ネットビジネスの歴史と変化

ネットビジネスの変化

まだインターネットが今のように普及していないころ

ネットビジネスは、実践するだけで、大きな成果につながりました。

例えば、地方の酒店の話です、この酒店日本のどこにでもある店と変わりません。

売り上げもそこそこでした。

ところが、まだインターネットが出始めのころに、店主がネットに注目して

店の強みを生かしたサイトを開設しました。

この店が強みとしてアピールしたポイントは、ワインです。

ワインの楽しみ方や、安くても美味しいワインをサイトで紹介したところ、

その月の売り上げだけで、過去の年間の売り上げを大きく上回ってしまいました。

店主は嬉しいハプニングを充分味わいました。

 

信用を失っていくネットビジネス

上に紹介した酒店のような成功を味わった店や会社がその頃

たくさん出てくるようになりました。

この噂は多くの経営者の耳に入って、

多くの業種が、さらにネットでビジネスを展開しだしていきます。

そして、ただ大きく稼ぎたいと考えている人たちや、

商品代金だけを取って商品を渡さないという悪質な業者までもが

ネットビジネスの業界に現れてきました。

あっという間に増えすぎたネットでビジネスを展開する経営者と

詐欺のような手法で荒稼ぎする人たちのせいで、

ネットビジネスの信用は一気に崩れ落ちていきます。

「ネットで買っても大丈夫なの?」

という思いを多くの人たちにありました。

 

当然ですが、詐欺のような手法でネットビジネスを展開している人は

全体から見るとほんのわずかです。

しかし、そのわずかしかいない人たちによって

ネットビジネスの印象は悪い方に向かっていきました。

以前のようにサイトを作って、

強みを紹介するだけで信じられない成果を上げることは

夢のまた夢になりました。

「ネットビジネスは難しい!」

いう状況です。

信用回復のための手段

まじめにビジネスを展開している人たちにとっても、

ネットビジネスは厳しい状況です。

信用回復のための一つの打開策がメルマガです。

メルマガで読者が喜ぶネタをどんどん発信していって

信頼関係を構築してから、商品を紹介していきます。

これも、メルマガがまだ出始めのころはかなり有益でした。

読者の獲得にもあまり苦労することはありません。

読者販売業者(※)から購入しても効果があったほどです。

この打開策も長くは続きません。

当然多くの業者がメルマガを発行し始めます。

自分で登録してるにもかかわらず、気付くと数社、数十社に

なっていて、送られてくるだけも面倒な気分になります。

その上迷惑メールという、勝手にメルマガを送りつけてくる業者も後を絶ちません

メルマガの効果も一気に薄れていきます。

長くなりましたので、今回はここまでにしておきます。

 

%e6%9c%88%e5%8f%8e%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bc%90%e4%b8%87%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc