ビジネススキルを上げるための、魔法の言葉!

ビジネススキルの自己判断

ネットビジネスを始めたばかりの場合、

自分のビジネススキルを判断することは難しいと思います。

この判断力がないために人はどうしても自分を

過大評価してしまいがちです。

だれだってこんな風に思ったことはあると思います。

「こんなにやったのに」

「他人は自分の良さがわからない」

と。

ビジネススキルを知らない間にあげてしまう言葉

実は、ビジネスをある程度経験していても、

ビジネススキルがどれぐらいあるのか?

どれぐらいビジネススキルが上がったのか?

を判断することはできません。

ビジネススキルルを判断できなくても、

かなりのスピードで、ビジネススキルを上げる方法があります。

NHKのテレビにプロフェッショナルという番組がありました。

私はこの番組が好きでよく見ていたんですが、

この回は特に印象に残ることになりました。

司会者の茂木健一郎とアシスタント

出演が二人、奥山清行氏とスガシカオが

テレビの画面に映っていました。

スガシカオはほとんどの人が知っていると思うので、

説明は省きます。

奥山清行とは、ken okuyama

と名乗るカーデザイナーの一人です。

ところがただのカーデザイナーではなく、

あの憧れの車フェラーリのデザインディレクター

の経験があるのです。

今現在は自己のブランドを立ち上げて

活動をしています。

フェラーリのデザイナーを日本人で経験したのは

奥山清行氏が後にも先にもはじめてです。

とにかくすごい!としか言いようがない。

人の一人です。

その奥山氏とスガシカオ

茂木健一郎ととの会話の中で、

スガシカオがこんなことを言っていました。

会社員時代の先輩に

「常に自分はまだまだだと思うようにしなさい」

というアドバイスを受けて、それを実行してきたから

今の自分がある。

という内容でした。

この話を聞いた瞬間

今日のプロフェッショナルを見ていて良かった!

と思いました。

それからは、常にスガシカオが言っていたことを

実践していきました。

おかげで今の自分があります。

スガシカオはいい上司に恵まれたと

感謝の気持ちを最大限に出していました。

人はできないことが好き

なぜまだまだと思うことで、スキルは上がっていくのでしょう?

それは、

脳内物質ドーパミンの作用によります。

人はできないことが大好きなんです。

できなければできないほど、

人はなりふり構わず、そのできないことへ没頭していきます。

例えば、多くの人たちがゴルフに夢中です。

なぜゴルフをやるんでしょう?

それはゴルフができないからです。

少しでもゴルフが上達するように

練習をしているんですね。

人は思い通りにいかなこと

できないことがあると、

それをやりたいという欲求が

ドンドン高くなっていきます。

先に昇華したスガシカオが会社の先輩に

アドバイスを受けたことは正に

このドーパミンを刺激することになります。

やってもやってもうまくいかないと思っていると

ゴルフが上達しないことと、同じような状況になります。

ピアノとかの楽器演奏もそうですね。

弾けば弾くほどうまく弾けないから、

もっとうまく弾きたいと思って練習をしていたら

あっという間に3時間が経過している

なんてことはよくあります。

何度も何度もこんなことをやっていると

経験時間はどんどん増えていって、

いつの間にか人が羨む世界に入っていきます。

それでも本人の自覚は、まだまだだ と感じているのです。

この、まだまだだ!という言葉はあらゆる場面に使うことができる

魔法の言葉です。

ぜひ使ってみてください。

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。