ネットビジネス起業で選ぶべき種類と、失敗しないための7つの方法

今ネットビジネスでの起業を夢見て、多くの人たちがネットビジネス界に参入してきています。でも実際に成果が出る人は、その中のほんの一握りです。その確率はたったの5%だと言われています。

なぜ、多くの人たちがネットビジネスで稼ぐことができないのか?それは、ネットビジネスの選ぶべき種類と、実践方法が間違っているからです。ネットビジネスで失敗を回避するために何をすべきなのか?

 

ネットビジネスの起業で多くの人たちが稼げない理由

ネットビジネスは今かなり人気が高くて、参戦者の数は年々増加しています。ネットビジネス起業の種類で一番人気の高いアフィリエイトの実践者の人数はなんと400万人です。そして、過去に例がないほど多くの人たちが起業をしている状態です。なぜこんなにも多くの人たちが、起業を目指しているのか?それは、ネットビジネスの特徴の一つが非常に魅力的だからです。

起業するうえで、魅力的な特徴とは、リスクの低さです。実店舗を持たなくても、起業できるネットビジネスは、もし仮に失敗したとしても、損害額は、実店舗を持つビジネスに比べると、非常に低いと言えます。失敗した場合の損害額を限りなくゼロに近いと言えるでしょう。

400万人という数字を見ても、どんな状態なのかイマイチピンと来ないかもしれません。ここで、この人数の凄さを理解するために、本のベストセラーの状況を例えに使ってみます。

本の売り上げは100万部あれば、ベストセラーと言われています。でも実際には本の売り上げは年々落ち込んでいて、ベストセラーになるのは厳しい状況です。この100万部のベストセラーはどんな状況になるのか?そこを理解できれば、アフィリエイトの参戦者数400万人がどういう状態なのかが把握できると思います。

本が100万部売れるとどんな状況になるのか?それは、その本のことについての知り合いから話しを振られます。書店に行けば一番目の付くところに平積みという状態で、陳列されています。そうなると、その状況自体が宣伝効果となって、ドンドン売り上げは伸びていきます。

そして、その状況は一段と拡大され、また売り上げもドンドン上がっていきます。スパイラルが起こり始め、社会現象になることもしばしばあるほどです。五体不満足や、血液型の本、B型のトリセツがこれにあたります。多くの人が記憶に残っているのではないでしょうか?

ここまで話してきたのは、商品が100万を超える状況です。ネットビジネスでの参戦者の場合は、ビジネスを実践している人自体が400万人なのです。どういうことなのか?それは、また本に例えると、書店自体の数が400万件ある状態と同じだということです。

ということは、たとえ本がベストセラーになったとしても、書店レベルでは平均1冊しか売れないことになります。ベストセラーでさえ、1冊しか売れない状況です。ということは、ほかの本にいたっては、ほとんど売れないという状況が当たり前になってしまうのです。これではビジネスとしては通用しませんね?

ビジネスは需要と供給のバランスが重要です。需要が高くて、供給が低ければ、ビジネスは大成功です。逆に需要が低くて供給ばかりが高いとビジネスは成立できません。

400万人実践者がいるアフィリエイトで稼ぐことは、実はかなり厳しい状況と言えます。でも正しい知識を持って、慎重にネットビジネスの種類を選んで、実践方法が間違いなければ、ネットビジネスで稼ぐことは充分可能です。

ネットビジネスの種類と成果が出るビジネスの見つけ方

ネットビジネスには、先に話したアフィリエイト以外にも、いろんな種類があります。ネットビジネスで起業する場合、その種類の特徴を知り、見極めることが重要です。そしてその種類にあった実践方法を知ることで、ネットビジネスで成果を出すことは難しいことではなくなります。

アフィリエイト

アフィリエイトという種類は、ネットビジネスの中でもダントツに人気が高くネットビジネス参戦者=アフィリエイト参戦者と言えるほど、多くの人がアフィリエイトに取り組んでいます。そして、そのアフィリエイトに取り組んでいる人たちの中で実際に稼いでいる人たちの割合は数%です。5千円以上稼いでいる人の割合は、5%と言われていますが、実際にはもっと少ないはずです。

