コピーライティングとは?その種類と10倍効果の出る使い方

ネットビジネスを制することは文章を制すること

今、コピーライティング=文章の価値と重要性はかつてないほど、高くなってきています。

ネットビジネスの作業内容のほとんどは、文章によって成り立っています。今一番人気の高いアフィリエイトは、文章によって、集客、セールス、成約が完結してしまいます。ネットビジネスでは、実際にあって会話をすることはほとんど無く、文章によってビジネスを成立させなければなりません。

つまり、文章で扱っている商品の魅力を伝えて、購買意欲を引き出し、成約させる力が文章に必要だということです。逆に言うと文章にそれらの力がないと、ネットビジネスは成立できません。

文章こそが,

ネットビジネスの成功を左右する最大の要素です。

かつてなかったほど文章に依存している時代

現代社会は異常と言えるほど、文章によって、今コミュニケーションをしています。あまりにも当たり前で意識していないと気づかないほどそれは社会にどっぷり溶け込んでしまっています。

インターネットの登場と急速過ぎる普及によって、コミュニケーションのほとんどが、今文章によって成り立っています。以前では不可能であった、リアルタイムでの、コミュニケーションさえも当然のように、ネットの世界で文章によって行われています。

実際に人と会うことなく、世界中の人たちとのコミュニケーションを、一瞬にして築き上げるネットの世界は大変魅力的で素晴らしいこともあるのですが、文章に依存していると言ってもいいほど、コミュニケーションが文章化しているのではないでしょうか?

ネットの登場、そして急速的な普及、SNSの開発によって、人類は今、居ながらにして、誰とでも自由自在にコミュニケーションしていて、それが当たり前のようになっています。本来は直接会って言葉という音声によって、やっていた行動は一気に変化してしまいました。そのため文章は今まで以上に重要な存在で慎重に扱わなければいけない、コミュニケーションツールと言えるのではないでしょうか?

この急速な発展により、様々な問題も発生しています。その問題はまた別の機会に紹介していくつもりです。

 

ネットの世界は、ほとんどが文章によって成り立っています。

ネット社会を形成しているのは、ほとんどが文章です。ということは、文章を自由に扱うことができるようになれば、ある程度ネット界に影響を及ぼすことができるということです。

ネットビジネスで成果を出すことも、一つのネット界での影響と言えるのではないでしょうか?もし高いメッセージ力と影響力のある文章を操れるとしたら、ネット界を自由自在に扱うこともできるはずです。

文章の力は、今ここまでのレベルに達しています。ということは、ネット界の利用者は秩序を守って、慎重に文章を扱っていかなければならないという義務も同時に発生しているということでもあります。

文章によってネット界を影響する

ネットビジネスとは、ネット界を利用して、扱う商品や、商品を売る人の魅力や考え方等を文章によって伝えることで、成立するビジネスです。

つまり影響力を文章によって発揮することで、ネットビジネスは成立します。

その影響力を文章によって発揮することさえできれば、多くの人が達成できないネットビジネスで成果を掴むことは、難しくはありません。影響力のある文章を考える前に、ネットビジネスで必要な文章には、ある程度種類があってそれを使い分けなければならないということを知っておいてください。

ネットビジネスでの文章の種類

ここからは文章をコピーライティングと表現します。コピーライティングとは、そのほとんどがビジネスで使用される文章の表現だからです。

コピーライティング=ビジネスという認識が無意識のうちに多くの人たちに定着しているためです。

ネットビジネスで使用されるコピーライティングの種類

・コンテンツSEOのためのコピーライティング

・ブランディングのためのコピーライティング

・セールスライティング

ネットビジネスではあまり使用されていないライティング

・芸術的な文章

・精神的に深みのある文章

・神秘的な文章

・感動する文章

残念ながら、今はまだ上にあげた文章は、ネット界では一般的ではありません。そして、SEOでの評価もされにくいタイプになっています。しかしこれからは、ネット界にこれらのタイプの文章は取り入れていくべきだと私は切望しています。

検索上位が安泰ではないと考える3つの理由と根拠

 

ではコンテンツSEOのためのコピーライティングから説明していきます。

コンテンツSEOはなぜ必要なのか?それはより多くの人に、ブログの価値を伝えるためです。いくら内容の高いブログがあったとしても、誰も見に来なければ、その価値には意味がありません、価値がないのと同じになってしまいます。価値は本来自分で判断するものではなく読む人が付けるものですが、もしブログに誰も来なければ、その判断さえされることもなくなってしまいます。

という理由で、コンテンツSEOのコピーラーティングがどうしても、必要になってきます。

コンテンツSEOとは?高い質の記事を書いてその記事の評価を認めてもらうことによって、Googleなどの検索サイトで上位表示させるためのライティングのことを言います。

詳しく言うと、Googleに、あるキーワードを入れて検索すると、1ページ目最上段、(1位)に表示されることを目指すための方法です。

詳しい実践方法はこちらをどうぞ

こちらも重要です。

ネットビジネスでは、このコンテンツSEOは不可欠です。

 

ブランディングのためのコピーライティング。

ブランディングは、扱う商品の販売者の魅力を伝えるために必要なコピーライティングです。カリスマや影響力のためにあらゆる方法で魅力を伝えることで、ブランディングしていきます。実はブランディングに強い武器となるカリスマを身に付けるためには、魅力を伝えることよりも重要なことがあります。それはこちらです。

カリスマは誰にでも身に付けることができる。

 

セールスライティング

このコピーライティングはかなり重要で、慎重に扱わなければいけません。これが魅力的でなければ、いくら多くの人がブログに訪れたとしても、売り上げを上げることはできません。いくらブランディングができたとしても、ビジネスとして成立しません。

ビジネスとは価値を与えて、その価値に支払いをしてもらうことで初めて成り立ちます。

では、どうすれば人に価値を感じてもらう、コピーライティングができるのか?

