レビューの意味!効果を120%引き出すビジネスでの使い方

ネットで商品を購入する条件として、レビューは大きな要素の一つになるのではないでしょうか?特にアマゾンなどで書籍やDVD等を購入するときは、レビューは販売数に大きく関与しているといえます。そのレビューですが、詳しい意味と効果的な使い方はまだまだ知られていないのではないでしょうか?レビューを深く知ることにより、その効果を最大化できます。

レビューの意味とは?

レビューとは、再検討、再考、復習、論評、講評、検査、点検、査察、審査、などの意味を持つ英単語。です。ただそのレビューの意味を知っていても、それこそあまり意味がありません。

今回はこのレビューの意味を含めて、レビューの必要性やレビューの書き方そして、レビューのビジネスでの効果について掘り下げてみることにしました。

レビューはなぜ今注目されているのか?

レビューという単語は、今現在Googleで月間18,100回も検索されています。レビューという言葉に多くの人が関心を寄せています。なぜレビューに高い関心が集まっているのか?それは、レビューには大きな力が秘められているからです。そのレビューの力を最大限引き出すことができれば、ネットビジネスを実践していくうえで、大きな助けになります。

ではどうすればレビューを活用できるのか?そこを徹底的に探究していきます。

レビューはなぜ必要なのか?

本を買う場合どこで買うでしょうか?今書店(リアル店舗)で本を買う人の割合は今全体の60%ほどです。残りの40%ほどがネット利用で本を購入しています。おそらく近い将来、ネット利用が書店の売り上げを超える日がやってくるでしょう。

なぜ本の購入はネットの利用が多いのか?

※なぜ本の売り上げの40%もがネットで売れているのか?ここからは私がネットで本を買う理由を使って、話していきます。なぜ私は、ネットで本を買うのか?というより私は本はほぼ100%アマゾンで買っています。なぜアマゾンで買うのか?それは、購入者の意見が解るからです。そうです。購入者レビューですね。

今、私の中で購入者レビューは、本の購入での高い目安になっています。というより購入者レビュー無くして本を購入することができなくなってしまいました。

私がアマゾンで本を購入する手順を話していきます。例えば、セルフイメージについての本が欲しい場合、アマゾンの検索窓に「セルフイメージ本」と入れます。そして、画面に表示された、数多い本の中から、まずレビューが一番多く付いている本をクリックします。

amazonreviw

アマゾンの画面にある赤の楕円の部分が今現在のレビュー数と星の数です。

このセルフイメージ本でアマゾンで検索するとレビュー数が多い場合、星の数が少なくて星4つです。対して、レビュー数が少ない方は星の数が満点の5つです。こういう場合は、とりあえずレビュー数の多い方から商品の詳細をクリックしてみます。

こういう時、ほとんどはレビュー数が少なくて星の数が多い方の購入を決める場合が多いのですが、やはりレビュー数の数は気になるのでとりあえずチェックします。

もう一つの目安は、販売されてからの期間に対してのレビュー数です。上の画像の場合、レビューが15付いているマクスウェル・マルツの書籍の方は出版(販売開始)されたのが2006年の5月31日で、販売されてから11年ほどの期間があります。一方の谷口貴彦氏の書籍の方は販売開始からわずか半年ほどです。

11年を要して15のレビューと、わずか半年でレビューが6付いている方はどうしても優秀だと感じてしまいます。しかし、とりあえず、知名度も高くレビュー数の多いマクスウェル・マルツの方が気になるので、その表示をクリックして詳細を見てみます。実はこの時点で、谷口貴彦氏の書籍の方を買うということは、ほぼ確定しています。

それでも、一応マクスウェル・マルツの詳細を見ます。というより、内容の説明はほとんど見ることはありません。まず見るのは、レビューです。どんな風にレビューを見るのか?星が満点でない場合、星が高い評価と低い評価があります。その場合私は、必ず低い評価の方を見てから高い評価の方を見ることにしています。

そして、気になるレビューを大体読んでから、本命の谷口貴彦氏の書籍の表示をクリックしてレビューを読みます。

レビューは、私にとってアマゾンで本を買う場合、欠かすことはできません。そして多くのアマゾン利用者は私のように、レビューを目安にして購入を決めている利用者は多いと思います。レビューにはこのように購入を促す力があります。利用の仕方によっては、ビジネスの発展に大きな力となりえるのです。

このような理由でレビューは、今多くの人たちから注目されています。

 

レビューの利用の仕方とその効果

レビューは、どのように利用すれば、もっともその力を発揮することができるのか?それは、利用者の求めていることの答えを充分に提供すること、そしてそこに実例があれば、レビューは高い効果を発揮します。

例えば歌がうまくなるための、情報商材が欲しいと思った場合、どちらのレビューがより魅力的でしょうか?