アフィリエイトとは、他者(他社)が製造、もしくは開発輸入した、商品やサービスの販売だけ実行するビジネスです。

ここからは実際のアフィリエイトの実践方法です。アマゾンで買ったCDがかなり気に入ったので、ブログの記事で紹介してみたら、数人の人たちもその記事が気になり、アマゾンで、そのCDを検索して購入しました。

この状態では、まだ自分に収益は発生しません。この記事にアフィリエイトリンクという、アフィリエイト実践者それぞれに発行される、リンクをブログ記事に貼り付けて、そのリンクを読者がクリックして。アマゾンのサイトで、紹介したCDを買った場合、そのCDの価格の数%があなたの報酬として支払われるというシステムです。これがアフィリエイトです。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトの種類には、大まかに分けて、物販アフィリと情報商材アフィリがあります。そして、物販アフィリにもいくつかの種類があります。

物販アフィリ、楽天アフィリ

おそらくアフィリエイト界で、実践者が一番多いアフィリエイトで、おそらく取扱商品の種類は日本で一番です。ネットビジネスの起業で一番始めやすい種類で、一番稼ぎやすい方法といえるでしょう。なぜ楽天アフィリエイトは稼ぎやすい種類なのか?それは楽天アフィリだけが持っている、クッキーの期間です。

クッキーというのは一度あなたのアフィリエイトリンクをクリックして、その時は買わなかったとしても、1か月以内にその人が紹介商品とは違っていたとしても、楽天で買い物をした場合、あなたの報酬として支払われるという、ありがたいシステムです。

このクッキーですが、期間は1か月間ですが、その間に別の人のアフィリエイトリンクをクリックした場合無効になってしまいます。

もう一つ、楽天アフィリにはモーションウィジェットと言うシステムがあって、それが一層楽天アフィリの稼ぎやすさを加速させてくれます。モーションウィジェットとは、読者の過去に検索した履歴をベースにして、その読者が興味を持っているであろう、商品の広告を表示するというシステムです。

この広告は訪問する読者によって表示される内容が違ってきます。

楽天アフィリの詳しい実践方法等を知したい人は、こちらをどうぞ

こんな人に向いている

楽天アフィリは、ある程度ブログに読者が集まってきている人で、権利収入的な報酬が欲しいと思っている人には、もってこいのアフィリエイトだと言えるでしょう。

アマゾンアフィリ(アマゾンアソシエイト)

アマゾンアフィリには、楽天アフィリのように、長い期間のクッキーはありません。その代り報酬額は楽天のおよそ3倍の3%ほどがアフィリエイト収益になります。この魅力は大きいのですが楽天アフィリの稼ぎやすさに比べると、難易度は、かなり高くなります。アマゾンの魅力は何といっても注文してから、実際に届くまでの時間の速さです。その魅力がアマゾンアフィリエイトの魅力でもあるでしょう。

私のおすすめとしては、ネットビジネスで起業をする場合、実践する種類をアフィリエイトとするなら、最初は楽天アフィリを実践して、ある程度経験を積んでから、アマゾンアフィリエイトに挑戦してみるという方法がいいのではないでしょうか?

こんな人におすすめ

Amazonの強みは、本や、CD、DVDの豊富な取り揃えと、そこに一緒に表示されるレビューの数です。このレビューを指針にして、商品の購入を決めている人もいるはずです。

「CDや本、DVDが好きで、あるアマゾンのレビューを参考にしてみたら、最高の1冊を手に入れることができました」こんなように実際にCDや本DVDをよくアマゾンで購入する人は、その実体験をブログ記事に上げていけば、読者も共感してその商品を買ってくれる購入者は出てくるはずです。

自分でもAmazonをよく利用する人はそれこそがアフィリエイトするうえでも強みになります。そんな人は、ぜひ実践してみてください

A8(エーハチ)

A8は楽天アフィリとアマゾンアフィリのように、物販もあり、エックスサーバーや、お名前ドットコムのようなサービスの販売をアフィリすることもできます。エステや、美容関係のアフィリで大きく稼いでいる人たちもいます。A8の魅力は、高い報酬額です。ほとんどのアフィリエイト取扱商品の報酬額は販売価格の30%から50%です。楽天アフィリと比べた場合、30~50倍もの報酬額になります。

中には販売価格の100%というアフィリ商品もあります。報酬額は高いのですが、その報酬額を狙って経験豊富なアフィリエイターがあの手この手で実践していて、経験豊かなライバルがひしめき合っているので、難易度は相当高くなります。

A8を利用してネットビジネスの起業をする場合、充分に経験を積んでから実践することをお勧めします。A8と同じようなアフィリエイトにアフィリエイトB(現在はafb)というのがありまが、こちらもA8と同じように、充分に経験を積んでから、実践してみた方がいいでしょう。

初心者がネットビジネスで起業する場合、難易度はかなり高くなります。

こんな人におすすめ

正直初心者にはこのA8を利用してのアフィリエイトはお勧めできません。ある程度の経験と知識を充分蓄えてからチャレンジすることをお勧めします。

ASP

ASPはネットビジネスの種類ではあるのですが、初めてネットビジネスを起業する場合、あまり関係がありませんが、アフィリエイトを実践する場合、重要なことなので、ここで説明しておきます。ASPとは、アフィリエイトのサービスを提供しているシステムのことを言います。

以下はWikipediaから引用掲載しています。

アプリケーションサービスプロバイダ(英語: Application Service Provider、ASP)とは、アプリケーションソフト等のサービス(機能)をネットワーク経由で提供するプロバイダ(= provide 提供する 事業者・人・仕組み 等全般)のこと

情報商材アフィリエイト

情報商材とはインフォトップ等で販売している、情報そのものを販売している商品のことを言います。情報商材にはアフィリエイトの実践方法や、FXでの稼ぎ方、歌がうまくなる方法や、ゴルフやギターがうまくなる方法など、稼ぐ系から、趣味まで広範囲の情報があります。

商品単価もそこそこで、アフィリ報酬も30~50%ほどと高いため、大きく稼ぐことが可能です。しかし、稼ぐ系のほとんどは、今では効果のない方法ばかりなので、それらが売れた場合、詐欺と思われてしまうことは充分にあります。そこを見極める力がないと、情報商材アフィリエイトには手を出さない方が賢明でしょう。

もう少し詳しく知りたい方はこちらをどうぞ

アドセンス

Googleのアドワーズ広告を自分の運営するブログに掲載して、その広告をクリックされたり、表示されることで収益が発生する、ビジネススタイルです。ネットビジネスで起業する場合、楽天アフィリエイトと同じくらい稼ぎやすい方法と言えるでしょう。

こんな人におすすめ

ネットビジネス初心者にとって稼ぎやすいビジネスの一つと言えます。初心者でも稼ぎやすいとは言いました。それでもこのアドセンスから初報酬を出すことは相当こんなだと考えて実践してください。

転売

転売という種類は、購入した金額より高い価格で販売して、その差額で収益を上げるビジネス形態です。転売では、主に利用されるサイトや実店舗があります。主に使用されるサイトはヤフーオークションです。そして代表的な実店舗はブックオフです。

転売の流れとしては、ブックオフなどで実際に購入した商品を、その購入金額より高い価格で販売します。そんなことできるの?と思われる方も多いでしょうが、チケットとかを考えればその状況を掴めるのではないでしょうか?人気のコンサートのチケットはほんの数分で完売してしまい、プレミアがつくことがほとんどです。

どうしても、そのコンサートに行きたい人は、法外な値段でチケットをあたり前のように購入しています。つまり、購入価格よりはるかに高く売れる商品は、この世にはある!ということです。この情報を誰よりも早く見つけて、低い金額で購入して、より高い金額で売るというのが転売ビジネスです。

歴代プレステーションは、販売直後ヤフオクで定価をはるかに上回る金額で販売されていました。それでも購入する人はいるんです。転売ビジネスでは新作が発表されるたびに何度も利用されて大きく稼いだ人たちが数多くいます。

転売ビジネス実践者にとってとてもありがたい商品と言えるでしょう。

転売ビジネスには、ほかのネットビジネスに比べるとリスクが潜んでいます。そのリスクは、実際に商品を購入しなければならないため、失敗すると、損をしてしまうということです。購入価格より低い金額でしか売れなかったり、もしくは、購入商品がまるっきり売れないということも起こりうるわけです。

そして、実労働が伴います。商品を購入、販売が決まれば、梱包して商品を発送しなければなりません。そして、法律に反する場合が状況によっては生じることがあります。

アフィリエイトに比べると、転売を主体に起業した場合、若干リスクが高いと言えるでしょう。

詳しくはこちらをどうぞ

こんな人におすすめ

プレミアム価格と呼ばれる、商品の販売価格より上回る価格になるものがあります。そのプレミアム価格を見極めるセンスがある人、そんな情報に強い人はぜひこの転売を始めてみてください。

コンサルタント

コンサルタントは、ネットビジネスで起業するなら、誰もが憧れる種類の一つです。そして一番敷居が高い種類だともいえるでしょう。しかし、ここに書いてあることを実践して、成果を出していけば、コンサルタントとして、収益を上げていくことはそんなに難しいことでは、ありません。

そして、ネットビジネスで収益を上げる場合、この方法が一番高い報酬を出すことができます。

ここではネットビジネスでのコンサルタントの一例をあげておきます。ネットビジネスではアクセスアップは欠かせない一つです。その方法はコンテンツSEOと言われていて、ある程度確立されています。まじめに勉強して経験を積んでいけば、ある程度できるようになっていきます。

コンテンツSEOでブログへのアクセスが集まってくると、その実積を公開して、誘導方法がうまければ、あなたのコンサルティングを購入したい人は出てきます。アクセスアップは誰もが実践していてなかなか成果が出ないからです。

こんな人におすすめ

コンサルタントはネットビジネスでも非常に人気が高く。そのうえ狭き門でもあります。そして大きく稼ぐことも可能なのがこのコンサルタントです。コンサルタントになるために必要なことはズバリ実績です。実績があれば、ブログやSNSでその情報を発信していけば、クライアントを見つけることは、難しいことではありません。

例えば、コンテンツSEOと言うアクセスを上げる方法である程度実績があれば、そのやり方をコンサルするという内容を配信していきます。するとそれを目にした人の中から、クライアント契約してほしいという人が現れてきます。

ドロップシッピング

ドロップシッピングとは?以下Wikipediaからの引用です。

ドロップシッピングDrop Shipping)とはインターネット上における商品の広告または販売の一形態で、商品等をウェブサイトの閲覧者が購入した場合に商品の発送(場合によっては請求も含む)を販売したウェブサイトの提供者や広告者ではなく製造元や卸元が直接行う取引方法の名称である。

ドロップシッピングには、問題があり、一部の悪徳業者により初期費用等の名目で、数百万を徴収されて、ビジネスを始めて注文があったとしてもメーカーに在庫がない等の理由により商品を発送しないという、事例があります。国民生活センターへの相談が急増していて、集団訴訟にも発展しているケースがあります。

ドロップシッピングをネットビジネスに取り入れる場合、悪徳業者に騙せれないように細心の注意を持って実践しましょう。

ネットビジネスで起業するとき失敗しないための7つの方法

ネットビジネスは店舗を持ったリアルビジネスに比べると、リスクは少ないと言えます。それでも、失敗をして数十万から、数百万の損害を出すことはあります。後悔しないためには、正しい知識と情報、実践方法が重要です。

1、状況を見極める

ネットビジネスで起業して成果を出したいなら、ネットビジネス界は今どういう状況なのかを知ることはかなり重要です。例えば、冒頭にあげたアフィリエイトの実践者数が400万人だということを知ると、アフィリエイトで成果を出すことはそれなりに難しいということが理解できると思います。

情報商材のほとんどは、過去には成果が出たけど今現在は実践者が増えすぎたため、稼ぐことはできません。このような情報をとにかく徹底的に調べ上げましょう。これは、どれだけやってもやり過ぎるということはありません。

孫正義は、自分の会社を設立して収益を出す前に、何の収益も出ないリサーチをするためだけの会社を設立しています。そして、情報社会の状況を徹底的に調べ上げて、万全の態勢であのソフトバンクを設立しました。そしてどうなったかは説明する必要もありません。

2、自分自身を探り出す。

ネットビジネスで起業する場合、一番重要なことは、自分自身を知るということです。自分は何に興味があって、どんなことができるのか?どんなことに価値を感じて、何に多くの時間を費やしているのか?自然にやってしまうこと、他人から○○だねと言われること。許せないこと。共感できること感動すること。

継続してきたこと。これらのことを徹底的に絞り出して紙に書いていきます。これでもかというくらい、書き出してみると、自分が本当にやりたいこと。自分にしかないものが見えてきます。

これを基にしてネットビジネスでの起業の基盤にして行きます。すると次のUSPにつながり、難しいと言われているネットビジネスでの成功は、手ごたえのあるものに変わっていきます。

