アナリスティックを初心者でも使いこなすたった2つのポイント

Googleアナリスティックを使いこなすことが、アクセスアップへの最短の道

Googleの無料アクセス解析ツールは、自分のブログの状況が一目でわかる機能が満載です。アナリスティックは、多くの人が間違えてアナリスティックと認識されているようですが、正しくは、アナリティクスです。スは一番最後で、小さいツは要りません。

アナリスティックではなくアナリティクスです。

そのアナリティクスですが、機能が豊富すぎて、初心者にとっては使いこなすどころか、基本的な操作とアクセス数の調べ方さえ分からなくなってしまいます。そこでこの記事では、アナリスティックではなく、アナリティクスの機能をすべて理解するのではなく最低限重要なポイントを押さえるだけで、

ブログのアクセスアップに生かせるための方法を紹介していきます。

 

訪問者の数を知る

%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af

Googleアナリティクスを開いたら、レポートタグをクリックして、そのメニューの中にあるユーザー→サマリーをクリックします。

するとこのような画面が表示されます。

ws000144

では、この画面に表示された重要な部分だけ、数字の意味を説明していきます。

ユーザーとはブログに訪れた人数のことですこれをユニークアクセス(UU)と呼ぶこともあります。あなたのブログに何人の人が訪問したかがわかる数字になっています。アクセス解析には大変重要な数字なので覚えておいてください。

次にページビュー数です。どれだけの記事数を訪問者は読んだのか?という具体的な数字になります。これが一般的に呼ばれているアクセス数でPVと表現されています。

次は、平均セッション時間つまり滞在時間です。訪問者はあなたのブログにどれぐらい滞在していたのか?を示すかなり重要なデータです。

直帰率とは1秒にも満たない時間でブログを閉じてしまう人の全体的な割合を示しています。これは他の数字と違い少なければ少ないほどありがたい数字になります。

新規セッション率とは、あなたのブログに初めて訪れた訪問者の割合になります。

ここで注意すべき数字は平均セッション時間と、直帰率です。直帰率が70%と高い数字になっていたり、平均セッション時間が数秒という低い数字の場合、ほとんどの記事が訪問者に読んでもらえていないということなので、記事の質を高いものにしたり、面白い内容にする工夫が必要になっていきます。

とにかくこのふたつの数字に注目して、ブログを改善しながら読まれるブログにして行きます。この数字だけで、ブログが読者に求められているのか?必要ないと思われているのかが一目瞭然です。

とにかくここの数字を改善していくことを心掛けてみてください。

%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e6%9c%9f%e9%96%93

ちなみにユーザーサマリーの表示は右上の日付期間のプルダウンメニューをクリックすれば、任意の期間を設定することができます。

 

訪問者はどうやってどこから来たのかを知る。

次にメニュー→集客→サマリーををクリックして、表示画面を切り替えます。

 

%e3%82%a2%e3%83%8a%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc

するとこのような画面が表示されます。

ws000143

この画面で訪問者はどこから来たのかを把握することができます。

この順番は一番多い数字が一番上に来るので、順序は状況によって入れ替わります。そして表示される色も入れ替わります。

一番多い数字が青次が緑です。

一番注目すべきところはorganicsearchです。これはGoogleやYahoo!からどれくらいの人がやってきたのか?という数字が表示されています。

そしてorganicsearchの青い文字をクリックするとその詳細見れるようになっています。訪問者が打ち込んだキーワードや、一番多いキーワードキーワードの種類等が把握できるようになっています。

狙ったキーワードでの訪問者数を調べる時には必需と言えます。

次に注意すべきはsocialです。socialとはFacebookやTwitterなどSNSからどれぐらいの人がやってきたのかを示しています。ちなみにはてなブックマークから来た人も、このsocialのジャンルに含まれています。

集客サマリーの画面ではこれぐらいを把握しておけばアクセスアップのために必要なデータは充分と言えるでしょう。

複雑すぎるアナリティクスもシンプルに使うことで、より深くブブログの状況を判断できるようになります。