情報商材は詐欺?誰も言わない7つのポイント

情報商材はよく詐欺と言われているが、その事実はどうなのか?

情報商材を詐欺だと思っている人や、情報商材は詐欺だと断定している情報がネット上に出回っているが、その事実はどうなのか?そして、情報商材の内容を実践して、実際に成果を出すことはできるのか?今回はこの情報商材を徹底的に掘り下げてみました。

情報商材への不安や疑問は、これで一気に解決できます。情報商材を正しく認識するために、最低限必要な知識をここで手に入れて、不確かな情報に振り回されないようにしましょう。

 

情報商材への不安や認識期待など

1、情報商材は詐欺なのか?なぜ詐欺と呼ばれているのか?

情報商材は詐欺なのでしょうか?答えから言うと情報商材は詐欺ではありません。詐欺ではないからといって、情報商材の内容を実践すれば成果が出ると言いうわけでもありませんので、この部分は誤解しないようにしてください。

なぜ情報商材は詐欺と呼ばれているのか?この疑問への答えは一言では答えることはできません。なぜ情報商材は詐欺と呼ばれるようになってしまったのか?をこれから順を追って説明していきます。

その前に情報商材には、いくつかの種類があるということを知っておいてください。

ここで取り上げているのは、いわゆる稼ぐ系の情報商材について主に説明しています。

情報商材には、この他に趣味系、例えば歌がうまくなる方法、ゴルフ上達のポイント、ギターが短期間で弾ける方法などがあります。

そして、ダイエットや彼女を作る方法、の稼ぐ系以外の情報商材もあります。

情報商材が詐欺と呼ばれているのは、稼ぐ系がほとんどです。一日5分実践するだけで毎月ん十万の収入になる方法!とか、ほったらかしで毎月100万円以上稼ぐ方法!というようなタイトルがついている情報商材が特に詐欺だと思われています。

 

2、なぜ情報商材は詐欺と呼ばれるようになってしまったのか?

それは情報が持っている、ある特徴によります。それは情報は時の流れによって劣化するということです。情報は移り変わりが非常に速いため、昨日まで使えていた情報が、今日は全然使えないということは日常茶飯事です。つまり情報が極端に早く劣化してしまうのです。

今販売されている、ほとんどの情報商材は、発売直後は効果が出てていたものがほとんどです。中にはある情報商材によって大きく稼いだ人も少なからずいます。でも今その情報商材を一生懸命実践してもおそらく1円も稼ぐことはできません。

情報商材のほとんどが現状このように発売直後は稼げたけど今は稼げないという、状態に陥っています。そして、情報商材のレビューのほとんどが発売直後に実践して成果が出た実例によるものなので、今の現状にはまるっきり当てはまりません。

今販売されている情報商材のおそらく半分以上は、以前は稼げたけど今は全然稼げない状態になっています。そのことを知らずに情報商材を購入して実践した経緯によって詐欺だと感じてしまうのでしょう?

その情報商材のほとんどは、発売直後は実際に稼げていたので、法律上、これを詐欺と判断することはできません、

詐欺とは、相手を騙そうというはっきりした意識の下で行われる行為であるため、情報商材で成果が出ない原因とは、大きく異なります。

情報商材が詐欺と呼ばれる理由1

情報商材は詐欺とは呼べないが、そのほとんどは内容を実践しても成果が出ない、情報になってしまっているという状態です。言ってみれば、賞味期限が切れた食品を買ってしまったという状態に近いかもしれません。

情報商材には、賞味期限が設定されていないし、期限も義務付けされていないので、このような状態になってしまっているのでしょう?

情報商材が詐欺と呼ばれる理由2

情報商材には、情報の価値を消してしまう、ある特徴があります。

情報は希少であればあるほど価値が高いと言えます。誰も知らないことなのに、多くの人たちがその情報に高い価値を感じる場合、それは情報として高い価値があると言えます。情報商材はこの情報の価値基準とは反対の特徴を備えています。情報商材とは誰でもが簡単に見つけることができて、お金さえ払えば簡単に手に入れられます。

これは、情報としての高い価値基準とは正反対な状態です。当然高い価値の情報も情報商材というかたちになった途端一瞬にして価値が失われていってしまいます。

 

情報商材が詐欺と呼ばれる理由3

需要と供給のバランスが崩れると、ものは一気に売れなくなってしまいます。情報商材とは情報そのものが商品です。商品が少ないうちは価値が高いのですが、販売者が増えて、情報という商品が増えていって増えすぎてしまうと、まったく価値がなくなってしまいます。情報商材が販売されるということは、その直後から価値が失われていくということになるのです。供給が需要を上回った状態です。

 

3、情報商材の価格設定について

情報商材の価格が高すぎるということをよく耳にします。情報商材は高いのか?例えば、こんな状態だったらどうでしょう?

