人生を変えるためのたった一つの方法

人生とは何でしょう?

人生とは具体的には何でしょう?

この質問事態が抽象的ですが、

あえて人生を具体的に表現するなら

私は、この言葉を選びます。

人生とは時間です。

またここで、あなたに質問をします。

あなたは自分の時間をどれくらい持っていますか?

しばらく考えて、答えが浮かんで来たら次を読んでみてください。

考えてみてください。

 

考えてみてください。

 

もう少し考えてみてください。

 

ここからは私の主観です。当然ほかの考えもあるでしょうが

私が人生の時間に付いて考えることを今から話します。

現代社会にいるほとんどの人たちは、

自分自身の時間を持っていない!

これが私の答えです。

多くの人たちは自分の時間を持ってはいません。

どういうことなのか?

例えば、私が明日から無期限で、モナコに行ってみないか?

というオファーをすると、何人ぐらいの人が

この誘いを受けるでしょう?

条件は全員一緒という状況で考えてみてください。

私のことが嫌いだから、私のことを知らないから、

私が男だから、

という障壁は無しで考えてみてください。

 

例えば100人の人に明日から無期限でモナコに行ってみないか?

というオファーをしたとします。

 

「いいですねえ!ぜひ一緒に行きましょう!」

と答える人は、一人もいない。もしくは

一人ぐらいならいるかも?

という程度でしょう。

 

それだけ多くの人は、

自由に使える時間を、持っていないということですね。

時間とは誰のものでもない。

自分自身の時間は自分が自由に使ってもいいはずなのに

人生の時間のほとんどを自由に使うことはできません。

 

実は何かに支配されている

人の人生は実は何かに支配されています。

その支配されている正体のほとんどは

思い込みです。

社会人としての思い込み。

常識からはみ出したくない。という思い込み

生活のためにお金が必要で、そのお金を手に入れるために

働かなければいけない。という思い込み

仕事をやめることや、無断欠勤は、

人の道から外れる行為だという思い込み。

他にもいろいろ。

実は自分自身の時間を、自由に使えない最大の理由はこれです。

こんなことを話すとかなり反感を買いそうですが。

あえて言います。

先にあげた思い込みを捨てるだけで

人生は劇的に変化します。

「そんなことできるわけないだろう!」

と思うでしょうが、

その思い込みを持っていない人たちは

少なからずいて、その人たちは自分の人生を生きて

そして思う存分自分の人生を楽しんでいます。

 

ではどうすればこの思い込みを手放すことができるのでしょう?

それは次回の記事でお話しします。

%e6%9c%88%e5%8f%8e%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%e4%b8%87%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc