報商材はプロの目線があれば成功できるからです。情報商材とはその道のプロが本来作成すべきものではないでしょうか?情報商材作り方を考える必要もなく、プロにはすでに情報商材を発行する能力があるということです。

プロは情報商材を意識的に作ろうとしなくても、すでに自分の中に、蓄積されている知識や経験を出すだけで、多くの人にとって役に立つ、そして多くの人が喉から手が出るほど欲しい情報が自然に湧き出てくるのではないでしょう

情報商材の価値は、知識と経験、意識の高さ、そこから発生する応用力の結果です。そしてそこから生まれた情報商材は、多くの人が手に入れたいと思う情報に満ち溢れているはずです。そして時代の流れに色あせることのない、真の情報を多くの人に与え続けていくことでしょう。

テンプレートや作り方

もしかなり優秀な人が情報商材のテンプレートや作り方を具現化したとしても、それを使用て作成された情報商材には魅力もないし、人はそれに価値を感じないはずです。情報商材は、作り方がわかるだけでは、価値が出てくることはないでしょう。ましてテンプレートがあったとしてもそこに入れる情報が、プロの経験によって得られたものなのか?素人目線なのかで全く価値は変わってしまいます。

まとめ

情報商材を作る場合重要なのは、テンプレート作り方ではなく、情報商材製作者つまりインフォプレナーのたどってきた経験と知識、そこに対する意識の高さです。これさえあれば、特別に情報商材を作ろうとしなくても、

自然に優秀で不変とさえ感じられる、情報商材は生まれてくるでしょう。

この記事も読んでみてください⇒ネットビジネス起業で中高年が成果を出しにくい5つの理由