パイロットになって月収100万円を手に入れるための知識!

飛行機の機種

飛行機にはエンジン形式や、主翼タイプの違いによって様々な機種があります。

最もよく目にする機会があるのは、ジェットエンジン双発から4発の

単葉旅客機です。

これから、エンジンタイプと主翼タイプに分けて説明をしていきます。

 

主翼タイプ

主翼は大きく分けて、2種類あります。

ひとつ目は単葉機、その名前が示す通り、

翼が1枚のタイプの飛行機です。

現代はこのタイプが主力で、飛行機といえばこの単葉機です。

自家用機では代表的なセスナもこの単葉機の部類です。

そしてボーイング747のような旅客機のほとんどが、

この単葉機のタイプです。

4947701002352

セスナ

qf747

ボーイング747

 

そしてもう一つは、複葉機です。

複葉機とは、翼が2枚の飛行機のことを指します。

この飛行機は、クラシックの雰囲気があり、

自家用パイロットには非常に人気があります。

アメリカではホームビルドと言って自作で飛行機を作って飛ぶことができます。

そのホームビルドでは、複葉機にかなり人気があります。

代表的な飛行機は、

ab-9_01

ピッツスペシャル

b08f87c3-2128-44c8-905d-279029c86805496

赤とんぼ

dh_82_a_tiger_moth_d-ebkt

タイガーモス

など。

エンジンタイプ

飛行機には大きく分けて二つのタイプがあります。

ひとつは自動車と同じ仕組みで動くレシプロタイプ。

ピストンが上下運動してクランクシャフトで

回転運動に変換されるエンジンです。

自動車は、ほとんどこのエンジンです。

自動車と同じタイプのエンジンを使用して飛ぶ飛行機のことを

レシプロエンジン機と言います。

このレシプロエンジンは、一つだけ搭載した単発機と

二つ以上積んだ、多発機に分かれます。

エンジン二つのものを双発機と呼びます。

代表的な機種は純日本産飛行機のYS-11があります。

ys11jcg1

YS-11

 

そして現代の旅客機の主流はジェットエンジンです。

より速く飛ぶためにジェットエンジンは最適です。

燃料と、空気を圧縮して、燃焼エネルギーを直接噴射して

推力を得る仕組みです。スピードはレシプロ機の数倍です。

多くのジェット機は、双発から4発の多発機です。

代表的なジェット多発機は、

一度は目にしたことのある、ボーイング747

いわゆるジャンボジェットです。

 

無名なのに月額900万円を稼ぎだした仕組みの作り方を無料レポートにしました。

月間900万稼いだ方法
「レポート、成功者しか知らないこと」を
無料プレゼントすることにしました。

是非、あなたのネットビジネス運営に
お役立てください。

目からウロコの情報満載。だから成功できるんだ!と誰もが納得できるはずです。

今のうちにダウンロードしてくださいね。