 

「決済後すぐにダウンロード出来てすごく便利でした。ページ数も200ページ以上あって十分すぎる内容です。歌がうまくなるのが楽しみです」

Aさんのレビュー

「半信半疑で購入したのですが結果的に大変満足です。というよりこんな金額でこれほどの効果があるとは正直思っていませんでした。期待以上の内容です。具体的には、アドバイス通りのことをただ実践しただけで、今まで苦しかった高い声を出すのが、楽になりました。しかも太い声のまま出るようになりました。

そして、声が出しやすくなったただけではなく、なぜか音程が外れることが無くなりました。声を楽に出せるということは、余裕ができて今まで意識できなかった音程まで意識ができるようになったからではないかと、思っています。

教材が届いてからたったの3日後ですが仲間とカラオケに行ったとき。みんなにかなり驚かれました。歌うまくなったね。何でこんなにうまくなったの?と言われました。苦手だったカラオケが楽しみで仕方ありません」

Bさんのレビュー

どちらのレビューが参考になるでしょうか?当然Bさんのですよね?Aさんのようなレビューはあまり参考になりませんね。こんなレビュー書く人いるんだろうか?と思うかもしれませんが、このようなレビューは実際今でもかなりの数あります。レビューの意味をあまり解っていない人が書くのでしょう。

レビューを欲しがっている人は、どんなことが知りたいのかを予測して、それをとことん与えることができるレビューは、高い効果を発揮します。

 

レビューの書き方

レビューの意味を知ることができたら次にその使い方を身に着ければ、レビューの力はビジネスを加速することができます。

レビューはどのように書けば、効果が高くなるのか?それは、そこに利用者や購入予定者が、求めているものが実際にあるのかどうか?そしてその度合いはどれくらいか?可能なら実際に使ってみた結果が示すことができれば、そのレビューは最大限の効果を発揮することになります。

効果的なレビューの書き方を、箇条書きにしておくので、その項目を埋めていけばレビューとしてある程度の効果は期待できるでしょう。

例えば、先に上げた、セルフイメージの本の場合を例にとって解説していきます。

・まず本の内容ですねマニュアル的なのか?具体的なのか?解りやすいか?読みやすいか等

・そして、当然ですがその効果ですね。その本を読んで内容を実践してみて効果があったのかどうか

・セルフイメージを上げる方法が面倒ではないか?再現性は高いか低いか

・続けやすいか継続性、実践していて楽しいか(継続性に関わる)

・実際に効果が出た場合、その結果を必ず書く。出ない場合も同様。

この項目を埋めていけば、レビューとしての効果は発揮できるでしょう。

そしてぜひ人気のあるレビューを読んで参考にしてみてください。アマゾンにはトップカスタマーレビューというのがありこのレビューは参考になったというボタンをより多くの人が押したレビューが掲載されています。

赤い楕円で囲った部分が、このレビューが参考になった人の数が示されています。

この画像の場合は低評価の場合の例ですが、高評価の例も数多くアマゾンに掲載されているので参考にしてみてください。

きっと勉強のつもりで読んでいても、購入してしまう商品も出てくるはずです。そんなときはそのレビューを必ずコピペして保存しておいてください。購入という行動を促したレビューはかなりの効果があります。徹底的に追求してどこが魅力だったのかを見つけてみてください。

これをやっているだけで、レビューを書くスキルはかなり高くなるはずです。

レビュー参考

 

レビューはなぜ求められているのか

それは商品の力を知りたいから!です。その商品を買って損をしないのか?実際に効果があるのか?魅力は何なのか?問題点はなど知りたいところや不安や期待が購入前の商品にはたくさんありますその欲求を満たすことがレビューの役目です。

 

レビューサイトレビューブログを運営していく注意点

アフィリエイトや、ネットビジネスでレビューで魅力を伝えて収益を上げようとしている場合、注意しなければならないことは、実際に商品を購入していないのに推測で、その商品をレビューすることです。これは絶対にやってはいけません。

信じられないかも知れませんが、平気で実際に購入してもいない商品を、推測でレビューしている人たちが少なからずいます。これは絶対にやらないようにしましょう。完全に信用を失ってしまっても文句は言えません。

そして、購入していない商品に対してレビューしている記事やサイトやブログがあった場合、そのサイトやブログ記事は信用しない方がいいでしょう。

当然のことですが、売りたいという思いからやってしまいのかもしれません。これはレビューが全くの逆効果に働いてしまいます。

もう一つ、推測でレビューしないこと。

どういうことかというと、購入して内容を読んだだけで判断してレビューしないということです。例えば先に上げた歌がうまくなる、情報商材を買ってそれをレビューして販売している場合、ただ読んだだけで実践もろくにせずにレビューすることです。

歌がうまくなる情報商材をレビューする場合最低でも3か月間をその内容を実践してみましょう。そしてその3か月間の実践の内容を、そのままま書いて、3か月後の様子を書くだけで素晴らしいレビューになります。

もし効果を実感できたら、必ずその情報商材は売れるはずです。

まとめ

正しいレビューの意味を知って、効果的な使い方をすれば、ビジネスを何倍にも拡大することができます。

レビューは今多くの人が求めていて、ネット業界では欠かせない存在になってきています。このレビューを使いこなすことができれば、ネットビジネスは大きく発展していきます。まだアマゾンや楽天など大きな業界でしか本格的に取り入れていないレビューはやがて、中小サイト運営者にも欠かせない存在になっていくでしょう。

今のうちに先手を打ってレビューをうまく使いまわすことで先行者利益は充分に望めるはずです。レビューを武器にしてビジネス発展のために役立ててみましょう。

実は前述した※の部分は、レビューを意識して記事を書いてみました。完全なレビューにはなっていませんが、レビュー作成の参考になれば幸いです。

 

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。