独自性=狭い分野の”王” 独自性を磨き競合他社を蹴散らそう

独自性を磨くことは狭い分野の”王”になること

突然ですが、アナタは「弱者の戦略」をご存知でしょうか?
別名「ランチェスターの法則」とも呼ばれる古典的な法則ですが、これをビジネスに応用したものを「弱者の戦略」と呼びます。

弱者の戦略とはカンタンに言うと、小規模な店舗や企業はニッチなスキマ産業の1位になることで、その分野でのし上がることが出来るというモノ。これはインターネットビジネスでは、非常に大切なことです。

なぜなら、ネット上ではどんなビジネスにも同業他社がいるため、ニッチなスキマ産業のさならるスキマを探さなければならないからです。

「でも、ニッチなスキマ産業なんてそうカンタンに見つからない」

とお嘆きの方は、発想をこう転換してみてはいかがでしょうか?
ニッチなスキマ産業は見つけるものではなく、独自性によって生み出すモノであると。

独自性によってニッチなスキマ産業を作るとは?

日本を代表する漫画『ONE PIECE』は、自分で独自性のあるコンテンツを作った代表的な例でしょう。今や『ONE PIECE』に関連するグッズやゲーム、アトラクションなども作られていますが、これらは当たり前ですが『ONE PIECE』がなければ作られることはなかったでモノばかりです。

このように、独自性も突き詰めていけば新たな市場を開拓することにつながります。

『ONE PIECE』の例を見てもわかるように、独自性を磨けば磨くほど競合他社がいなくなるどころか、自分だけの市場<<ブルーオーシャン>>を自分で作ることが出来るのです!

独自性によって、どうブルーオーシャンを作り出すか?

誰にも荒らされていない市場、ブルーオーシャンを作るためにはどのように独自性を磨けば良いのでしょうか?

実は答えはカンタンです。
自分だけの独自性を見つけて、それを極め、継続させること。

『ONE PIECE』は漫画ですが、ネット上にも自分でブルーオーシャンを作り出した例は山ほどあります。インターネット検索の先駆けである「Yahoo」や「Google」、動画サイト「YouTube」は独自性を極めた結果、他に競合他社がいなくなるまでに成長し、それ自体が市場として形成されています。

このようにネット上であってもブルーオーシャンは作れるし、「Facebook」がこの数年でインターネットビジネスの主流となったように、後発であっても独自性を見つけ、極め、継続させれば、ブルーオーシャンを作ることが可能なのです。

独自性を磨き狭い分野の王にのし上がろう!

独自性を磨くことで、狭い分野の王になるだけでなく、自分が作り出したブルーオーシャンの支配者にだってなることが出来ます。

しかし、独自性を見つけ、極め、継続させることは口で言うほどカンタンなことではありません。

これらを3つのことを続けるには、強い意志が必要です。
とりあえず独自性を磨くためにも、自分の武器となる独自性を見つけることからはじめましょう。

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。