ある情報商材を買って、その内容を空いた時間を当てて集中して実践してみた結果、3か月目から数万の収入が出始めました。そしてその結果が励みとなって実践量をもっと増やしてみると、半年後からは数十万の収入になって、やがて収入は100万を超えだしました。

そして、その収入のおかげで、仕事をやめることができたので、実践量は大きく増えて月収は300万円を超えました。そしてその結果をネットで公開したところ、多くの人からビジネスを教えてほしいというオファーがあり、その人の年収は1億円を超えてしまいました。

この例は実際にある情報商材を実践して出た結果です。そしてこの情報商材は、多くの人たちに成果を出して、大きく稼いだ人たちが、かなりの数に上ります。

この情報商材の値段はいくらでしょう?この情報商材の値段は3万円弱です。たった3万円弱で多くの人たちは人生を変えることができました。情報商材はタイミングが合えばこれぐらいの力を発揮するものがあります。この価格が高いと思って買うのをためらった場合、このチャンスをつかむことはできません。

これはかなり優秀な情報商材の話ですが、本来情報商材にはある程度結果を出すことができるものが、ほとんどです。

しかし子のような結果が期待できるのは、発売直後だけです。ここを勘違いしてしまうと、痛い目にあいます。そして痛い目に合うと、その情報商材は詐欺だと判断してしまいかねません。

念のため、上にあげた優秀だった以前の情報商材は今実践してもほとんど効果がありません。手法が古くななって使えなくなったからという理由と実践者が増えすぎた理由から、今ではほとんど稼ぐことは、できなくなってしまいました。

情報商材とは人が創りだした価値だということを認識しましょう。ビジネスとは本来自らが創りだした価値を提供することです。そしてビジネスには絶対必要なあることがあります。それを徹底的に追求することでビジネスは成り立っていくのです。

絶対必要なこととは、集客です。集客には多くの種類があり、どれが効果的なのかは断定することはできません。その集客方法については、別の記事で紹介しているので詳しく知りたい人はそちらをどうぞ。

 

4、情報商材のレビューについて

情報商材を購入するためにレビューを参考にする人がいます。しかしこれは、やめておいた方がいいでしょう。参考にするレビューのほとんどはその情報商材発売直後のレビューなので、その情報は今の状況とは異なります。そして、実はレビューをしてビジネスをしている人の中には、実際に商品を購入せずに推察だけでレビューをしている人たちがいます。レビューを信用することはやめておいた方がいいでしょう。もしどうしてもその情報商材が気になるなら、自分の勘を頼りにした方がレビューを参考にするより、いいでしょう。

実はビジネスには直感やひらめきが重要になってくるときが、必ずやってきます。その時のためにも勘を頼りにして、そういった力を体験しておくのもいいかもしれません。というより私個人としては、その直感やひらめきはかなり重要視すべきだと考えています。

松下幸之助に成功の秘訣を尋ねると、運がいいからと、答えていたそうです。

 

5、情報商材を実践すれば稼げるのか

情報商材に興味を持っている人のほとんどは、ここが知りたいのではないでしょうか?

しかしここでは、その答えは出しません。イェスでもあるしノーでもあるからです。当然ですが、情報商材によっては、大きく稼げることもあるでしょうし、1円も稼げないものもあります。それをあえて言う必要はないと考えています。

それは次の項目でお話しします。

 

6、情報商材に頼っているということは、どういうことなのか?

ネットビジネスを始めるために、情報商材に頼るということはどういう状態なのでしょう?例えば、あなたが、飛行機の操縦訓練の仕事を始めるとします。でもあなたは、飛行機の操縦経験はゼロです。

さてあなたならどうするでしょうか?多くの人はこう答えると思います。操縦経験を積むと。もしくはその仕事は諦めると。

間違ってもこんな人はいないと思います。経験ゼロでも人に飛行機の操縦を教えることができる!

という情報商材を探してそれを実践しながら仕事をスタートする人は。そんなこと当たり前ですよね?ところが、ネットビジネスの場合ネットビジネスの経験がないにも関わらず、情報商材を頼りにそれを信じ切って仕事をスタートする人たちがいます。

この状態はさっき例に挙げた、飛行経験がないのに飛行機の操縦を人に教えているのと同じ状態です。飛行機の操縦を人に教えたいなら最低でも自分自身で飛行機の操縦ができなければ話にもなりません。

その最低条件が満たされていない状態でネットビジネスをスタートしようとする人たちが、かなりの数になります。そしてその人たちのほとんどは、情報商材を頼りにしてビジネスをスタートしようとします。

その結果稼げない場合、実践した情報商材のせいにしてしまうのです。おかしな話ですね?

ここまで読んできた人なら解ると思います。

情報商材を頼りにするということは、自分自身の経験がゼロに近い状態だということです。ネットビジネスを順調にスタートするためには、ある程度の知識と経験は絶対に必要です。そしてその経験を積んでいくと情報商材の必要性の無さ、無意味さが理解できる日が必ずやってきます。

そうなると、自然に自分が実践しているビジネスから収益が生まれているはずです。

 

7、プロに必要な資質とは?

ネットビジネスで稼ぐということはネットビジネスのプロだということです。プロに絶対不可欠な要素として、訓練があります。プロはなぜプロとして通用しているのか?それは人よりの圧倒的な経験の量によって高い価値を提供できるからです。

私がよく引用する言葉にイチローの言葉があります。

コツコツすることだけが、誰もたどり着けないところに行く唯一の方法

 

この言葉にビジネスで成功するための、すべてがあると思っています。

 

まとめ

ネットビジネスは今非常に人気が高く、大勢の人が参加してきています。そして1日でも早く成果を出したいという思いから情報商材に手を出したくなる気持ちもわかります。でも情報商材に頼らずに、自分の経験を積み上げて、その経験を価値にして行くことこそが真のビジネスです。そしてその価値は高くなっていくことはあっても、低くなることや無くなってしまうことはありません。

もし時間を惜しむなら、その自分の経験のために充てる時間を惜しむようにしましょう。そうしてビジネスを実践していけば情報商材に頼る必要は全くありません。

 

 

 

 

 

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。