コピーライティングの基礎を身に付けるたった3つのこと

コピーライティングは設計が重要

ブログでネットビジネスを展開するためには、

コピーライティングはかなり重要です。

しかし、ネットビジネス初心者にとって、

コピーライティングの良し悪しの区別がつきません。

そこで今回は、初心者でも、ネットビジネスで通用する

コピーを書くためのコツを紹介していくことにしました。

これを読んで実践するだけで、コピーライティングの基礎は

ほとんど身に付けることができます。

ここでいうコピーライティングの基礎とは

ブログに記事を投稿するためのコピーについて

説明しています。

1、何が書いてあるのかを伝える

ブログにやってくる読者は、このブログを読むべきか?どうかを

1秒に満たない時間で判断しています。

その時間内に読者に読むべき内容がここにあるということを

伝える必要があります。

読者はそのブログを、自分が読むべきと判断した場合、

そのブログのタイトルと見出しを読み始めます。

そして自分が求めている内容があると感じた場合、

そのブログを読み始めます。

 

ネット利用者のこのアクションを理解して、

そのアクションを誘発させることができれば、ネット利用者は

ブログの記事を読んでくれます。

ではどうすれば、最初のアクションを誘発できるのか?

読者に読むべきと判断させるには、どうすればいいのか?

それは記事の最初に、目次を置いておくことです。

目次があれば、

読者は瞬時にその記事を、読むべきかどうかを判断できます。

目次はその判断には最高の材料になります。

そして目次の内容が、

今まさに探している内容のことだと読者が判断すれば、

ブログを読む確率はかなり高くなります。

でも目次の設定なんてできない!

面倒くさいと感じるかもしれません。

正直、記事を書くだけで大変なのに、

目次まで作る余裕なんて出てこないかもしれません。

実は、目次が自動で表示できるプラグインが

WordPressにはあります。

そのプラグインは

Table of Contents Plus

というプラグインです。

これをインストールして有効化するだけで、

あることを設定するれば、自動で目次が表示されるようになります。

これで、読者の一番初めのアクションを誘発することができます。

 

2、コピーラーティングの基礎、読みやすさ

前項で話した、

プラグインTable of Contents Plusで目次を表示させるための設定とは、

見出しを設定することです。

見出しとはhタグとも呼ばれていて、

WordPressの場合、見出し1~見出し6までが使用可能になっています。

見出し1はh1タグ、見出し2はh2タグ、見出し3はh3タグ

とも呼ばれています。

この見出しを、記事に入れていけば、

目次が表示されることと

読みやすくなるというメリットがあります。

見出しを読むだけで、記事全体が把握できるので

読者にとって見出しは非常に、利便性が高いと言えます。

この見出し、hタグはブログを書くためには欠かせない存在です。

 

3、コピーライティング基礎、文章構成

次にコピーライティングで重要なことは、文章構成です。

この文章構成で見出しを付けて、記事を作成していけば

読者に読まれる確率はグンと高くなります。

ではその文章構成を解説していきます。

 

記事の冒頭にまず

問題提起を書きます。

そしてその解決策

そしてその解決策の根拠

そしてその後にもしあれば、

経験談や例を書きます。

 

イメージとしては以下のようになります。

 

記事タイトル

見出し1

問題提起

見出し2

解決策

見出し3

解決策の根拠

見出し4

経験談や例

今実は見出しについて、二通りの考えがあるようです。

前述の例のように見出しを順番に設定していく方法と

 

見出し内に小見出しを入れていく方法です。

イメージは以下になります。

見出し2

見出し3

見出し3

見出し4

見出し4

見出し3

見出し3

見出し2

見出し3

見出し3

見出し2

見出し3

 

このように見出だしの扱かい方について

ふた通りの意見が現在あるようです。

ある有名サイトでは、見出し3の下に見出し2を使うとSEOの評価が下がるという記事がありますが

これは、あまり気にしなくても、大丈夫だと思います。

1位表示の記事に見出しの使い方がふた通りとも表示されているので、

見出しの使い方でSEOが不利になることはないはずです。