3、USPを見つけだす。

USPとはユニークセリングプロポジションの略で、ビジネスでの、あなたにしかない特徴のことです。あなたにしかなくて代替えが無ければ、あなたの提供するサービスは飛ぶように売れます。

USPはどうやって見つけ出せばいいのか?そのために 2、自分自身を探り出す。が役に立ちます。この中からUSPが見つかるかもしれません。

既存のビジネスを融合させることによっても、USPを見つけだすことができます。

USPについてもっと深く知りたい方はこちらをどうぞ

4、読者ニーズを知る。

情報を発信していくと発信していく内容によって、集まる読者は変わってきます。あなたはどんな読者を集めたいですか?例えば歌が下手だったあなたが、ある練習方法と出会ったおかげで、劇的に歌がうまくなった経験があるとします。自分を探り出すときにこれに気付いて、そのことをブログで発信することにしました。そこに集まってくる人はどんな人でしょう?

ネットで起業したい人?ゴルフがうまくなりたい人?違いますよね?当然歌がうまくなりたい人です。イコール今現在歌が下手な人です。情報発信の内容によって、集まってくる読者は違ってきます。そしてそのニーズもはっきりしています。

この読者のニーズは情報発信の内容によって変わってきます。どんなニーズを持った読者が自分のブログに集まって欲しいのか?それを決めることによって読者のニーズは決定します。これをターゲティングと言います。

ブログで情報を発信していく、集まる読者には特徴があります。その読者の特徴を知ることその特徴は、情報発信の内容によって変化することを知って、自分が理想とする人をブログに集めていきましょう。

5、読者ニーズに答える。

自分が理想とする読者が集まってきたら、後は、その理想の人が求めるものを提供していきましょう!例えば歌がうまくなりたい人が集まってきたら、歌がうまくなる方法を提供すれば、高い確率で成果が出ます。そしてその方法があまり知られていないあなただけが知っている情報なら確実に成果が出ます。

ニーズを創りだしてニーズに答えるこれこそがビジネスの真のありかたです。

6、セルフイメージを書き換える。

今更ここで言う必要が二ほど、セルフイメージは成功には欠かせない要素の一つです。

セルフイメージとは自分自身の自分が下している判断のことです。自分はこういう人だと決めていることをセルフイメージと言います。セルフイメージは潜在意識と深い結びつきがあり、無意識化で決めているセルフイメージがあり、自分自身で気付かないこともかなりあります。

自分自身でも把握しきれないセルフイメージをどうやって書き換えればいいのか?実はセルフイメージの書き換えは難しいとされていて、これを成功した人はかなり少数なのです。

ではどうすればいいのか?実はセルフイメージ書き換える簡単な方法があるんです。それがこちらです。

セルフイメージの書き換えとは、=潜在意識の書き換えでもあります。

7、継続する。

成功するために必要なたった一つのこと。それは、継続です。私は若いころ、成功するまでやめないで続けることが成功だ。という言葉をある本で読んで、それを実践しただけで、他人から羨ましいと言われる状態にまでなりました。

このようになれたのは、ただ、あきらめないで継続したからだけです。大きな問題にぶつかったとき、人によってその状況の捉え方が変わってきます。これを失敗と捉える人は非常に多いのです。やっぱり成功しないじゃないか?と考えて、挑戦を諦めてしまうんですね。

でも同じ状況でも諦めずに、それを何とか越えようと試行錯誤して遂には越えてしまうう人たちも、極少数ですがいます。この人たちが成功を掴む唯一の人たちです。

ネットビジネスで起業して成果を出したいなら、あきらめないで継続すること。これが一番重要なことです。

こちらに詳しく書いてあります。

まとめ

ネットビジネスで起業する場合、どんな種類を選ぶのか、どんな実践方法で取り組むのか?これは重要なことですが、一番重要なことは、成功するまで諦めないで、何度もやってくる、問題に挑んでクリアしていくことです。失敗してもやめないで続けるとその失敗はただの問題になるだけです。ネットビジネスで成功するために必要なことそれは、どんなことがあってもやめないで継続していくことです。

それを繰り返していくと、不可能だと思えていたことも、あっさり解決できることが何度も経験できるようになっていきます。そして気付くとネットビジネスで起業して、成果を出している自分がいることに気付くでしょう?