セールスライティングのほとんどは実は人間の心理に作用することです。心理的に誘導することさえできれば、成約率はかなり高くなります。

ここではある脳内物質を引き出すテクニックをひとつ紹介しておきます。

 

人はできないことが大好き!だということを知っているでしょうか?

何かに、はまってしまったという経験は誰でも一度は体験しているでしょう?

例えばゴルフ、ピアノの演奏、釣り、パチンコ。

多くの人たちが夢中になって時間を忘れて、いつまでもやり続けてしまうことです。なぜここに上げたことを、人はいつまでもやり続けてしまうのでしょう?それは、人はできないことが大好きだからです。

できないことが大好き?とはどういうことなのか?それは、上手く行かないから、うまく行きたいという欲求によって何度もチャレンジしてしまうからです。何度も何度もチャレンジしても上達できないと感じてしまうので、上手く行くまで何度もやってしまうのです。

この経験は誰にでもあるのではないでしょうか、上手くいかないことが嫌だから、うまく行くまで何度でもチャレンジしてしまう。

つまり人は上手く行かないことが大好き! できないことが大好き!なのです。

この作用は人間の脳内物質ドーパミンによってもたらされる現象です。

このドーパミンをうまく利用して、文章を形成すれば、かなり高い成約率のセールスライティングが可能です。

例えば、海外ドラマのように、いいところ、例えば、これからなのに!というとこで何度も区切って、続きは次回の配信で。というステップメールを何通か作成して、最後に結末はこちらです。というリンクでセールスをかけるという方法です。

他にも”禁止”というフレーズを使ったりして、心理的に誘導して高い成約率を出せる方法はたくさんあります。そしてあらゆるところで実験されています。これらの方法をうまく取り入れていけば、確実に成約を掴むことはできるようになります。

 

巧い文章は必要ない

ネットビジネスを実践していくためには、コピーライティングはかなり重要だということを話してきました。ここまで読んできた人中には、こんな風に思っている人はいないでしょうか?

「自分は文章が苦手だから、ネットビジネスには向いていないんじゃないか?」と。

こんな考えは誰にだってよぎります。でも心配することはありません。文章は決してうまい必要はありません。むしろ下手な方が人間味が出てそこに共感する人が出てくるかもしれません。

巧い必要はないのですが、外してはいけないポイントがあります。それは解りやすくするということです。何が言いたいのかを何を伝えたいのかが明確に解る文章にする必要があります。

巧い文章とわかりやすい文章は似ていて非なるものです。徹底的に解りやすくすればするほど、多くの人に読んでもらえる可能性はどんどん高くなっていきます。

 

どうすれば、わかりやすい文章を書くことができるのか?

では、どうすれば解りやすい文章を書くことができるのか?

それは、誰に書くかが一番のポイントです。いわゆるターゲットを設定することです。なぜわかりやすい文章とターゲットに関係があるのか?それはターゲットによって文章が変わってくるからです。

人には自分の属している環境によって響く言葉が違ってきます。例えば体育会系の人に、学者や評論家が書く、硬くて専門用語だらけの文章を見せても、数行読むだけでやめてしまうはずです。

その逆に、口語文だらけでオラオラ系の文章を、評論家や学者のような人たちに見せたたとしたら、見向きもしないはずです。

これはかなり極端な例ですが、人には響く言葉共感する文章に違いが出てきます。ターゲットの設定はコピーライティングにとって、非常に重要な要素です。

ターゲットによっては、文法はめちゃくちゃで、決してうまいとは言えない文章に共感する可能性も出てきます。

例えば高校生に、メッセージを送りたい場合、プロのライターが書いたうまい文章よりも、同じ高校生が書いた文章の方が数倍も伝わりやすいはずです。

ネットビジネスでコピーライティングを作る場合、決してうまい必要がないというのは、以上の理由からです。

そのコピーライティングは誰に送るメッセージなのか?これを明確にすればするほどメッセージの伝わり方は高くなっていきます。

ターゲットを設定しなければならないのは、コピーライティングのメッセージ力を最大限に引き延ばすためです。

 

まとめ

ネットビジネスとは文章によって成り立っています。その文章には種類があり、使い分けが必要です。その使い分けをマスターすることによってネットビジネスは大きく成果を上げて飛躍発展していきます。そしてそのコピーライティングは、誰にあてたものなのかを明確にしていくと、メッセージ力は数十倍になって、ターゲットに浸透していくはずです。