プロライターが初めて明かす、読まれる記事を作る3つのテクニック

先日プロのライターさんと知り合うことができて、プロから見た文章の作り方の記事制作を依頼したところ快く受けていただきました。 現在あらゆる分野で活躍しているプロライターが、どうやって記事を書いていくのか?

貴重でかなり役に立つ内容になっています。ぜひ何度も読んで、あなたのネットビジネスに活用してみてください。

「記事」は読まれてはじめて意味がある

私たちが普段何気なく読んでいる雑誌のコラムや週刊誌の特ダネを書いているのもライターですし、ブログやTwitterで情報発信されている方も広義の意味ではライターです。また商品の取扱書や会社のパンフレットなどの作成を手がけるライターもいて、実はさまざまな分野でライターは活躍しているのです。

一昔まえに比べて、ライターの単価は下がっていますが、需要は増えています。その理由は読まれる記事の重要性が増しているからでしょう。

いろんなところで働いているライターたちですが、それは読まれる記事を書かなければ、ライターとしての価値はありません。

それでは、そもそも『読まれる記事』とは何なのでしょうか?

『ただの記事』と『読まれる記事』は全く違う!

インターネット上では雑誌とは異なり、一瞬に必要な情報が書かれている記事を検索することが可能です。

そうなると重要になるのが、雑誌にあるような誰が読むかわからないようなコラムや特集ではなく、一瞬で読者を引き込み、その記事が扱っている題材に興味をわかせる『読まれる記事』の存在です。

SEOやサイト運営に詳しい人からすれば「キーワードさえしっかりとしていれば、読まれる記事になる」と思われるかも知れませんが、やはり内容が伴っていなければ、いくら魅力的なキーワードで面白そうなタイトルをつけても、キャッシュポイントまで動線を引っ張ってくることが出来ないため、『ただの記事』で終わります。

しかし『読まれる記事』は違います。
例えキーワードやタイトルに魅力がなかったユーザーに思わせ。

さらに最後まで読み続けられるように人を惹きつける工夫が至るところに散りばめられているため、アクセス数を稼ぐだけでなく、ユーザーの滞在時間を増やし、キャッシュポイントまで的確に連れて行ってくれるのです。

実際に、こんなことが出来るライターの数は少なく、そういった方を我々は敬意を払って“プロライター”と呼んでいます。

今から出来る!『読まれる記事』を書く3つのテクニック

ついつい読み続けたくなってしまう記事を確認はどうすれば良いのでしょうか?

言うは易く行うは難しですが、誰でも今から出来るテクニックとしては以下のようなモノがあります。


『読まれる記事』を書く3つのテクニック

  • 読ませる序文を書く
  • 読者の想像力を掻き立てる
  • 性的なキーワードを盛り込む

上記のキーワードだけ見ても、一体どのように書けば良いのかわかりませんよね?

ということで、それぞれのテクニックを解説して行きたいと思います。

【読まれる記事を書くテクニック①】読ませる序文を書く

ほとんどの人がネットで検索したページの序文から呼んでいます。
まず、序文を読み、その流れで本文を読む、興味が沸いたらキャッシュポイントで商品を購入する、というのが一般的なユーザーの動線です。

しかし、序文がつまらなければどうでしょう?

当たり障りのない内容で、のらりくらりと本文につなげる文章では、序文の段階でかなりの割合のユーザーは逃げてしまっているでしょう。

そうならないためにも、読ませる序文を書く必要があるのです。

それでは読ませる序文を書くにはどうすれば良いのか?
いろいろなテクニックがありますが、誰でもはじめやすいテクニックは結果から書くというものです。

例えば当サイトで重要視している「独自性」についても、序文で「独自性は○○である!」と結論を言った方が「えっ、なんで?」とユーザーの興味を引くことが出来ます。

【読まれる記事を書くテクニック②】読者の想像力を掻き立てる

突然ですが、アナタが好きな食物はなんですか?
人それぞれ好みは違うでしょう。ある人はカレーだったり、ある人はラーメンだったりします。

さて、ここでアナタに質問です。
さっきの文章でアナタは自分の好きな食物のことを想像しませんでしたか?

実は人間は自分で想像することだけは止めることが出来ないのです。怖い話を聞いて忘れようと思えば思うほど、その怖い話を考えてしまう。どうでも良い一言なのに、何故か自分の中で不満がむくむくと湧き上がってくる。

これ、全て自分が想像していることが原因です。
人間の脳は「想像しない」と言うことができなません。人間の想像力と読ませる文章にどんな関係があるのか疑問に思われるかも知れませんが、読ませる文章を書くためには、要は読者の想像力を刺激して、読者に「読んだ後の状態」を想像させることが重要なのです。

例えば売りたい商品を紹介する記事を書く時に、カタログスペックや特徴だけを書いても読者は飽きてしまいます。ハッキリ言うとそういった記事は、ただの情報の羅列です。

それでは読ませる記事は、というとは実は意外にカンタンなんです。
その方法は、その商品やそのサービスを実際に使っている状態を想像させること。

【例①】
この石鹸は牛乳で出来ている自然派の石鹸です。
【例②】
アナタは普段どんな石鹸を使っていますか?
実はこの石鹸、いつもアナタが飲んでいる牛乳で出来ているんです。

例①、例②を見比べて見てもわかるように、どちらも牛乳で出来た石鹸を紹介している文章ですが、例②の方が牛乳で出来た石鹸について想像しやすいですよね?

たったこれだけのことですが、読者の興味を引き、読者をキャッシュポイントまで誘導することが出来るのです。

【読まれる記事を書くテクニック③】性的なキーワードを盛り込む

人間の三大欲求の中で、1番表現しやすいモノが”エロ”です。
言い方1つで、「アレ」も「ナニ」も怪しく聞こえるものですが、文章内でもそれは同じです。

例えば「○○をやる」と書くよりも「○○をヤる」と書いたり、「○○と一緒に」よりも、「○○をくわえて」と書いたりした方が目を引きますよね?

これは人間の深層心理がそう言った性的なキーワードに敏感だからです。これらのキーワードに無意識に反応してしまうから、アナタが性的にお盛んだ、という話ではないのでご安心ください。

さて、このように同じ内容であっても性的なキーワードを盛り込むだけでも、読者を引き込む文章を書くことが出来るのです。ただ注意して欲しいのはヤリ過ぎはイケナイと言うことです。

あまりにも露骨にそういった文章を書いてしまっては、どんなに良い内容の記事を書いていても、「下品」な印象を強めてしまうので、何の意味もありません。ちょっと呼んで「下品だな」と思われたら、確実に女性の読者はアナタのサイトから逃げていってしまうでしょう。

だから、読者を引き込むために随所に散りばめる性的なキーワードですが、あくまでさり気なく、気づくか気づかれないか程度に散りばめるようにしましょう。

『読まれる記事』を書くテクニックは一朝一夕では身につかない。大切なのはトライ・アンド・エラー

サイトの集客率を上げ、キャッシュポイントへと読者を導く『読まれる記事』を書くのはカンタンなことではありません。

しかし、自分なりの『読まれる記事』を書くことができれば、アナタのサイトの独自性は増し、ライバルサイトと差別化させることが出来ます!

だから、ご紹介したい方法を実践し、トライ・アンド・エラーの精神で常に読まれる記事を書くことを意識し続ければいつかはアナタの記事執筆力もプロライター並になるかも知れません。

大切なのは続けること。それこそがビジネスでもライターとしてのテクニックを上げるうえでも大切なことなのです。